7月21日報知オーナーカップ仁淀川予選

September 20 [Thu], 2018, 9:00
今年も報知オーナーカップ全国大会に挑戦するため、
19日の夜に高知県に向けてフェリーに乗り込みました。
20日は丸1日プラにあて、昨シーズンぶりの仁淀川で竿を出しました。
豊富な水量を抱える川底は一面の小石底。
流れや石の大きさ、少しの変化がポイントになります。

追って掛かる鮎がいるポイントは限られているように感じました。
10〜15cmのジャレ鮎の気配を探しながら、昨年の様に掛かりやすいピンポイントを、
イメージに焼き付けようと変化、変化を釣りますが…。ウーンム。

私が前に出れる範囲での変化が少ない柳P。
ご一緒させてもらったSGさんやTRさん、Oお兄さんと情報交換しながら、
サイズやポイントを確認しましたが、やはり昨年より難しいと感じました。

本番、第1試合のポイントは上流。
柳P回避で少しほっとしていましたが、初めてのポイントです。
社長の車に同乗させていただき、試合会場まで移動。
70年代洋楽ロックをBGMに気持ちは高揚してました。
くじ運は最悪で後尾スタート。左岸分流の明らかな1級ポイントは諦めます。

そう、今年も必殺フラッグ前(笑)
オトリ配布目の前で、狙うは、わらわらと泳いでいる(イメージですよ)はずのチビ鮎。
掛かりやすい水深と、変化。ある程度粘れるエリアの確保ができ予選スタートです。
行ったり来たり。ウロウロ、川から上がっては、また戻り。

私が釣った10cm前後の鮎。
ほとんどがチャラ瀬とその肩周辺。
で、何とか一回戦ドベ突破することができました。

カッコいい釣りだったかどうかはさておき。
とても嬉しかった。

ワダ名手も1回戦を勝ち上がり、いつになく悔しそうだったキラッチとパシャリ。

2回戦、引きたくなかった柳P。
下見で、キラッチとOお兄さんに情報だけいただいていたエリア上流へ。
イメージは1回戦と同じでそんな瀬に入りました。
すぐに2匹掛かります。
ヨシ、行くぞ全国。見てろよ!と気合を入れなおしました。

終わった直後に自分なりの明確な答えが出た、そんな2回戦でした。
結果はボロ負け。

そうか、あの時。と悔やんだ試合直後。答えはあったのに!
後悔して得ることのできた経験。一つのパターンとして忘れることはないと思います。

昨年、全国で決勝に残ったYさんに言われました。
「その匹数じゃ、ちょっと敵わんな」
たしかに。
その言葉がスーッと自然に、またガツンと心に沁みたのを覚えてマス。

試合に負けて始まる、また長い1年。
だけど今回は半歩でも前進できた様な気がして、前向きでした。

全国に残った皆さん!流石の顔ぶれです。
九州からは、ハヤシさん、○木さん!いいなあいいなあ。行きたかった〜

お約束、ミーハーな1枚。(笑) オーラがヤバかった!

さて、もう1泊 ♪
翌日は楽しみにしていた、つりぐの岡林さん主催ペアマッチ!
再び気合を入れなおしてキラッチと頑張りました。
結果は、惜しくもなく、悪くもなく(笑)

九州のみなさんと夜は飲み明かし、一緒に戦った3日間。
マイペースでご迷惑をお掛けしてしまったことも多かったと思います。
ご一緒させていただいたお礼とともに、段取り不足もお詫びしなければなりません。

プロのお好み焼き、とても美味しかったです!

どの大会でもまずは目標を掲げて挑みますが、負けてしまった時に残るのは、
色々な川、また川相で、その川の鮎を釣るという経験と、川に立つ情熱との出逢いです。
この経験と出逢いは行かなければ得られないものだと信じてます。

どんなに遠くても、費用が掛かっても(笑)
モチベーションと体力の続く限り…
  • URL:https://yaplog.jp/ka2i/archive/3530
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ka2i
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:大分県
  • アイコン画像 趣味:
    ・アウトドア-釣り
    ・スポーツ-玉撞き
読者になる
2018年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
P R
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/ka2i/index1_0.rdf