カッコいいおじいちゃん。

June 20 [Wed], 2018, 21:31
進化した道具やウエアは、釣りにも山歩きに快適さをもたらします。
疲労軽減、ストレスフリーであることは、集中力の向上に繋がり、
釣果やタイムに相乗効果を生み出すことは言わずもがなです。

人は、より品質の良い製品を見極め求めることに努力を惜しみません。
情報の中に生きていれば、無意識にそうなってしまうものなのかも。

なんとスタイリッシュでカラフルでハイスペックな。
気が付けば、全身総額ウン万円でアウトドア…か。

以前、初めて誌面で見かけた時。ただ写真を見かけた時。
そのことについて考えずにはいられなかったのを覚えています。

渓の翁と親しまれる瀬畑雄三さん。
私はテンカラ釣りはしたことがないのだけれど、釣技だけではなく、
瀬畑さんという人に今とても興味を抱いています。

どんな風に、魚と自然とお付き合いしてきたのか。
ライフスタイルがこの表情に表れているのなら、尚の事。

※とても有名な方に対して失礼かもしれない記載があったらスミマセン。

blog画像 渓流2018夏号より
tsuribito.tameshiyo.me/9784864474771

私も発売日を楽しみに待ちわびている新刊書籍。読みてー!
渓の翁、瀬畑雄三の遺言。
『源流テンカラ釣りの知恵』 浦 壮一郎・編
6月下旬発売開始!こちらからためし読みいただけます↓
http://tsuribito.tameshiyo.me/9784864473217

源流に分け入り、テンカラザオを振って半世紀以上。
「この渓には、どんな魚がいるのか?」
「滝の上は、どんな風景が広がっているのか?」
愛する山河への情熱と、尽きることのない探究心から、いくつもの未踏ルートを開拓してきた瀬畑雄三さん。
自らの目で観察して、魚だけではなく山菜やキノコ、獣類、その他多くの生きものについて知識を蓄えてきた。
さらに野営、遡行の技術を工夫し、時には危険な目に遭いながらも、常に山から生還してきた。
そんな瀬畑さんを、いつしか人は親しみを込め、「渓の翁」と呼ぶようになった――。
本書は瀬畑さんが後世にまで伝えたいさまざまな知識、哲学をまとめたもの。
自然と人間の関わり方について、考えさせられる一冊です。

  • URL:https://yaplog.jp/ka2i/archive/3524
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ka2i
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:大分県
  • アイコン画像 趣味:
    ・アウトドア-釣り
    ・スポーツ-玉撞き
読者になる
2018年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
P R
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/ka2i/index1_0.rdf