本流ロマン。

May 10 [Thu], 2018, 22:58
川辺川のヤマメ釣り。
私が以前釣行したのは同じ川辺川水系でも上流の五木村周辺。
川辺川の本流でヤマメの釣果情報は知っていましたが、
今回が初挑戦になったのは、本流のポイントが広すぎて、そのまさに本流だったから。
そして私が本流で知っているのは鮎のポイント(笑)

だけど、よく考えてみれば。
ワクワクするような流ればかりでなかったろうか。

初めて五ケ瀬川本流で竿を出したとき。
そこに魚がいると(釣ってもらって)知ったとき。
そして私も狙えるんだと分かったとき。

初めて球磨川で鮎釣りをした時の様に、
初めて磯に上がった時の様に、
とにかくしんけんワクワク。

この豊富な水量。カッコいい流れ。
その中で狙う本流大ヤマメは絶対にロマンだと。

いやーもー、このシチュエーションだけでお腹いっぱい(笑)

心配していた川虫も、餌箱パラダイスできました。
まずは、師匠に流してもらいます。アンドゥさんと葦中から見学。

ちなみに。ポイントは私が知ってる鮎のポイント。しかも結構増水してます。
状況はどうなのか、この増水は吉なのか凶なのか、
どのくらいの魚の密度なのか。
粘りどころを早く見つける必要がありました。

↓こんな流れで出たら、絶対、鼻血出るわい。

良いサイズの茶色いの出ましたけど(笑)

メンバーだれも過去のデータがない訳ですから。
だけど、それも含めてワクワクします。
ま、私には技量がないから、ただのワクワクだけど(笑)
いやそれ大事。

師匠も釣れない理由を探してましたねー。
ココから見た景色は一番分かり易い…。かーなり増えてるなあ。

だけど、ズームアップして見れば、どこも魚がつきそうな流ればかり。
うおぉ、釣れそう!って、いつものハイテンソン。
やっぱりピンポイントなのでしょうか。

広く見て流域なのか、
ポイントなのか、
流れなのか、
石なのか、

それを察知できるのは、もはや師匠のみ。
人任せ(笑)

雨の中、ポイントを手探りで変わりながら。
もはや私の鮎ポイントの入川履歴は忘れて、水深や流れを見ながら移動。
エントリーできそうなポイントにどんどん入っていきます。

師匠も結構、目がキラキラしておりました。
目の前に広がる流れに、ロマン感じてたんではなかろうか。

雨脚は強くなったり弱くなったり、土砂降ったり…
けっこう寒いやん…
このあたりから、一本よりちゃんぽん発言が始まります。
いやいや、ちゃんぽんより一本でしょ!

またまたポイント変わって、アンドゥさん。
↓磯の上にしか見えない(笑) …川辺4番

いかにも大物が潜んでいそうな流れなのになあ〜
釣れない理由。なんだったんでしょうか。





はい。タイムアウト。
続きはまた後日にでも。
  • URL:https://yaplog.jp/ka2i/archive/3495
P R
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/ka2i/index1_0.rdf