鶴見の磯釣り

December 06 [Thu], 2018, 11:20
6時出船ということで、自宅を4時に出発しました。
日が昇る前に自宅を出るのは本当に久しぶりでしたが、
心配事も含めて色んな意味でドキドキしていた為、眠気は一切なし。
買っておいた飲む点滴、高級栄養ドリンク&風邪薬をパンとともに喉に押し込みながら、
久しぶりの磯釣りということも重ねて、やはりドキドキドキドキしておりました。

昨年から大変お世話になった方で、
そして同じくらい大変ご迷惑をお掛けしてしまった方と釣りで再会。
無理をしてでもご一緒したいと思った釣行の訳はそこにありました。
再会の機会をくださったK田兄さんも一緒だということで…、
心配事は思いっきりおんぶにだっこで、いつもの様に(笑)甘える気マンマン。

しかし、
なぜ、雨なんだ…。
なぜ私は風邪をひいているんだ…
とてつもなく迷惑かけそうな状況に怯みそうになりましたが、
でも絶対お2人と一緒に竿を出したいという思いだけで突っ走ってまいりました(笑)

テヘ、結果しんけん楽しかった。

心配してた要素、全部好転。
まず、12月だというのに気温は異様なほど高く、むしろ暑い。
予報80%だった雨ですが磯の上ではほとんど降らず。
さらに前日のうねりが落ち着き、潮通しの良い一級ポイントに瀬上がり。
高級栄養ドリンクと薬も良ーく効いて、テンション上がりっぱなし…
さて、ここまでの好転ぶり。魚が釣れたらもうパーフェクトっす。

明るくなると、足元から沖に向かってモリモリの潮目が広がります。
ガンガン、ゴンゴン!スゲー!!これぞ磯釣りゼ!

半遊動でウキがモゾモゾ…シュン! ってのを妄想してましたが、こりゃあいかんです。
ハリスを少し長めにとって固定しウキごと沈めます。
馴染んだ仕掛けは手元からバラバラとラインが出るほど潮流にのって…
バラバラバラバラ…

こりゃあいかんです(笑)

釣り座からすぐ左にK田兄さん。兄さん、ありがとうございます。

右側には、関西からO村さん。お久しぶりデス!
朝一のご挨拶から、心地良い空気感を醸出して下さっているかのような神対応。
鮎談もたくさんしてくれました(涙)
この日、私が1日楽しく釣りができたのは本当にその雰囲気のおかげ。
感謝してもしきれません。

神に挟まれての釣り…
声が届く範囲でワイワイ言いながらの釣りは、最高に楽しかったデス。

まず竿を曲げたのはO村さんでした、グレにイサキに…、
…イサキ!!?イサキ釣れるの?!食べたい!瞬時に目の色変わる私。
とりあえず、ガン玉足そう(笑)

大分の磯、満喫ピース〜♪

左で釣りまくりの兄さん。

振り向けば竿が曲がっております。
そのまま翌日の仕事に向かうとの事で、魚は自動的にわたくしのクーラーへ…

ウマズラやイサキも。ありがとうございますっ!

活かしバッカンには次々にグレが。
もう私、竿ださなくてもいいんじゃ…?という思いに駆られます(笑)
鮎だったらそうはいかないケド、私の場合やっぱり海釣りは「美味しい」♪

磯釣りでこんなに順調にグレ釣れたの初めてかもってくらい楽しめました。
右手に磯竿、左手にタモがこんなに重いなんて。ヒー腕がぁー!
イサキが釣れた時はガッツポーズでヨッシャアー

午前中にはクーラー満タンです。

満タンになってからはボチボチ。
お2人の釣りを見たり、魚絞めたり、おにぎり食べたり、記念撮影したり(笑)

釣りって面白いよな、とO村さんが言いました。
普段、お仕事の顔しか知らないお2人が真剣遊ぶ姿にとても嬉しくなりました。

O村さん、今日イチのブルーアイ!思わず兄さんのメジャー取りに走りました(笑)

48cmのナイスフィッシュです

お昼を食べながら、今シーズンの鮎を振り返って盛り上がったりして本当に楽しかった〜
大満足で2時半には納竿、帰って魚を処理する余裕も嬉しい限りデス。

魚も釣れてパーフェクツ!兄さん、O村さん、本当にありがとうございました。
こんな釣行滅多にないです。最高でした!

速水丸HPから画像引っ張る執念↓(笑)


体調、天候、悪コンディションすべてが好転した奇跡の釣行。

また一つ、
「楽しかったなあ」と振り返ることのできる思い出が増えました。
きっとまたご一緒できる日を楽しみに、頑張りたいと思います!

もう忘年会かい!

December 04 [Tue], 2018, 22:00
もう忘年会かい!
っていうか、もう年末なの?!
え、12月…入ってるやん。

という感じです(笑)

納竿から、あっと言う間でした。
先日、久しぶりの57年会ママ組にお呼ばれいただき、忘年会。
朝4時まで、とっぷりお話しました。

授乳中&復活リハビリ中ママ組はノンアルのため、結局えっちんと飲みまくり(笑)
おそらく10年ぶりくらいに食べたカールに激しく感動。

それから心揺さぶられるプレゼントの品々。
あたしの誕生日8月なのに、ビックリ。
遅くなってごめんねとその言葉がまず一番のプレゼントでした。

山で飲んでねのスタバドリップセットと、買おうと思っていたネックうおま。
今、一番欲しかったものと言っても過言ではないものが、
久しぶりに会った友達からプレゼントされるという…

私も、そんな人になりたい…
みなさん、本当にありがとう。
パパさんの椎茸もありがとう。

さて、帰ってきてなにやら本格的な風邪自覚。
体は最高にキツイと叫んでますが、
それでも行きたいと強行突破した釣り。

1000円の栄養ドリンク飲んで、翌日明けての磯釣り!!
風邪ひきで、完全雨予報の冬磯。
風邪にはマイナス要素しかないコンディション。

だけど、奇跡は起こります。

行ってよかった、そんな釣行でした。
その模様は次回にでも。

おやすみなさい。

干す季節。

November 26 [Mon], 2018, 20:16
やっときました。干す季節。
やっときたのに、やっと干した感。

追われ仕事にしたくなかったのになあ。
もっとこう。ね(笑)
だけど干し終わったあとはお約束の達成感。
まずは、ぜいたく漬用の大根。切って切って切り刻みまくります。
鍋いっぱい。

実はこの大根、お裾分けいただいた青森産。
1本2kはありそうなそりゃあ立派なお大根でして、
しかも干すには勿体ないほど、炊いてジューシー。
絶対、おでん用品種だよ!味シミシミだよ!
だけど、そんな毎日炊いた大根ばかり食べれないので…(けっこう食べたけど)
後ろ髪惹かれながら、干しました。
いーい感じに寒いベランダに少し興奮気味ー(笑)

待つこと2日。
干し網から大根を上げたその日に、鯵を開きます。
仕事から帰ってからの大仕事。鯵は待ってくれません。

ああ、この追われ仕事感が勿体ないほどジャスト干物サイズの鯵め!!

座りたい。ちょっとだけ座りたいケド、恨めしいほどの手さばきの良い自分め!
勢いそのままに小さい鯵は三枚におろし、鯵の南蛮漬け。
最近はまっているネギダレで、中華風鯵南蛮(骨無し)

全部捌き終え、再び鯵を並べた干し網をベランダへ。

やっと夕飯、頑張った中華風南蛮の美味いこと。
最高でした。

そうそう!←ゴメン(笑)

キラッチ、鯵ありがとう。
次はお待ちかね、カマスお願いします(笑)


竿を置いて球磨川2日目。

November 21 [Wed], 2018, 18:10
頭ガーンで目覚めた2日目。
でもお腹は夜中に食べたかったラーメンのままリセットされておらず(笑)
朝から頭はガンガンでしたが、お腹はゴーゴー。
10時openのお店が多くて、やっとたどり着いたcafeでモーニング。
というか、ハンバーガーを思いっきりがっつく(笑)
2人は素敵モーニングメニュー

彼女たちから、からし蓮根のリクエストがあった時には、思わず鼻息荒くなりました。
そう、ヤスダさんに教えてもらったからし蓮根屋さん。こちらも名店。
道の駅のオバチャンからも、あそこが一番美味しいと後でお墨付きをいただきエッヘン。
蓮根もバエーでございます。
蓮根を撮るワカナさんを面白がって撮る私を撮るえっちん(笑)

スナック菓子感覚でバクバク食べる2人…。スゴイです。

球磨川沿いを球泉洞までぐるりドライブし、再び人吉へ。

お土産と蓮根豚まん目当てで道の駅に戻ります。
下村漬物保存会のオバチャンと仲良くなり、屋台の方にはお茶まで出していただきました。
そしたら表でお芋を販売してるオジチャンも加わり、温かい空気に時間を忘れます。

実は球磨川下りの乗船予約をしていたので、慌てて出船場へ。
バタバタしたにもかかわらず、オバチャンが歩道まできて手を振って見送ってくれました。
ああ、なんて温かいの。自分をふり返らずにはいられない。
この旅は、私ひとりではきっと触れられなかったものがたくさんありました。

別れを惜しみつつ、乗り場へ。
いつも船の上から手を振られる側の私です。
あわよくば水深や石組など流れながら見てやろうじゃねえか!
と思っていたのですが…(笑)

筏口の瀬です!
いつもオトリ鮎を入れる流れの表層を流れています!わたし!
ただ…!この興奮は、誰にも伝わりませーん(笑)

今思えば…、何をそんなに喜んでいるのか…↓ちょっと恥ずかしいわい。
キラッチに、えっちんが撮ってくれた写真とともに大爆笑されました(笑)

もう何年も球磨川に来ているわたしの初下りでした〜。
ちなみにまだコロガシしてました。釣れてました。

さあこれで一応旅のスケジュールは終わり。
なんだか少し不思議な気持ちでいつもの道を帰ります。
いつもは鮎釣りで来る球磨川に、2人と一緒に観光で来れたこと。
あっと言う間の2日間でしたが、鮎釣りで訪れたときと同じ、
しんけん楽しかった。思い出に残る旅となりました。ありがとう。

お土産の名産品。晩白柚にやまうに豆腐。五木揚げに焼酎。
それからオバチャンのお漬物に阿蘇のお茶。

どれも食べるのが楽しみですが、一番嬉しかったのは、
焼酎を購入した時にもらった人吉のグラス!
割らないように気を付けよう〜











鮎竿を置いて球磨川。

November 20 [Tue], 2018, 19:53
納竿もまだだった10月。
あの球磨川の旅の話を2人にしたんです。
それがきっかけで今回の定例会。
私がコーディネーターとなり、1泊2日の人吉の旅に出ました。

本当に、前日まで雨予報だったんですよ。
それが見事に変わり、到着予定時間には晴れマークが表れ、
2日目の夕方まで持ちそうな雰囲気に。
絶対晴女(笑)

さて初日は、道の駅に寄り路しながら阿蘇神社に寄ったり、
ニョッコフリッターに出逢ったり、欲望の限りに食べて飲んで人吉までのドライブを楽しみました。

美味しいもの、インスタバエーなポイントで思う存分楽しめるのも女同士ならでは。
テンションが常に高くて、先が思いやられますが(笑)

人吉に到着すると、
明るいうちから飲みましょうよそうしましょうよ談(笑)
その前に、国宝阿蘇青井神社参拝。川のこんなに近くに国宝が…

たくさん歩いて、お腹を空かしていざ。さー!飲むでーー!!
一軒目は茶びんさん。私ももう一度来たかったお店デス。
餃子&ビールで乾&杯♪♪ 人吉の名店で最強の組み合わせ。ウンメー!

二軒目はサトウさんが連れていってくれたホルモンキング。
肉と酒、肉と酒、肉と…(笑)

三件目はググ先生に教えてもらったカクテルbarへ。
年金、生命保険の話でヒートアップ(笑)年取ったなあ。

同級生と楽しい時間に幸せ感じてました。

書き残せんくらい、まだまだたくさん楽しかった。

2日目につづきマス。

開山1300年の節目に。

November 12 [Mon], 2018, 19:33
大分県国東半島一帯にある寺院群の総称「六郷満山」
両子山を中心とした山稜の間に開かれた六つの郷、
満山はそこに築かれた寺院群を指し、古くから六郷満山文化と呼ばれる。
独特の山岳宗教文化が栄え、2018年には開山1300年を迎えた…

開山1300年の節目に紅葉目当て、たまたま登ってしまった両子山です。
江戸時代、六郷満山総寺院として統括していた両子寺から取り付き登りました。

山門に続く石段の入り口で石造仁王像がででんと構えています。

うーん、かっこいいなあ。国東半島最大級だそう。

地元ニュースでは毎日の様に見頃が放送されるくらい、紅葉でも有名な両子寺。
以前から登ってみたいと思っていたのです。

今回は紅葉の見頃も重なって、絶好のタイミングで登ってきました。


以下パンフ参照(笑)
左手に書院・客殿、右手には本堂護摩堂、その間にはこれから登る両子山。

松平杵築藩主の側室の墓。

聳岸壁にめり込むように立つ奥の院・本殿。
裏に洞窟があり、不老長寿の霊水が湧き出しているとか…暗くてよく見えず。

お山巡り七不思議!針の耳と百体観音。

岩が折り重なり、その穴を通るのが恰も針に糸を通す如く。

本当に百体いらっしゃるのか気になるところ。

お山めぐり七不思議、鬼の背割り。
昔千徳坊が此の大岩を背で割って通路をあけたと云う。

大岩を背で割るってどういう意味なの。

あとは、山頂までひたすら景色なく急登急登急登。

七不思議。七つも見つけられず(笑)

2人とも、パンフレットは最初に確認しておこうよ(笑)

ガシガシと登ること1時間弱。両子山721m山頂到着!

展望所がありました。

国東半島の中心から見渡す六郷満山。

まだまだこれから登りたい山がたくさん見えます。

さていつもなら山頂でおにぎりとお味噌汁ですが…
時間が少し早いのでそのまま下山することにしました。
下山は舗装路をひたすらジグザグジグザグに下ります。
いやー、間違えてこちらから登らなくて良かった。

再び本堂に降り着くと、人人人!いつの間にか駐車場も満車で驚きました。

今回もいーい山登りでした。楽しかった、次はどこに登ろうー?

山のあとは…。
低山登ったあとのお決まりのパターンになってきております(笑)

乗り遅れていざ。

November 09 [Fri], 2018, 17:31
今年もまんまと乗り遅れたくじゅうの紅葉。
ミネパパさんから、それは素晴らしい紅葉の画像をリアルタイムでいただいたのに。
毎年毎年、来年こそは!って言ってるよ…

11月5日。
一週間遅れると、アウト(涙)
ただ、画像の景色が目に焼き付いちゃって。
くじゅうは諦めたんですが、どっかないかと調べました。

じゃじゃん!由布岳!

…は、SGさんとご一緒する予定なので(笑)とっておきます。
今回は正面登山道から日向岳へ。まさに紅葉のためだけのチョイス!

落葉で踏跡が分かり難く、何度か引き返しながら目印とケルン頼りに登りました。
いつもは先に歩かせてもらうのですが(ペースが遅いので)、
今回は目印見失うと危ないので、キラッチの後ろをついて歩きます。
なので、キラッチはほとんど上見てません(笑)
すまねえ、と思いながらも後ろでとことん紅葉狩り。

ではでは、たっぷりどうぞ。






青い空に赤い色が映えます。見上げ過ぎて首が痛い。
いやー、堪能しました。大満足。

そして振り返るとと由布岳。やっぱり高いなあ〜

ほとんど誰ともすれ違うことなく。静かで最高に気持ちがよかった。
やっぱり、こっちに登って良かった〜

山頂でキラッチの漬けた梅干しで握ったおにぎりとお味噌汁をいただきます。
うまい!これが幸せと言わずして。

コーヒーを口に含んだら、ビスケット食べたくなって、
ビスケット食べたら、コーヒーをまたゴクリ。これはいかん(笑)オイC-!

登って来た道を復路に、帰りはキラッチものんびり紅葉を楽しんでました。





由布岳と日向岳。

低山だったら、まだまだ楽しめそうだなあ。
行ってみたい山もたくさんあるし。
とりあえず、渓流解禁までは…

まさかのエギング。

November 08 [Thu], 2018, 18:54
11月4日。
鶴見へエギング。

という名のドライブへ。
キラッチも私も、ドライブ8割(笑)
鮎も終わって、天気が良くって、どこか行きたい2人はこうなります。

ここ数年、エギングでモイカが簡単に釣れない。
のは100も承知の介。
なのでドライブ8割ね(笑)
正直、釣れるわきゃねーって思ってるんですが、一応竿は積むわけですよ。

無風ベタ凪。ポカポカ気持ちがいいー!

あれ。欲がないと釣れるんでしょうか…(笑)

やったー!お刺身食べれる〜
1パイ釣れると、欲が出るんです。なぜか釣れてないキラッチも増欲(笑)
こうなると、真剣そのもの…

…だからそう簡単に釣れないんだってばー(笑)
すっかり日は暮れ、気持ちはふりだしに。

キラッチ、最後に執念のコウイカゲット。
綺麗にしめた半透明モイカと一緒に墨まみれのコウイカ入れやがりました。

やっぱり、ドライブ8割。
だけど…、竿積んでドライブってなんでこんなに楽しいんやろ〜

その他日常まとめインスタ風。

November 07 [Wed], 2018, 19:26
キラッチが愛を込めて梅干しを。
久しぶりに自分のお弁当も詰める日々。
ついに納竿したキラッチ、海へ。
久しぶりの海の魚にしんけん感動。

祖母と母と短歌大会、日田へ。

1時間半の散歩。時間があるから見えるもの。

大野川沿いで発見。鳥の巣?
リースみたい…なにこれなに?

そして今日の空。

大好きな曲でイヤホン散歩、最高の現実逃避(笑)
すれ違う中学生の挨拶を完全無視してると、最近気づいたよ…

平成最後の鮎釣りは。

November 06 [Tue], 2018, 19:40
10月20日。
ついに納竿日デス。

平成最後は大野川。
できれば石に付いている鮎を掛けたかった。
その思いは見事に砕け散るのですが(笑)、
その願いを胸にラストポイントに選んだのは小松ヶ瀬。

すっかり鮎は落ちてしまったのね…。
芯では一向に反応なく、へチで粘っては、また確かめるかのように前に出て瀬へ。
ぜんぜん釣れなんだ(笑)

認識してしまってからは、もはや納竿の儀式を遂行するのみ。
だけど、決して手は抜かず。真剣釣りました。

午後からボスも合流。最後はマッタリ楽しい釣り納めでした。
ボス、来年もよろしくお願いしますよ〜

…夕方のクロスケ入れ掛かりもなかったなあ。
手に持ってるようなサイズの鮎がヘチで引っ掛かったのみ(笑)
さて、これにて平成最後の鮎釣りはあっけなく終了デス。

今シーズンを振り返ってみると、
競技、競技、サポート、サポート、の年でした。
キラッチが勝ち上がった予選が多かったこと、
それから報知やチーム選手権のエントリー、
選手としても、付き添いとしての釣行も、とてもいい経験になりました。
お金もスンゲー使ったなあ(笑)

「2人だけ」だからこそ、費やせること、
「2人だけ」だから知らない幸せも責任も承知。

こうしてただ全力で鮎釣りできる環境に家族に感謝しつつ、
踏まえて来年も全力で鮎に挑む、楽しい夏になりますように。
そしてできれば、1試合でも勝ち上がれますように…

シーズン中、お世話になったみなさま。
ありがとうございました。





プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ka2i
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:大分県
  • アイコン画像 趣味:
    ・アウトドア-釣り
    ・スポーツ-玉撞き
読者になる
2018年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
P R
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/ka2i/index1_0.rdf