山を越え谷を越え。

June 25 [Mon], 2018, 20:41
日曜日は区の草刈。朝7時から。
地元大野川はまだ濁りが残っているし、昨日の今日で熊本はアウト。
キラッチはお仕事…
そうなれば、家で仕掛けでも直すか…

とは、いかないのよね(笑)

草刈が終わってそのまま車に乗り込み、山越え福岡県へ。
カッキーとツル君(久しぶりでしんけん嬉しい)が先に竿を出している川へ。
11時から竿が出せたとしても、やれて半日でしたが、それでも行かずにはいられません。
なぜなら天気は最高で、アユ釣りができる最高の河川水況だから。

出発前、カッキーの釣果はドカンドカン!マジカー!
運転中は気が気じゃなかったなあ(笑)

早々に道の駅でタイツとウエアを着こみ、日釣り券を購入し、いざ!
久しぶりのツル君にテンションは最高潮!

そして、午前中のカッキーの釣果にさらに気が逸ります。
ななななんなー!デカイし、もうこんなに掛けたの?!

残っているところには残っているし、魚はまだまだいるよ!との事。
それは逆にスゲー面白そう〜
今回、引き抜きません(笑)仕掛けトラブル回避で丁寧に寄せます。

デカくて追い星があると、褒められている様。
カッキーと並んで釣りも、いい魚も、嬉しいなあ。来て良かったなあ。
と、同時にキラッチごめんよ、と常に思っていましたよ。

こんなにデカイと、オトリを引舟の中から出すのに一苦労です。
片手で握れんし、タモに全部出すちゅーのもなあ。
どちらも試して、どちらも放流…ダメダコリャ。

夕方5時まででしたが、本当に最高の釣りでした。
私的には匹数もサイズも十分過ぎる釣果だったし、なにより楽しかった。

2人のおかげです、本当にありがとう。
そして、ごめんよキラッチ(笑)

帰りの山越えは、じゃがりこをお供に鼻歌で。

『つり人2018年8月号』
6月25日(月)発売 こちらからためし読みいただけます!
http://tsuribito.tameshiyo.me/4910063030882


こちらもどうぞ!
『Basser2018年8月号』
6月26日(火)発売 こちらからためし読みいただけます!
http://tsuribito.tameshiyo.me/4910175430884

別冊つり人Vol.474
『FlyFisher 30 Years』 6月29日(金)発売

『FlyFisher』から30周年の感謝の気持ちを込めて、
この夏、特別な一冊をお届けいたします!
http://tsuribito.tameshiyo.me/9784864474795

玄関にオトリ、2日目(笑)

June 23 [Sat], 2018, 14:16
朝イチ、上流に入るも、スグに濁り出し撤退。
さらに上流を見に行くも、濁流…

ウーン。どうしたもんかと考えてたら、タイツのまま in 熊本(笑)
県をまたいでも。はい、アウトー。
さ、着替えて帰りますか。

ダメなものは、ダメよ!!
誰かそう言って私たちを止めておくれよ。

川を見ながら足湯に入って、ヨリヨリととうもころしを道の駅で購入。


只今、家で腐るふたり(笑)
今週もキラッチは土曜のみ。

あたしはまた明日旅に出ます…。
団地の草刈のち…。

『つり人2018年8月号』
6月25日(月)発売 こちらからためし読みいただけます!
http://tsuribito.tameshiyo.me/4910063030882


こちらもどうぞ!
『Basser2018年8月号』
6月26日(火)発売 こちらからためし読みいただけます!
http://tsuribito.tameshiyo.me/4910175430884

別冊つり人Vol.474
『FlyFisher 30 Years』 6月29日(金)発売

『FlyFisher』から30周年の感謝の気持ちを込めて、
この夏、特別な一冊をお届けいたします!
http://tsuribito.tameshiyo.me/9784864474795

フュージョン。

June 21 [Thu], 2018, 22:02
先日。
2人でフュージョン!とキラッチとカッキーが遊んでました。
いや、あたしも仲間に入れてよーー(笑)

昨日から煮込んでマス。
スーパーで半額だった牛スジ。トロトロに。

こちらは鶏肝煮。卵とじ。

私も、脳みそ取り出せたら。
グツグツの熱湯にくぐらせて氷水でさっと締めたいッス。

さあ。週末。一応、西米良のライヴカメラ見たりして…
ダメか(笑)

カッコいいおじいちゃん。

June 20 [Wed], 2018, 21:31
進化した道具やウエアは、釣りにも山歩きに快適さをもたらします。
疲労軽減、ストレスフリーであることは、集中力の向上に繋がり、
釣果やタイムに相乗効果を生み出すことは言わずもがなです。

人は、より品質の良い製品を見極め求めることに努力を惜しみません。
情報の中に生きていれば、無意識にそうなってしまうものなのかも。

なんとスタイリッシュでカラフルでハイスペックな。
気が付けば、全身総額ウン万円でアウトドア…か。

以前、初めて誌面で見かけた時。ただ写真を見かけた時。
そのことについて考えずにはいられなかったのを覚えています。

渓の翁と親しまれる瀬畑雄三さん。
私はテンカラ釣りはしたことがないのだけれど、釣技だけではなく、
瀬畑さんという人に今とても興味を抱いています。

どんな風に、魚と自然とお付き合いしてきたのか。
ライフスタイルがこの表情に表れているのなら、尚の事。

※とても有名な方に対して失礼かもしれない記載があったらスミマセン。

blog画像 渓流2018夏号より
tsuribito.tameshiyo.me/9784864474771

私も発売日を楽しみに待ちわびている新刊書籍。読みてー!
渓の翁、瀬畑雄三の遺言。
『源流テンカラ釣りの知恵』 浦 壮一郎・編
6月下旬発売開始!こちらからためし読みいただけます↓
http://tsuribito.tameshiyo.me/9784864473217

源流に分け入り、テンカラザオを振って半世紀以上。
「この渓には、どんな魚がいるのか?」
「滝の上は、どんな風景が広がっているのか?」
愛する山河への情熱と、尽きることのない探究心から、いくつもの未踏ルートを開拓してきた瀬畑雄三さん。
自らの目で観察して、魚だけではなく山菜やキノコ、獣類、その他多くの生きものについて知識を蓄えてきた。
さらに野営、遡行の技術を工夫し、時には危険な目に遭いながらも、常に山から生還してきた。
そんな瀬畑さんを、いつしか人は親しみを込め、「渓の翁」と呼ぶようになった――。
本書は瀬畑さんが後世にまで伝えたいさまざまな知識、哲学をまとめたもの。
自然と人間の関わり方について、考えさせられる一冊です。

九州だからデカいのかい。

June 18 [Mon], 2018, 20:55
土曜日。仕事のキラッチより一足早く現地入り。
今回もSGさんに大変お世話になりまして、カッキーが来るまで1人かーと、
少々不安な初日を、安全安心の超楽しい初日にすることができました。
日券、オトリ手配まで。あらためて、本当にありがとうございます。


SGさん、O兄さんとご一緒させていただいたのは川幅の狭い棚瀬の続くポイント。
渓相で石は大きく、Aでは止めにくいトイが1級ポイントです。
ただ、バリエーションに富んでいて、どこでどんなどのくらいの鮎が掛かるのか、
事前情報は一切持ってこなかったので、とてもワクワクしていました。

私は少し下流へ入川。
1匹目はオトリサイズ。そして2匹目以降がヤバかった(笑)
まじか!ウソやろ!!の独り言連発サイズ。

私の竿はA。これが2匹掛かったら、MAXためても鮎はそれ以上のパワーと重さで、
びくとも浮いてきません。取り込みまでがとにかく長い(笑)

竿はとっくに垂直まで立ち、思いっきり曲がってマスが浮いてこないんです…
その間、ウーンどうしよう状態。ダンダンと棚が続くポイントでは、
落としたらついていかないけん…、足場悪いし…ヤダ(笑)

まるでグレ釣りの様な作戦。…弱るまで待つ?みたいな(笑)
大きな石の上に上がり、うおりゃあぁあと腕で抜きますが、
そりゃあもうハラハラです。
掛かってほしいけど、掛かってほしくないみたいな、スリル満点の釣り。

最終的には、
小さな群れ鮎をオトリにするためにわざわざ掛ける作戦まであみ出しました。
しかし、鮎がすばらしいー。
デカイし体高あるし背ビレ長いしで、色んな要素に感動しっぱなしでした。


夕方、仕事を終えたカッキーと合流。
温泉に浸かり、まだ少し明るいうちからBBQの準備をしながら乾杯!最高デス。

カーッ、ウンメー!
SGさんの焼きナス、カッキーが持ってきてくれたヤスダさんの猪肉、そして鮎談。
時間よ、過ぎるなかれ。

あ、キラッチも仕事やっつけて、ブッ飛ばしてきました〜(笑)お疲れ様デス!
A名人も寄ってくださいました♪
鮎談はドンドン濃くなり、感覚的についていけないまでに(笑)
ビールを飲みながら考えていました。
この夏、あと何回こんな風に楽しい時間をみんなと夫婦で過ごせるのだろうと。
考えただけで、嬉しくてテンション上がります。

さあ!翌日も釣っちゃいますよ〜!

キラッチとカッキーが(笑)

キラッチの釣りを竿をたたんで見たり。
みんなでランチ休憩しながらマッタリBass談したり(笑)
食用に飼っていた川蟹を逃がすというS家さんの温かいストーリに包まれホッコリしたり。

6月も2週目にして、デカすぎる鮎に引っ張り回され楽しんだ2日間。
7号までしか準備していなかった針は何度も折れました。
それに中ハリスが切れたのなんて久しぶりです。

大野川上流もそうでしたが、この時期にこのサイズ。
鮎が大きくなる環境って、九州だからの一言では納得いかない気がします。
水温?水質?
関東や関西でも知られていないだけで初期から大鮎を楽しんでいるのかな〜

さー、今週はしばらく大雨予報。
そのあとの五ケ瀬や一ツ瀬、さらに天然まみれの大野川本流も。
楽しみ!!

渓の翁、瀬畑雄三の遺言。
『源流テンカラ釣りの知恵』
浦 壮一郎・編 定価:本体2,500円+税
6月下旬発売開始 こちらからためし読みいただけます!
http://tsuribito.tameshiyo.me/9784864473217


好評発売中! 
『鱒の森2018年7月号(No.46)』
定価:本体1,389円+税
こちらからためし読みいただけます!
http://tsuribito.tameshiyo.me/4910083830783

解禁から大鮎!

June 17 [Sun], 2018, 22:51
楽しい休日はあっという間に終わりを迎えるのですね。

まる2日間、竿を出し続け、
デカイ鮎に引っ張り回された最高の休日でした。



この疲労感は、よーく遊んだ証し。
キライじゃないんだな。

またボチボチ釣行アップしていきたいと思います。


あー、くそー終わってしまったなぁ(涙)

肉とどく。

June 13 [Wed], 2018, 21:56
そう。
何を隠そう。

シマノJCジャンケンで、松坂ギュウを勝ち取ったのは私だっ!
焼肉用1kだっ!

そして先日。届きました〜
さあ。いつどこでどうやって食べよう(笑)

真っ先に思い付いたのは一ツ瀬合宿。
いつも心打たれるおもてなしを受ける側の立場ばかりだった私たち。
みんなで一ツ瀬で松坂ギュウ!これしかない!!キラッチも即答でそれだ!と。
お返しの気持ちがジャンケン大会の肉ってのもなんだかですが…(笑)
それが一番美味しく食べれる気がする貧乏性…。

先日の釣行写真。いただきました。

キラッチ、痩せたなあ。お父さんそっくり(笑)

嬉しい引き抜きの写真。ありがとうございます。

この写真が一番嬉しい♪


キャリア50年のカリスマが明かす最強ロジック
『ルアーフィッシング「俺流」戦術』
津留崎義孝・著
6月下旬発売開始
こちらからためし読みいただけます

http://tsuribito.tameshiyo.me/9784864473200


2日目の大野川は…

June 12 [Tue], 2018, 22:06
さて、日曜日の大野川。
再び濁りの本流を通り過ぎ上流へ。
Y本さんと合流まで、さてどこに入ろうかなぁとウロウロしていると、
見た事のある軽バンを発見!

もしや!と思って川を覘くと、そこにはちょうど鮎を抜く師匠発見!
声をお掛けすると、掛かるで〜と手招きしてくださいました。
ゆっくり出発したので、もう空いているポイントが無いかなと心配していたのですが、
なんてラッキーなんだ私は。
すみません、おじゃま致します!

本流竿にオトリが付いている違和感(笑)

そう言えば、今年は(鮎に)浮気しないって言ってたじゃないですか〜
と、突っ込んでみたところ、
「浮気じゃない!本気だ!」キラリ!
と、よく分からない決め台詞?戴きました。
いや、うん、どっちに転んで納得していいのか分かりません(笑)

師匠の上流にお邪魔させていただきまして、さっそく。
緩やかな流れの左岸に広がる棚と、浅いけど流心のあたる右岸。
全体的に浅いポイントです。
左岸エントリーでまずは緩やかな流れの壁があるポケットを丁寧に探ります。
竿操作で直撃できない程度の緩やかな流れ。キラッチなら必ず投げるな(笑)
私の場合はカミ、ヨコに泳がせて良いイメージの流れです。
オトリが石を縫って泳ぐとドカン!

ただ、その泳がせを、トラブルなく再現し続けるのが難しい。
イメージ通り泳げば答えは早いのになあ。

Y本さんも到着し、並んで真剣集中。楽しい。

上流域のポイントは、尺エノハ男子会のランチポイントでもありました。
ふり向けばリュウジさん。もちろん、やっちょん!綺麗なアマゴ!
しかしリュウジさんに関しては、オールウェイズ尺キープで、
このサイズにサプライズ感が薄くなるという妙な耐性がついてしまった(笑)

お昼過ぎ、私は前日のイメージが頭から離れず、ポイント移動を決断。
しかし、今思えば。粘るが正解だったのかもしれません。
まあ、お決まりのあとの祭りっちゅーやつです。

2か所目で、ついに赤い彗星モリミツ様が登場!
なんでしょうね。久しぶり感が全然ねいス(笑)

彼はなぜかスッポンを所持。
そしてポケットから、ミドリガメを取り出したのデス。
もう意味わからん(笑)今年、黄色い彗星デヴューの予定だそう。

引き抜きの写真、撮ってくれました!

背掛かり写真も。ありがとうございます!

結構ビショビショです。なぜならレインが水を弾かないから!寒い!
ずっと降り続ける雨と風。
ハナタレツカリタクナイ釣法では余計に掛かりません。

うーん、そう何度もまぐれで掛かってはくれないよねー。
師匠は、本気の浮気。
感心してしまうほどよく動き、掛けていらっしゃいました。
釣りが上手い人ってのは、何を釣っても釣るのデス。

肉食系モリミツ様。包丁がカッコイイ。何かはみ出てるよー。

活き血がたまらないのだそう。

月曜日。
朝、起きたら全身痛い…

こうしてまずは、リポDスタートの一日となりました。


鮎のちチョレイ。

June 11 [Mon], 2018, 21:34
朝5時に起きて川に向かい、夕方4時まで存分に楽しい鮎釣りを満喫。

したあと、タイツのまま家に帰りお風呂へ。
さっぱりして友達と集合し、肉をたらふく食べて卓球場へ。

その前に、なぜかグミの話で盛り上がり、近くのドラッグストアで、
燃焼系飲料とグミをゲット。
わたくしは断然ハリボー派です!硬い軽好きです!

さあ、我々は本気です!

2対1をメンバーローテしながらひたすら2時間。

何気に回転サーブかましてくるワッカーナ氏。本気です(笑)

何故か突然スゴイ球速でラリーが始まるエッチン氏。アレはなんのスイッチなんだ(笑)

そして、ただ汗だくのあたい(笑)
一生懸命ラケット振って、全然届いてないときのあの加齢感っちゃねーわ(笑)

11時前。
まだまだ動き足りねーゼ!
と言わんばかりの2人は、近くの河川公園で歩く歩く。
あ、今期3度目のホタル観賞も(しかし、ここでも薄かった…)

こんなに遊んだ1日は本当に久しぶりで、
またもや学生時代にタイムトリップ。
ただただはしゃいで、立てないほど笑った卓球部活動。
いやー、ほんと楽しかった!

最後に、満足感やら疲労感やらで、よくわからない達成感いただきました。
日曜日は大雨予報やし、今日の片付けでも…
と、思って起きたら。

うーん。なにこの雨全然降らない感じの朝は…
クソー、行くしかねえじゃん!(体ボロボロ)
と、またもや鮎の準備して車に乗り込みます。

土曜日の大野川。

June 10 [Sun], 2018, 21:41
土曜日。
いやあ、なんか安打続きで怖いなあ(笑)
そんなポイントに連続で入っているというだけのことなのですが。

金曜日の夕方、土曜日に本流に入れるか見に行きました。
できないことはない…そんな微妙な濁り。

当日、夜に降った雨で約30pの増水と濃くなっていた濁り。
15分だけ竿を出してみましたが、再び上流へ向かうことを決断しました。

漁やな(笑)

楽しかった一日。
釣果を求めて真剣に釣りをする楽しさとは、また別のもの。
説明不要。ただ一緒に釣りができて嬉しかったということ。

またどこかできっと山談しましょう〜







さて、16時に早上がり。
この週末、35歳には少々無理のあるスケジュール。
このあと、第1回卓球部活動(笑)

チョレイ!



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ka2i
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:大分県
  • アイコン画像 趣味:
    ・アウトドア-釣り
    ・スポーツ-玉撞き
読者になる
2018年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
P R
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/ka2i/index1_0.rdf