県民の日 

November 16 [Fri], 2018, 7:06
県民の日である14日は仕事明けだった。
次男が左足首を剥離骨折中なので、アミューズメントパーク系で連れ回すわけには行かない。リクエストを聞いてみると「ジャイアンツの練習が見たい」と。しかし問い合わせた結果、残念ながらこの日は休養日。
というわけで、東京ドームのジャイアンツショップへ。
算数と買い物の勉強を兼ねて、「決められた予算内でグッズを購入」というルールで買い物をさせてみた。
「悩む〜」と言いながら、目をきらきさせていた。
サンタさんへのクリスマスプレゼントのお願いも、次男は検討中だが長男は木製バットらしい。
成長だね〜。

2018読書.12 

November 15 [Thu], 2018, 9:17
『人喰い』笹沢左保

本屋のオススメコーナーにあったから読んでみた。
とある会社の男女が心中を計った。しかし、女性の遺体だけ発見されない。その後、その会社では新たな事件が…。というストーリー。
途中面白かったのに、ちょっとラストが呆気なかったように思う。構成が上手いと最後までわハラハラして読んでしまうものだが、今回それは無かったな。

2018読書.11 

November 15 [Thu], 2018, 9:17



『証言UWF 最後の真実』

第1次UWF〜新日本へのUターン〜新生UWFの頃に関わった選手やスタッフらの告白本。
小学生の頃、毎週のプロレス中継を楽しみにしていた。しかし、ある頃から「ロープに振られて帰ってくるのっておかしいな」という思いが生まれ、周囲から「プロレスって八百長なんだよ。」という声が聞こえ始め、自然とプロレスを観なくなっていた。
しかし中学の頃、兄が「凄いプロレスがあるらしい。ロープに振らないで、飛び技も無い。あるのはキックと関節技で、ギブアップで勝敗が決まるらしい。」と教えてくれた。それが若かりし前田日明や高田延彦が活躍していた第二次UWF。当時は今のように映像による情報が溢れていた時代では無かったので、話だけ聞いた私は幻想が広がっていった。そしてある時、ワイドショーで放送していたUWF特集を観て、私は衝撃を受けた。
カッコイイ〜!
その頃の私は、ゴツい兄と比較され、身体の細さにコンプレックスを抱き、「痩せている=弱い」ということで、漠然と「強さ」に対する憧れがあった。そんな時に出会ってしまったUWF。
そしてすっかりUWFの虜になってしまった。
それからはUWFからリングス、UWFインターナショナル、藤原組を、始めとして格闘技が好きになり、現在に至っている。
そんなUWFの告白本。既にUWFの告白本は何冊か読み、私が憧れていたUWFは真剣勝負ではなく、「プロレス」だった事は知っている。この本についてもその事は何人もの方が触れていれ、それ以外の道場内での出来事や試合での裏話などが記されていて、集中して一気に読んでしまった。

もし20代の頃に読んでいたらショックだったかもね。



アタリの店 

November 07 [Wed], 2018, 17:18


池袋での柔術練習を終えてランチへ。今回チョイスした場所は、前から気になっていた店で、立て看板に掲げてあったランチメニューが気になっていた店。中華の定食が600円から食べられ、ご飯おかわりと麺の大盛りが無料という、何ともコスパが良さそうなのだ。
入店すると店員の口から発せられた言葉は「ウチはランチやっていません。」。
どうやら私が入りたかった店はそのビルの二階だったみたいだ。しかし、今更店を出るわけにはいかず、私は麻辣牛骨麺をオーダー。
そしたら何と、この拉麺が美味い!
こんな事もあるもんだ。また来よう。

10月を終えて 

November 03 [Sat], 2018, 9:57
新しい任務についての1ヶ月は、あっという間だった。1週間の研修もあったしな。
2018年の残り2ヶ月。年末もきっと「もう大晦日!」と言っているのだろう。
先月は何件の酒席に参加しただろうか。研修があった影響もあるが、10件以上は間違いない。マシンガンズ納会開催日だった27日も昼から飲んでたし。あの日は昼に仕事を終えて、とある会(これが急に決まったものだった)に顔を出し、帰宅してから納会、翌日また泊まり勤務というさすがにハードな1日だった。納会は少人数だった。ま、これが今の現実だね。少なかったけど、相変わらず楽しく酔っ払っちゃった。翌日仕事と分かっていながら、どうしても「もう少しだけここに居たい」と思ってしまうんだよね。おかげで翌日は午後まで辛かったけど。
きっと私は、周囲の方々が言うように「鮪のように」人生を止まることなく泳ぎ続けるのであろう。少なくとも仕事を引退するまでは。これは亡き父にそっくりな性分だ。やはり親子だね。
今日も、これから道場行事のバーベキューで高島平へ。帰宅後は夕飯作って、みんなで日本シリーズ観戦。明日は少年野球と墓参り。

時間は、やり方次第で何とかなる。必要なのはそれが出来る心身の体力。その為には筋トレ!身体に適度な刺激を与えることによって生活エネルギーは蓄えられる。
これ持論↓
「筋トレにデメリットなし」

2018映画.9 

October 25 [Thu], 2018, 21:39

『海賊と呼ばれた男』


ズバリ、面白い!
情熱を感じる映画。ガッツリと余韻に浸ったね。最後のシーンは、人生を感じさせ、涙が溢れてしまったよ。


役者たちも素晴らしい演技。「永遠の0」でも感じたが、岡田君が素晴らしい。改めて好きになったよ。鈴木亮平も相変わらず色気がある。そしてこの映画にも黒木華が!出るね〜












【2018映画】
15時17分パリ行き
ちはやふる 〜上の句〜
ペンタゴンペーパーズ
友罪
インクレディブルファミリー
検察側の罪人
コーヒーが冷めないうちに
日々是好日
海賊と呼ばれた男

2018映画.8 

October 22 [Mon], 2018, 23:16

『日々是好日』


とても穏やかな映画。
お茶を通して成長していく女性の姿を描いた作品。
日々の生活には様々な所に幸せがある。そして、毎年同じように四季を感じながら、同じことを繰り返すことって幸せなんだよということを教えてくれる。
先日の格闘技大会に出場した際、「この年になっても、大きな怪我や病気もなく、取っ組み合って『勝った』『負けた』って一喜一憂出来るのって幸せだな。」と、ふと感じたことを覚えている。

家を持って家族に囲まれ、好きな仕事をやって、病気や怪我もなく趣味の野球と柔術も続けられている。
今までの人生は好日だらけだ。
そしてこれからもずっと好日が続きますように。




【2018映画】
15時17分パリ行き
ちはやふる 〜上の句〜
ペンタゴンペーパーズ
友罪
インクレディブルファミリー
検察側の罪人
コーヒーが冷めないうちに
日々是好日
海賊と呼ばれた男

御先祖様にご挨拶 

October 13 [Sat], 2018, 23:25
母が年に一度、長野県黒姫にある墓参りに行っているので、私も行ける時は同行している。クマも出るから危険だしね。
そして必ず「横川の釜めし」と「戸隠そば」を食べて帰る。

当然今回も。
釜めしの味は、何年経っても変わらない。

















懐かしの瓶 

October 09 [Tue], 2018, 17:42
瓶のコーラ
懐かしい。

2018映画.7 

September 30 [Sun], 2018, 10:22
『コーヒーが冷めないうちに』

原作は去年くらいに読んだのかな。
「これは映画になるな」と思っていたら、映画化を発表していたので、鑑賞を楽しみにしていた。
いや〜良かった。
目の肥えた人は違う感想を抱くかもしれないけど、私には良かった。「四度泣けます」がキャッチフレーズだけど、私は三度泣いた。しかも一回は涙が首まで流れたよ。
久々に鑑賞後の翌日まで余韻が残る作品。
この余韻が残ると、なんとも言えない寂しさを感じるのよね。「またあの世界(映画)を味わいたい」というような。




【2018映画】
15時17分パリ行き
ちはやふる 〜上の句〜
ペンタゴンペーパーズ
友罪
インクレディブルファミリー
検察側の罪人
コーヒーが冷めないうちに
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:越谷マシンガンズ
読者になる
97年10月 結成
98年 3月 越谷市野球連盟加盟
00年 3月 越谷市野球連盟加盟2部昇格
01年 3月 越谷市野球連盟加盟3部降格
02年 7月 グアム合宿
02年 8月 統括の頭皮にカビが生える
02年10月 第1次マシンガンズ解散
02年11月 第2次マシンガンズ結成
02年12月 闘球部創設
03年 3月 新体制決定
03年 3月 関東草野球連盟加盟
03年12月 マシンガンズアワード開催
03年12月 KoM(年度MVP)創設
04年 1月 打球部創設
05年 4月 競走部創設
05年 5月 羽球部創設
07年10月 第二回総会議開催
07年11月 99年以来、連盟でベスト4
08年 3月 二部昇格
08年 4月 二部初勝利
10年 9月 数年ぶりに新人入団(ミッツ)
2010 KoM 統括
11年 3月 三部降格
11年 7月 春季連盟ベスト4
2011 KoM SAMURAI
12年 3月 連盟2部昇格
12年 3月 何故かリーグ2部昇格
12年 4月 第3代のホーム用新ユニフォーム完成
12年春季 1回戦負け
12年秋季 3位
14年   3部降格
15年春季 連盟60周年記念大会3部ブロック大会優勝
15年   関東草野球リーグ 5部プレーオフ進出(1回戦敗退)