奇祭「強飯式」 日光市・輪王寺三仏堂(産経新聞)

April 06 [Tue], 2010, 17:50
 「75杯、一粒残さずちょうだいしろ」。山伏姿の僧侶が山盛り飯を食べるよう責める奇祭「強飯式」が2日、栃木県日光市の輪王寺三仏堂で開かれた。

 健康や商売繁盛を願う日光の春の恒例行事。一般公募で選ばれた強飯頂戴人と呼ばれる6人の前には、約5キロのご飯を盛った巨大なおわん。

 強飯式は別名「日光責め」と呼ばれ、山伏が修行場から供え物を持ち帰り、民衆に分け与えたのが起源とされる。

【同盟弱体化】第2部 普天間問題(上)県外固執 首相の甘さ(産経新聞)
法科大学院24校「不適合」、教育内容に問題あり(読売新聞)
2月の対象者、2カ月連続減=雇用助成金(時事通信)
アフガン邦人記者不明「誘拐は承知」官房長官(読売新聞)
沖縄駐留の重要性指摘、米国防長官が岡田外相に(読売新聞)