行列のできるブログ 丸山法師の徒然草

行列のできるブログ 丸山法師の徒然草

元気の秘訣 -日経ビジネスより-

こんばんわ青虫です。

先日お知らせした日経ビジネスの記事を
ご覧になれなかった方のために
転載いたしま〜す。

=====================
元気の秘訣
『寒中水泳で心身を鍛える』丸山和也
(丸山国際法律・特許事務所、参議院議員)

今年で生誕100周年を迎えた作家の
故松本清張さんが、晩年のインタビューで生きることの
意味を問われて、「生きるとは執念です」と答えていました。
執念とは、すなわち挑戦だとの言葉に、共感を覚えます。

私自身も年を重ねるごとに、命ある限り挑戦する姿勢を持ちながら、
型にはまらず、自分らしい生き方をしたいと思うようになりました。
長らく弁護士として活動してきましたが、
政治の世界に身を置くようになったのも、
私にとっては1つの挑戦です。

自分らしい生き方を貫くには、心身の健康が欠かせません。
人それぞれ資質や生活習慣が違いますから、
健康法においても、自分に合ったスタイルを
見いだすことが大切でしょう。

私の場合は、食事と運動がカギですね。

食事は昼前と夕方の1日2食を基本としています。
会食などで難しいこともありますが、
夜8時以降はできる限り食べないように努力しています。

一口ごとに30回、よく噛むことも心がけています。

朝は1時間ほど体を動かします。新鮮な空気に触れて、
自分と自然を一体化するように深呼吸をしたり、
歩いたり走ったり。

根を詰めて仕事をした後などにも、
散歩をすると気分がリフレッシュしますね。

また、週に2回は、スポーツジムで泳ぎます。

「独坐の会」と「絶望塾」も

時には、厳しい運動にもチャレンジします。

2005年にはチャリティー番組の企画で、100kmマラソンを完走。
今年10月には福岡と大分間で開催された
「行橋別府100kmウォーク」に参加しました。

11月から3月は、心身を鍛練する寒中水泳もしています。

寒中水泳は約15年。現在は地方講演の先々で行うことが
多いのですが、少なくとも年に10回以上にはなるでしょうか。

今年2月に山形県の北部を流れる真室川で行った時は、
気温は氷点下5度でした。

12月には、初めて厳寒のオホーツク海での寒中水泳を計画しています。

人によっては膝がつかる程度で断念してしまいますが、
調子がいい時は20分程度入水します。

体の芯まで冷えるものの、気力がみなぎり、
何とも言えない爽快感がありますね。その後温泉に入ると、
新陳代謝が良くなるせいか、1日中体がぽかぽかしています。

座禅も以前から行っていましたが、今年からは新しい試みとして、
議員や学生を中心に「独坐の会」を主宰しています。

濁流とも言える昨今の社会情勢の中、静かに座り
胆力を練る時間は極めて重要だと思います。

また、絶望を見据えることで、新たな一歩を踏み出す勇気を
持つことを目指す「絶望塾」も開催。

全国から参加してくれる様々な年齢や職業の人たちと
対話を持つと、自分自身も励まされ、活力を与えられています。

(対談まとめ:田村 知子=フリーランスエディター)

出展:『日経ビジネス』2009年11月30日号
p76「心と体 元気の秘密 寒中水泳で心身を鍛える丸山和也」

神社にお参りするのもよいが…

神社にお参りするのもよいが
むしろ天地にむかって
己の魂を調える心が大事と思っている。

そんな次第で寒中水行もやる。

元日は外房の海で、数日後は鎌倉近辺の海で。
新春の海はことのほかあったかい。

これが熱中症?

7月25日(金)
都心でも35℃とか、今年一番の暑さとか。
いや世の中に馬鹿なやつもいるもんだ。
それは私、丸山和也!

よりによってこの日、朝走りたくなってしまった。
「俺は結構暑さに強いから」との
うぬぼれから、たったコップ二杯の水を口にして
飛び出してしまった。

5km先まで自転車をこぎ、そこで下り、走って出発地まで
戻り、再び自転車まで走ってゆく、つまり往復だ。

異変を感じたのは自転車まで戻りだしてから。
喉がかわく(水不足)、少々頭がワーンとしてくる。

熱中症と脱水症の予感!!
しかし、自転車まで戻らないと家に帰れない。

只々根性でたどりつき家にも戻れたが、
夕方まで「ヤラレタ」という感じ。

24時間マラソンでも体験できなかった
熱中症・脱水症の予感(軽度体験)。

たしかに24時間のときはサポーターがいて、
ひっきりなしに水も補給していたことを思い出した。

危険は日常の中(35℃で走ることは
やや非日常=いや非常識かな)に潜むことを知る。

まあ、少々の無茶だったが、貴重な経験をした。
皆、猛暑に負けるな、あなどるな!!

(しかし、そんな状態で走りながらも、今後の政局はとか、
100才をこえて元気でいるには・・・と、
ないに等しい頭をめぐらすとは、俺もどうかしているな。)

自分の健康は自分で作るべし

では、健康を維持するためには一体どうすれば良いのか?
それには自分独自の健康哲学が必要だと思う。

豆腐だけではダメ、納豆だけではダメ。
もちろん、様々な健康法を試してみるのは良いが
自分で考えるのを放棄して、テレビに依存するのが問題なのである。

普通の考えを持っている人ならば、テレビの情報を鵜呑みにすることはない。
疑いが発生するはずだ。

しかし、今の人々は自分の考えがないから飛びつく。
まさに、哲学の貧困である。

丸山ブログの特徴

僕のブログは政治、文化、芸能、歴史など
内容は多岐にわたっている。
現代社会の文明論といった内容である。

そもそも、政治も宗教も経済も
根っこの部分ではつながっていて
上に咲いている花が違うだけである。

全てに共通する問題を改めて論じていきたいと思う。

近く、裁判員制度が始まるが、
今の裁判制度がどんなに硬直しているか、
また裁く人の姿勢次第でとんでもない結論がでる、

ということを痴漢裁判を描いた映画、
「それでも僕はやっていない!」から学んでほしい。

寒風摩擦



僕は早朝マラソンが終わると
寒風摩擦をするのが習慣になっている。
1日の始まりの儀式である。

寒中水泳


徳島での朝。
ヨットハーバーで泳いだ。
気温は10度くらいだったかな。
泳ぎながら対岸の漁師さんと会話を楽しんだ。

丸山式腹筋法



私の特殊腹筋法は足を折るのがポイント。
一度に60回前後行っている。

足を折ることで太ももや背筋に刺激がゆき
通常の腹筋以上の効果がある。

僕はもともと腹筋が強くて
以前は人に支え(膝を押える)えられなくても
この特殊腹筋で楽々起き上がることができたほどだ。

そもそも、健康を維持する重要な鍵は
自律神経を強化することにあるというのが
僕の持論である。

冷水を浴びるのも、寒風の中で裸で時を過ごすのもその一環。
そろそろ、自律神経のトレーニングに
ぴったりな季節が近づいてきた。

長寿のお話

自然年齢という言葉をご存知だろうか?
人間は何も病気にかからなければ、
そして無茶をして縮めたりしなければ
125歳まで生きられるという説である。

江戸時代でも、それは言われていて
記録によると135歳まで生きた人がいたそうだ。
護国寺の渡辺幸庵という人物である。

30年間中国に放浪したこともあるという。

上杉家の殿様が、幸庵の話を聞きつけ
そんなに長生きをしているなら、話を聞いてくるように、
と家来を遣わし、インタビューした際の記録が
今も残っている。

それによると、上杉家の家来が話を聞いた時は
128歳だったらしい。
それにもかかわらず、元気に歩いていたし、
歯や髪の毛もちゃんとあったという。

幸庵は、信長、秀吉のことを詳しく語り、
宮本武蔵とも会ったと話したそうだ。

皆さんは胡散臭いと思うかもしれないが
かの葛飾北斎も90歳まで生きたし
長野の村には100歳倶楽部なるものものまで存在した
という説もある。

そう、昔の人々は今と変わらないくらい、
いや一部の人達は今以上に
長生きだったのかもしれない。
古い巨木がところどころに何百年も
生きながらえているみたいに。

平均寿命が低かったのは、当時生まれた
子供の1/3が幼くして死んでしまっていたからだ。

反対に現代人の方が、ストレスや環境汚染によって
寿命が短くなってきているのかもしれない。

食生活

今の日本人は基本的に食べすぎだと思う。
戦国時代までは、むしろ2食が主流だったが、
戦争がなくなって暇ができてから3度食うようになったと聞いた。

僕は1日2食から2.5食をずっと続けている。

朝食は玄米。そしてお味噌汁などのおかず。
夜は好きなものを食べるが、
7時半以降は何も食べないように努力している。

アルコールタイムだけは、別だけどね。

これが僕の食のスタイルである。

もちろん、エイプリルフールのジョークではない。

プロフィール

丸山 和也
丸山 和也 Kazuya Maruyama

1946年兵庫県生まれ。69年早稲田大学法学部卒業、上級職試験合格後法務省を経て、70年に司法試験に合格。75年渡米。ワシントン大学ロースクールに入学し卒業(LLM)、その後ロサンゼルスの法律事務所に3年間勤務。80年に帰国後、弁理士登録を経て特許事務をも扱う。企業間の紛争・交渉等を中心とした国際法務を得意とする他、各種特許紛争および個人の問題も幅広く取り組む。07年、参議院選挙に当選。
現在、「丸山国際法律特許事務所」代表。主な著書に、「正義の判決」(小学館)、「行列のできる丸山法律塾」(小学館)、「丸山法律相談所」(二見書房)、「ビジネスマンが行列する法律相談所」(学研)、「蓮の花は泥沼に咲く」(新紀元社)、「臨終デザイン」明治書院、「だまされる人の共通点」主婦の友インフォスがある。
写真:「生活情報誌読売ファミリー」提供

管理人よりお知らせ

丸山はコメント欄を随時確認しておりますが、それに対する個別回答はできかねますので、ご了承ください。


更新情報をRSSリーダーでチェック!