行列のできるブログ 丸山法師の徒然草

行列のできるブログ 丸山法師の徒然草

独坐の会・報告

2月の第1月曜日、参議院議員会館地下道場にて行いました。

8名の参加で約2時間。

その後、参加者の結婚を祝うささやかな夕食会。

今後も毎月第1月曜日に同じ場所にて行います。

参加資格自由、無料。

絶望塾報告 と 独座の会案内

五回めの絶望塾、先日開いたら
20名を超える参加者があった。

女性を思う心が引き裂かれ苦悩に喘ぐ
青年の真摯な語りかけが参加者の胸を打った。

家業の後継者に悩むオヤジの訴えも。

台風による雨の夜、話は盛り上がった。

独座の会は2日月曜日。
いつものように参議院会館地下の道場で
5時半から。

臨時開催 絶望塾

急なことではありますが
次回の絶望塾を

26日、月曜日7時から

東村山の八坂神社


で開催することになりました。

前回東村山で開催したところ参加したいが
来れなかったという人が多数でたため
重ねての開催となりました。

近くの人々が主だとは思いますが
もちろん誰でもどこからも歓迎です。

問い合わせ0335088536

独坐の会 報告

第三回 独坐の会を月曜日に開いたところ
なんと11名の参加者をえた。

議員 学生 議員秘書など
党派を超えた参加があったことは誠に嬉しい。

濁流とも言える今の政治状況のなかで
魂を磨き胆力を練る静寂の時間は
極めて大事だと考えている。

更なる参加者を期待している。

第4回絶望塾 報告

今回はなんと30名以上の参加者を得た。

ブログを見たり噂を聞いて北九州や札幌からも
はるばる参加者があったことは本当に嬉しかった。

今回は心の悩みだけでなく農家の相続や
子育てといった今抱えてる生活に直結した
打ち明け話も多かった。

また自身のリストカット体験などを踏まえて
そこからの脱却話など迫力のある話も飛び出し
中身の濃い会になった 。

地元の野田一数都議会議員の協力も
大きな力となった。

告知

本日9月30日(水)「絶望塾」

於:東村山「秋津神社」PM6時より

「独坐の会」10月5日(月)

於:参議院議員会館地下3階体育室 PM5時30分より 

第4回 絶望塾 ご案内

9月30日 午後6時より

「秋津神社事務所」

東京都東村山市秋津町5ー27

JR武蔵野線「新秋津駅」2分
西武池袋線「秋津駅」10分

神社で絶望を見据えてみようではないか!!

第一回 「独坐の会」開始される!!

7月30日総選挙突入モードのなか、
記念すべき念願の会を開催することができた。

丸山和也の「毒舌国会」で熱く語っていた
いわゆる三塾構想のうちのひとつである。

その趣旨は以下のとおりである。
============================
「独坐の会」のご案内

現在、政治のマグマが盛り上がっています。
しかし、見せかけだけの熱気では何も残りません。
他方、政局の混迷するなか、
政治家の魂の復活が求められています。

どのような時代、局面においても、
そこで重要な役割を果たすべき人間の質を高める努力を
怠ってはならないと思います。

人間力を養い高めるための集いを企画しました。

夕方の一時、座り、瞑想し、語り合おうではありませんか

場所 参議院議員会館地下3階 体育室

連絡先 参議院議員
丸山和也事務所 03-3508-8536
============================

4名の参加者、1名の視察者をもって第一回は実行された。
尚、他に数名の議員からも「一体何やるの」
との興味を寄せられた。

数ではなく魂の炎を参院会館の地下から燃え上がらせたい!!

第3回絶望塾 報告

5名の新規参加者。学生と女経営者。

学生はなぜ絶望かというような顔して参加。

女経営者は美容関係業界の法規制の
旧態依然とした状況からくる混乱と
そこに働く者の苦しみについて熱弁をふるった。

話は更に盛り上がり裁判員制度の是非にまで及ぶ。

年齢職業を問わず悩み苦しみながらも
一歩を踏み出す勇気がもてればー

それが我が塾の目指すところだ

7月29日

次回はセミナーと併設したい

第三回絶望塾のお知らせ

皆さんこんにちわ

青虫です。

いよいよ総選挙ですね!
政局があわただしくなってきました。

そんな中、注目の絶望塾が開催されます。

日時は7月29日19時より

場所は千葉市民会館です。

皆様ふるってご参加ください!!!





プロフィール

丸山 和也
丸山 和也 Kazuya Maruyama

1946年兵庫県生まれ。69年早稲田大学法学部卒業、上級職試験合格後法務省を経て、70年に司法試験に合格。75年渡米。ワシントン大学ロースクールに入学し卒業(LLM)、その後ロサンゼルスの法律事務所に3年間勤務。80年に帰国後、弁理士登録を経て特許事務をも扱う。企業間の紛争・交渉等を中心とした国際法務を得意とする他、各種特許紛争および個人の問題も幅広く取り組む。07年、参議院選挙に当選。
現在、「丸山国際法律特許事務所」代表。主な著書に、「正義の判決」(小学館)、「行列のできる丸山法律塾」(小学館)、「丸山法律相談所」(二見書房)、「ビジネスマンが行列する法律相談所」(学研)、「蓮の花は泥沼に咲く」(新紀元社)、「臨終デザイン」明治書院、「だまされる人の共通点」主婦の友インフォスがある。
写真:「生活情報誌読売ファミリー」提供

管理人よりお知らせ

丸山はコメント欄を随時確認しておりますが、それに対する個別回答はできかねますので、ご了承ください。


更新情報をRSSリーダーでチェック!