行列のできるブログ 丸山法師の徒然草

行列のできるブログ 丸山法師の徒然草

参議院比例代表制度はこれで良いのか?

今の制度は1、政党に属さないと立候補できない。つまり無所属で全国区に立てないと言うこと。これでは政党に満足してない者に道を閉ざすことになる。2.殆ど全ての候補者が特定団体の出身またはその支援で立つ。つまり団体に支配されず自由に個人の見識で立つ者への道を著しく狭くしてしまった。
比例代表制度は根本的に見直すべきである。
コメントする
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
コメント
ファン
2019.05.07.02:28

丸山先生お久しぶりですねぇ♪

先生は、奇跡の73歳ですね☆

お孫さんはおられるんですかぁ?(*^^*)
この記事のURL

プロフィール

丸山 和也
丸山 和也 Kazuya Maruyama

1946年兵庫県生まれ。69年早稲田大学法学部卒業、上級職試験合格後法務省を経て、70年に司法試験に合格。75年渡米。ワシントン大学ロースクールに入学し卒業(LLM)、その後ロサンゼルスの法律事務所に3年間勤務。80年に帰国後、弁理士登録を経て特許事務をも扱う。企業間の紛争・交渉等を中心とした国際法務を得意とする他、各種特許紛争および個人の問題も幅広く取り組む。07年、参議院選挙に当選。
現在、「丸山国際法律特許事務所」代表。主な著書に、「正義の判決」(小学館)、「行列のできる丸山法律塾」(小学館)、「丸山法律相談所」(二見書房)、「ビジネスマンが行列する法律相談所」(学研)、「蓮の花は泥沼に咲く」(新紀元社)、「臨終デザイン」明治書院、「だまされる人の共通点」主婦の友インフォスがある。
写真:「生活情報誌読売ファミリー」提供

管理人よりお知らせ

丸山はコメント欄を随時確認しておりますが、それに対する個別回答はできかねますので、ご了承ください。


更新情報をRSSリーダーでチェック!