行列のできるブログ 丸山法師の徒然草

行列のできるブログ 丸山法師の徒然草

法務委員会

この間国籍法につき随分検討してきた。

昨日は法務委員会で党を代表して厳しい指摘を
40分にわたり展開した。

私の一番の心配は本当に改正法で
偽装届けが防止できるのかということだ。

これに対しては厳格審査と偽装に対しての告発と
刑事訴追を断固やる以外にないとおもっている。

日本の刑事訴追は甘いし
検事の求刑も軽すぎるとおもうことが多いが
こと国籍に関しては厳格にやってほしい。
コメントする
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
コメント
日本を守る。
2008.12.19.04:50
今回の改正国籍法は、大問題です。何故、こんな改悪法案が通過するんでしょうか?

国籍法を改正するなとは言いません。でも、最低限の制約は必要です。

DNA鑑定は義務付ける必要があります。父親の写真を出来るだけ提出とか、口頭調査を出来るだけ行う。こんなの、何の効果もありません。

写真は加工可能だし、口頭調査だった、予め対策を行っておいたら、何の効果も無い。

丸山議員、是非とも、この改悪法案を真の改正国籍法にもっていってください。そして、偽装懲罰も厳しいものにしてください。

期待しております。
おつかれさまでした
2008.12.16.21:35
いまごろごめんなさい。
丸山議員、おつかれさまです。
国籍法について頑張ってくださって嬉しいです。
自分もいまのザル法案に大反対している一人です。
乗っ取られる乗っ取られないは別としても、
こんなに大事な法案を下記リンク先の動画ように乱暴な手段で成立させようとしている一部議院に、強い不信感を持ちました。

http://jp.youtube.com/watch?v=DebpqpFsdsQ

音声が止まっている間、付帯決議に関することを
言おうとなさったんでしょうか?
意見を述べようとしただけで速記と音声を止めるとは、
随分おかしな会議ですね。

しかも意見を言おうとしているのに
「反対意見もないようですので…」
とは一体どういうことでしょうか…。

一体何があったのですか?
そしてなぜこうしたおかしなことが
一切マスコミで報道されないのでしょうか。
cr
2008.12.12.03:01
丸山さん、日本を守ってください!!
自分たちは出来る限りのことをやります。
2008.12.10.21:35
国籍法は確かに今のままですと偽装という観点から危ないですよね。でも母親が外国人の場合だけDNA鑑定だと差別につながるんでしょうか?難しい問題ですよね。
吉野
2008.12.10.02:19
一部(だと信じたい)反対派を「情報に騙されている人達」と呼ぶのは別に間違っていないと思いますよ。2chでのコピペやら、ある偏った情報のみを鵜呑みにして、「日本が乗っ取られる」等現実味の全く無い主張をするのは真面目に反対してる人達からも迷惑でしょう。
ネットの利点は様々な情報を取得できることにあるわけで、反対論・賛成論比較吟味することは容易なはずです。(そしてトンデモ反対論を批判する言論にたどり着くことも容易なはず)にもかかわらず某wikiのみを読み、瑣末な問題を誇大視して危機感を煽り立てる輩はネットリテラシーの無い人間だと批判されて当然だと思いますが。
気がついたんだけれど・・・
2008.12.10.00:40
このコメントらんを見ていると、法案に反対の人と賛成の人とで、その文面に特徴があります。

反対派は、危機意識からするのでしょうが、比較的、感情先行の論理を展開しているような気がします。
しかしながら、法案に対する一応の意見というものがある点において、日本国民たる責任意識はみて感じ取れます。

賛成派は、賛成している自分に酔っている感じがします。
何故か、反対派に対し『下衆』『情報に騙されている人達』などのような罵詈雑言を投げかけて、「俺は君達とは違う人間だから」的な差別意識に基づいたコメントをしているような気がしてなりません。



国民がこの法案に対し、意見を分かつ事は当然予定されている事柄であると言えます。
この国は対立する意見に対し、誰しもが自己の立場に基づいた意見を主張し、それに対する冷静な反駁を受けることができるとされています。
なので、自分と異なる意見を持つものに対しある種の『上から目線』で小ばかにするような発言や感情に支配されたような非論理的な言動は慎むべきではないかと思います。
2008.12.09.17:15
国籍法改悪の次は生活保護法の改正                                                            独自の生活保護法改正案まとめる〜日弁連
 北九州市で生活保護の申請を拒否された男性が餓死した事件など、現行の生活保護法の問題点が指摘される中で、日本弁護士連合会(日弁連)は独自の生活保護法改正案をまとめた。

 改正案では、制度の利用条件を広げることや、生活保護を受ける権利を一層明確にすることなどが盛り込まれている。

 日弁連は、国会に立法化を働きかけていく方針。 (12/03 02:11)
「生活保護法改正の趣旨 」
1条 外国人も適用対象とする(9ページ)                                                       国籍法改正で大事な国籍を認知だけで外国人にあげて、今度は国民の権利である生活保護まで外国人に払ってあげようとしている国は世界中で日本だけですね。
純粋あっさりグレープフルーツ
2008.12.09.13:19
先生のような御方が日本にいらっしゃることに感謝いたします
2008.12.09.11:11
飽きられた人や絶望した人は上のURLのyoutube動画を見たらどうだ?
ちゃんと丸山さんは意見出したじゃないか それなのに情報規制に騙されちゃって(´д`)ハァ〜
日本国民
2008.12.08.14:00
丸山先生。
応援しています。
嘆かわしいことですが
2008.12.07.11:03
このコメント欄にも、国籍法『改悪』派の工作活動が多々見られますね。
下衆な輩の意見誘導・煽り、にコメントをつけている方も
丸山先生も負けないでいただきた。
奈良県民
2008.12.06.21:56
国籍法改正案に反対した議員の中に丸山議員の名前がありませんでした。残念です。

党議拘束はあると思うし、立場上どうしてもできなかったのでしょうけども、大阪府知事になった橋下氏はがんばっていますよ。彼を見習って頂きたい。国民は支持した人よりも反対した人に目を向けています。
埼玉県民
2008.12.05.23:26
今回の参議院本会議では、
自民党の党議拘束がかかっていました。
採決を棄権した議員ですら、
処分が検討されている現状です。
私は、賛成議員を非難するより、
反対を表明している議員を応援する(守る)方が、
よほど前向きに思えます。

丸山先生、日本をお守り下さい。
たかこ
2008.12.05.22:42
法務委員会みました。丸山さん、あの空気でよく声を上げてくださいました。丸山さんのあの行動は無駄ではありません。

あの言論弾圧の存在を、国民の前に暴き出したのですから。

あれこそが、今日本を本当に守ろうとしてる議員達を縛っている元凶のように思いました。

今、ここで声を上げてくださる議員が自民党から消える事はやはり望ましいとは思えません。相手の思う壺にもなりかねません。

今は思い通り動けない苦しい状況かもしれませんが、先生の力を発揮できるチャンスは必ずあると信じています。
国民が他力本願的に胡座をかいていては先生達が動けないのも無理はありません。
今は国民にも、そういった”本物”の議員を後押しができる世論を作る努力が必要だと感じます。これからも今法案のような戦いがあると思いますが、丸山先生を応援します。
福岡から
2008.12.05.19:09
法務委員会を拝見いたしました。


正直目を疑いました。ここは日本なのかと・・・

動画として証拠も残っています。どなたかは分かりませんが速記中の会話の動画もあります。これらを元になにか行動は起こせないものでしょうか?正直この一連の流れには不満しか感じる事ができません。
エディー
2008.12.05.18:33
丸山さん
自分達には見えないところで、日々国家国民のために活動されていると信じておりますが、昨日の法務委員会の件、この展開は本当に日本国で行われているものでしょうか?
マスメディアを含めた影の組織に侵略されていっているようにしか思えません。
丸山さん
何とか一般のマスメディアにしか精通しない国民に対してもわかるように行動して頂けないでしょうか?
政治家として、国家国民のために戦って頂けないでしょうか?
命がけなのかもわかりません。
ただ多くの国民が必ず支持するのは間違いありません。
日本のために立ち上がって下さい。
waka
2008.12.05.16:52
どうして、賛成したのですか?圧力ですか?

賛成した事実は変わりません。
「所詮丸山も日本の将来を本気では考えてないんだな」と大多数の日本人は思ってしまいますよ。

残念です。
あやさん
2008.12.05.14:28
丸山さん

私も昨日の法務委員会を見させていただきました。
本当にひどい言論弾圧ですね。

厳格にという丸山議員の40分にもわたる質問に対して、
まったく放送されなかったことに対してこの国に疑問を持ちました。

もしよかったら、具体的名答弁のやりとりをどこかに載せておいてもらえませんか。
sd
2008.12.05.11:30
完全に言論弾圧ですね・・

動画で見ました

がんばってもらいたかったですか・・・

お疲れ様でした
千葉市民
2008.12.05.02:38
法務委員会を拝見させていただきました。
丸山先生の発言が消された瞬間、あれは何処の国で行われたものなのかと目を疑いました。
日本は何処へ向かっているのでしょうか?

漢字の読み間違えを批判することは出来ても、
日本国籍取得に関する法案の批判は出来ないのでしょうか?

先生は私たちのような名も無き国民の声を代弁してくれる存在であると信じております。
先生の声ならば、如何なる封殺にも負けず日本国中に響き渡ると信じております。
これからの日本の為に、この法案の成立過程と問題点を、これを知らない国民に伝えて下さい。お願いします。
でり
2008.12.05.02:16
参議院法務委員会を見させていただきました。

明らかな言論弾圧じゃないですか!

民主主義の名の下に

こんな政治が行われていいんですか?

経済不安なんかよりも

国会議員の方が不安です
吉野
2008.12.05.02:12
お疲れ様でした。運用面の指摘をすることは非常に重要だと思います。個人的には全然問題の無い法律だとは思うのですがw
入管業務については「鬼」「血も涙も無い」と形容されるくらいですからね。
とりあえず、この期に及んで某まとめwikiの内容を信じ込んで反対してる連中は相手にしても時間の無駄なんじゃないでしょうか。デマの訂正にはデマを流すより数十倍の労力がかかりますし。
小市民
2008.12.05.01:38
日本は法の支配を採用しているのではないのですか。

適正手続の保障はどこにいったのですか。

なぜ国家の基礎に関わる重要な法案であるにも関わらず、国民に公開された形での十分な審議が行われないのですか。

この法案は、様々な人が指摘しているように、日本国と日本国民とに少なからず不利益を与えます。
もちろん、法案によって利益を享受できる人々もいるのだから法案が国会に提出されたのでしょう。
しかし、はたしてその利益を享受できる人々はこの国家にいかほど存在するのでしょうか。大多数の日本国民が受ける不利益の部分はどのように解決されるのでしょうか。

結局、法案が成立すれば、あとは全て『法律があるから』でその不利益は見逃されることになるのではないでしょうか。

この法案の成立過程をみると、この国はまるで形式的法治主義国家のようです。

『悪法も法である』

私たち日本国民は、この言葉がいまほど切実に感じられることはこの先それほどないと思います。


しかしながら、法案が可決されてしまった以上は、今後、この法案によって惹起される様々な問題と、その問題に付随した形で行われる裁判のなかで、裁判所の良識ある司法判断を待ちたいと思います。

もうこの国家の行政府・立法府には期待が出来ませんから。

とにかく私は、政治の名のもとに行われる、立法府とその構成員たる議員の方々の横暴を決して認める事はできません。


お願い申し上げます
2008.12.05.01:13
参院法務委員会を拝見しました。
もはやこの国の民主主義は地に落ちたと感じました。
ですが、これは彼らを選んでしまった我々国民の自業自得なのかもしれません。
先生には、ぜひ公の場でこのように腐敗した民主主義の事や、今回の国籍法の事を国民に伝えてほしいと思います。
マスコミが国籍法に関して沈黙を守っているおかげで、今回の国籍法を良く知らない国民が大勢います。

このような重大な法案が国民に知られずに可決されると言うのは大変問題であります。賛成・反対を決める以前の問題です。
また今回の委員会のような出来事は国民に知られるべきことであるはずです。
発言力のある先生の声ならば、必ずや国民の元に届くと確信しております。ぜひともお願い申し上げます。
北海道札幌市在住,高校3年
2008.12.05.01:09
なぜ議員たちはこの法案に納得してるのか、わかりません。
「出来る限り」、「勤める」、「的確に」、「DNA鑑定を検討する」これでは具体的な方法に全くなっていません。要するに調査担当が十分だと思ったら簡単に通るし、細かい証明も必要ない。
なぜ、DNA鑑定を確定にしないのでしょうか、テレビの外国人の被害者をアピールし、国籍をくれという様はあからさまな作為を感じてやみません。
非常にがっかりです。
このような弾圧とも取れるような討論があるでしょうか。
発言の事前申請がなかったとは本当でしょうか?だとしても、委員長が「どうぞ」と言った後。
「速記止めてください」とは何ですか?
意見を言っていいのか悪いのかわかりません。
このままでは大変なことになります。
---あるブログによるコメントにより抜粋---
「近年台湾では日本以上に、中国人の流入問題で大変だ。深刻なのは偽装結婚だけではない。社会で中国人の子供たちも増え始めている。いつかは敵の中国に忠誠心を抱く偽台湾人だ。でも人権問題があるから、この流れは止められない。そこに中国政府の台湾併呑の陰謀が働いていないわけがない。大勢の台湾人が心配している」
---------------------------
こういった事実問題、犯罪を無視してはいけない。私は強くそれを感じました。
どうかこれからはテレビ等の嘘の報道が横行してるこの社会においては、ネット上や、警察や、事実性の深い資料から多くの意見を取り入れ、国民を守り、国民の意見を尊重する曖昧ではなく明確な法案を期待しています。
スウェーデンから
2008.12.05.01:04
法務委員会で、先生の発言が封じ込められているのをニコニコ動画で見ました。このようなことが行われていることを知り、「怖い」と感じました。はっきり申し上げて異常ではありませんか。
日本の政治・マスコミのあり方に不信感を募らせていたのですが、さらに衝撃的な事実を知りました。

この国籍法改正について、国民新党や一部の議員から慎重な審議が求められていますが、やはり大きな力には勝てないのでしょうか。丸山先生のように、本当に日本のことを考えてくれる政治家を応援したいと思います。

これからも日本国・日本国民のために頑張ってください。
信州そば
2008.12.05.00:25
あの法務委員会での雰囲気の中での御発言は
賞賛に値しますが、最後の賛同挙手をなされた事に
とても深く失望しました。

議員たるもの信条を貫き国民の立場に立つのが筋なのでは
ないのでしょうか?

しかし議長や千葉景子氏などの輩は
国民から支持される「議員」としての風上にも置けない!!

一力の無い私の様な国民の声を届けてくれるのは
議員の先生方だけなのです。
これからの先生のご活動に期待しています。
日本と日本国民の為に頑張ってください。
国籍法について
2008.12.05.00:08
いやはや恐れ入りましたよ参院法務委員会の様子には
民主主義など完全無視。

あの音声が途切れた場面は音量を上げればわずかですが聞き取れます
丸山先生は確かに指摘を申し上げていましたがある女性議員が「座れ!」と一喝
他の民主党議員も「何やってるんだ自民党は」「委員長しっかりしてくださいよ」
正直あそこまであからさまな場面を見るとは思っていなかった。

日本という国もここまで落ちたのかという感じです
pino
2008.12.04.23:24
参院法務委員会の様子を拝見しました。丸山先生の発言が制止され音声も途切れるという異様な光景に、これが日本の政治の現実なのかと大変ショックを受けました。

是非、このブログの場ででも、先生が発言しようとしたことは何だったのか、あの法務委員会は本当はどんな状態だったのか、本当に「全会一致」で可決したのか等、明かしていただきたいと思います。
国籍改悪法反対
2008.12.04.21:56
参議院法務委員会、拝見しました。

あの様子を見るに、討論する気もなく形式的に進めるように前もって決まっているかのようでしたね。

その雰囲気の中意見を述べようとした姿勢は評価したいと思います。

ところで、あの場でどのような意見を出そうとしたんでしょうか?
はじめて投稿します
2008.12.04.20:16
委員会での発言は速記を止められて・・わからないですが
やりばのない、声を聞いて、行動して下さったと思っております。
ありがとうございます。

DNA鑑定のような科学的な証明と日本での生活を支援する人がいる(保護者)上で日本国籍をあげてほしいですが、国民の声も反映された上できっちんと議論された結果、今回のDNA鑑定なしが通るならそれも仕方がないと思います。

しかし、マスコミの報道を止め、成立するまでできるだけ、内緒に事をすすめ、言論の自由をふさぐような進め方で、法律が決まるのは、日本国民として悲しみしかありません。

丸山先生が声をあげてもらった事がせめてもの救いですが、委員会の採決の仕方をみるかぎり・・・・悲しいです
柿の旨い処
2008.12.04.16:52
法務委員会すべてではありませんが見させていただきました。
あそこで行われたのは果たして民主主義でしょうか?

丸山先生はどのような意見を述べようとしたのでしょうか?
議論に議論を重ねてできあがるものが法律であり、そうあるべきものだと思っていますが、少しの意見ですら殺されてしまうような場が国会にあっていいものなのか。
本日の法務委員会にはある種の恐怖に似たものしか感じられませんでした。
sato
2008.12.04.13:46
12月4日の法務委員会を見ました。
丸山先生が挙手して、意見を述べようとしたら
すごい勢いで制止され、座らされ
速記も音声も止められましたね・・・

本当は何て言おうとしていたのでしょう。
あの場の雰囲気を見て、怖くなりました。
みぅ
2008.12.03.18:51
初めまして。
ある動画の法務委員会の中継からこちらのブログに来させて頂きました。
今回の「国籍法改正」ですが、率直に言うと先生が改正法賛成の方向に向いているのが非常に残念です。
恐らくこのままこの法律が成立後は国はおろか、三権分立すら崩壊(元のフィリピン人母と日本人父の違憲判決からもう崩壊しているかその寸前だと今回の中継を見て思いました)、そして最後の末には日本人の伝統・歴史諸々、私たち日本国民と日本人の子孫が作り出してきたもの全てが崩壊する恐れがあると私は思っております。
窓口できちんとやれば日本籍がもらえるとか、そんな容易な判断では「闇ビジネス」「売春」は一気に加速するでしょう。
例え、窓口でしっかりと取り押さえてても法の網を突破できる方法などいくらでもありますしね。

今後ともこの法案の末路を冷静な目で見ていこうとも思っておりますし、先生のご活躍も期待しつつ。
そして少々誹謗中傷気味になってしまったのをお許しください。
それでは失礼致します。
のし
2008.12.03.02:50
擁護のコメントが必死すぎて引く。
答弁の内容が「厳しい指摘」だったかどうかなんて個人の主観。
「厳しい」と感じる人もいれば「まだまだ」と感じる人がいるのも当たり前。
まだまだと答えた人が多かったというのは、逆に言えばそれだけ活躍に期待した人が多かったということ。
その辺を丸山議員にはよく考えてもらいたい。

最後に一つ。
日本語が理解できない人だの馬鹿連中だの、節度無いのはどっちだよ。
国民第一
2008.12.02.20:10
国籍法を心配するんですけど
反対はしないんですね
まあ次の投票で賛成・反対どちらに投ずるかで
貴方の真意がわかるのでいいですけど

田中議員のほうが問題視されていましたけど
先生にはガッカリです。
ココア
2008.12.01.13:19
先生 議員なんか、もうやめよう。
このバカ連中たちのために苦労しても,理解してもらえないから。時間と精力の無駄つかい!!!
Ray
2008.11.30.15:13
参議院 法務委員会の動画を見ました。

ブログの内容と全く同じ発言内容でした。

先生は、偽装届けの危険を問題視し、

徹底した審査と罰則の運用を、と畳み掛けるように強調されてました。

否定なさる方のために具体的に書きますと、


指名されて質疑開始から13分後くらいから。


日本語を理解できる方ならおわかりかと思いますが。

私にとって充分厳しい指摘にうつりましたが。

これを厳しくない、と受け止める方とは???

思い入れが強すぎるのでしょうか・・・・・

それにしても論理の展開の仕方が短絡的すぎやしませんか?

脅迫めいていたり、人を貶めるような表現の書き込みは、
同じ「日本人」として悲しいです。

私は国籍法改正について、このブログを見て初めて知った初心者です。

せっかく関心を持ち始めたのに、

改正反対を訴える方たちが、
このような心ないコメントを寄せる「日本人」とは・・・。

そういう「日本人」で封じ込められた将来の日本に不安を感じざるを得ません。

冷静な方の書き込みはよく伝わります。
納得もします。

マスコミでほとんど報じられていない以上、

初心者はこういったブログに注目しますので、

どうか節度のある書き込みをお願いいたします。
国籍法断固反対
2008.11.30.11:35
法務委員会の動画を見ました。
あの程度の内容を「厳しい指摘」と自賛するなら所詮タレント議員と思われても仕方ないと思います。
丸山議員が思っている以上に、国籍法への関心は高いのです。
もっと真剣に取り組んでください。
ゲスト
2008.11.30.10:58
はじめまして。

丸山さんに1つ言っておきますが、ご自分のブログで
いかにも「国籍法は問題だとちゃんとアピールしました!」みたいな文章を載せていても、今の時代はネットで動画が見られますから、
それであなたの姿勢がブログの書き込みどおり真意だったかどうかが判断できます。

わかりますよね?


今回の出来事で、次あなたを支持するか否かを考える人が
たくさん出てきますので。

ゲスト
2008.11.30.10:15
審議会では持ち時間フルに使って法務省のご機嫌取りに全力を尽くしていた感じでしたね。本当にお疲れ様でした。

>私の一番の心配は本当に改正法で
>偽装届けが防止できるのかということだ。
「心配」とはひどく他人事な。(笑)
「心配」はするけど「反対」はしないわけですね。
その表現はちょっと・・・
2008.11.30.09:30
虚偽報告って、ちょっとそれはないのでは・・
先生の法務委員会での質問、ちゃんとはしょらずに
ご覧になってますか。 動画のサイトでもう一度きちんと
見ていただきたいです。
虚偽って、そう簡単に使える言葉じゃないですよ特に
こういう場面では。

それから、他の方々にも言いたいですけど
こういう問題に於いて人情と法律は関係ないと思います。
法律に人情が入ったほうがよっぽど問題だし怖いですよ。
先生が言うところの人情っていうのはそういう意味ではないです。
クッキーモンスター
2008.11.30.06:36
先生を信じ、請願書を送信させていただいた者です。

先生は某テレビ番組では「人情派弁護士」と紹介されており、実際にそのような印象を持っていました。
また自民党は本法案の危険性に気付き、たくさんの議員が動いているという情報を得ていたので、先生にも期待しておりました。
しかし、見事に裏切られてしまいました。
さらに虚偽報告としか思えない今回のブログの内容・・・。

もちろん今後は充分に抗議してくださるとは思いますが、一度失った信用を取り戻すことは容易ではありませんよ。
参議院で
2008.11.30.00:09

丸山さん、貴方が賛成・反対どちらに投ずるか、

じっくり見させていただきます。

それで ”全て” を判断致したいと思います。
自分の目で確かめよう
2008.11.29.22:48
この記事で書かれていることが、信じるに値するかどうかは
「参議院インターネット審議中継」の11/27の法務委員会を
見てみましょう。
いな
2008.11.29.22:43
私も法務委員会の中継見てました。
本当にがっかりしました。
なのにブログで中継の時の発言と全く違うコメントをされていて、
さらにがっかりしました。
法曹界におられるんですよね?
ご自分の良心に恥じることはないのでしょうか。
本当にがっかりしました。
一国民
2008.11.29.22:38
丸山先生、ほかのコメントにもありますが、とても厳しい指摘をなさったとは思えません。
「法に魂を」、「政治に魂を」はウソなんですか?
今こそ正しい魂をぶち込んでくださる政治家が必要です。
Lupin
2008.11.29.22:21
この前の明治大学での講演を聞きに行きました。
丸山さんはあまり悩まなそうに見えたので、色々悩みもあったんだなと意外に思いました。
そして、自分も夢に向かって挑戦していきたいと思います。
ホントに聞きにいってよかったです!
お仕事がんばってください!
がっかりです
2008.11.29.21:05
わたしも中継をみておりましたが、残念でした。先生は国民の味方だと思っていたのに…
うそつき
2008.11.29.19:53
法務委員会のネット中継、午前の部も午後の部も拝見しましたが、先生はなんら有益な反対意見もおっしゃっていませんでした。本当にがっかりです。奥様のお国の方を日本に招き入れたいのでしょうね。日本人の為の活動はしていただけないようですね。
鴨葱
2008.11.29.19:40
11月27日の法務委員会拝見しました。
しかし、先生、私は先生が法務委員会でいつ厳しい指摘をしたのかがわかりません。
先生がどんな厳しい指摘をされたのか教えてください。
丸山さんのファンでしたが
2008.11.29.19:32
あなたを信じた自分が馬鹿でした。
国民の声をシカト。


二度と投票しない!!

日本国民を中国に売った裏切り者!
お願いしたいです。
2008.11.29.19:30
確かに、これってとても難しくて深刻な問題ですよね。
条件とか罰則についてはきちんと決めてもらわないといけない。
でもね、あんまり独善的なご意見が多いのにはちょっと
いかがなものかなあと思うんですよ。

そこまでたくさんの具体的なご意見のある方は、残念ながら
今はチョット間に合いませんけど国会議員に立候補されたら
いかがでしょうね。 何故、ご自分の私見に、丸山先生が
そのと〜〜〜りに従ってくださるって単純に
思えるんでしょうか。そうじゃなきゃ困る、
そうじゃなきゃ攻撃する、どうしてそうなってしまうんでしょう。
そんなはず、ないじゃないですか。どうして自分が世の中の
正義の代表だと思えるのか・・・不思議に感じますね。
もうちょっと分をわきまえるということが大切なのではないかと
思うのですが。 第一、他人に何かお願いするときには
基本的な礼儀をわきまえたほうがいいですよ。
そんなことも出来ない人の意見には周囲もついて行きにくいです。
このうそつき!
2008.11.29.19:28
法務委員会見ましたが、ブログでおっしゃっていることとは正反対の態度でしたね。がっかりです。きっと奥様のご親戚が何百人も日本国籍を取れるよう努力されているのですね。
法務委員会を拝見しました。
2008.11.29.17:37
法務委員会を拝見しましたが、先生が仰るような「厳しい指摘」とはどの部分の事でしょうか?さっぱり、分かりません。法務委員会を拝見する限り先生は、賛成派だと思いました。先生の「厳しい指摘」を唯一されていたのは、田中先生だけではないでしょうか。正直、先生にはがっかりさせられました。国会議員を、遊びでされては迷惑です。
日本国民
2008.11.29.17:23
>昨日は法務委員会で党を代表して厳しい指摘を
>40分にわたり展開した。

丸山さん、日本人はですね、悪い事をしたと思ったら
まず非を認め、そして改善していくんですよ。
あなたのような日本人かどうかすら怪しい質問をあのような重大な場でしたら普通の神経だとこんな言葉はとても出てこないんじゃないんですか?
国民を侮辱するのもいい加減にしてください。


>日本の刑事訴追は甘いし
>検事の求刑も軽すぎるとおもうことが多いが
>こと国籍に関しては厳格にやってほしい。

本当にそう思われてるのでしたら、以下の最低条件は付けてください
1、DNA鑑定を両親、子の3人に自費で義務付ける
2、罰則の強化
3、罰則は審査する機関も当然負う、法務省にも負ってもらいたい
4、母親の国籍は通常手順の帰化によってのみ行う
5、日本語、文化認識、歴史認識等の学力テスト
6、認知した者は扶養義務を負う、よって補助金は必要ない
7、嫡子、非嫡子の相続税は従来通りとする
8、重国籍は日本において認めない
9、国籍を取得した者は通名を廃止する
10、選挙権は10年間犯罪や違反を行っていない者にのみ与える

この10の最低条件をつけ衆議院に差し戻すよう努力してください。
以上をふまえ、「厳格審査と偽装に対しての告発と刑事訴追を断固とした」あなたの今後の活動を拝見させていただきます。
mac
2008.11.29.17:21
丸山先生が罰則の適応の実現性に疑問を呈しておられたのは本当です。
ですが、国民はそのような事は既に十分わかっており、だからこそのDNA鑑定を求めています。

丸山先生のご懸念を国民も十分認識しているからこそ反対しているのに、追求する点が素人よりも甘いと思われたんでしょう。

まるで法案成立は当然の事として、質疑されていらっしゃる。

時間を無駄に消費させたと思われて当然でしょう。
一国民
2008.11.29.16:47
>この間国籍法につき随分検討してきた。
>昨日は法務委員会で党を代表して厳しい指摘を
>40分にわたり展開した。

他にコメントなさってる方もいますが

中継を見る限り、そんな話をしていたように思えません
嘘をついてまでその場を取り繕うような真似はおよしなさい

冷や飯
2008.11.29.16:03
あなたのような弁護士になりたくて、司法試験を志していた者です。先日の委員会での答弁で、あなたが所詮テレビタレントだということを確信しました。もうあなたには期待しません。さようなら
AAA
2008.11.29.12:31
終止へらへらした顔での質疑では内容と共にちっとも厳しさが感じられませんでした。
御自身のブログ内で吼えずに、きちんと公の場(委員会・TV等)で上記の指摘が出来ますか?
タレント議員には本当にうんざりします。
通りすがり
2008.11.29.08:57
ブログをご覧の皆様、 国籍法改正案に対して危惧の念を
抱くのはこれはもう日本国民として当然のことだと思うのですが
一昨日の法務委員会での丸山先生の数々のご質問について
随分と勘違いまたは解釈違いをしている方がいらっしゃるような
気がして シロウトですけど黙っていられなくなりました。

先生の追及は全然手ぬるくもないですしちょっと話の範囲が
広くなってしまったのは法律の専門家ゆえの知識の広さから
来るものです。 私のような者であっても、ちゃんと
聞いてさえいればその趣旨は明らかですよ。それを
時間稼ぎとか・・・そういう曲解の方法もあるとはちょっと
ショックでさえあります。

先生の法務委員会での様子はニコニコ動画などで最初から
最後まで見られますのでどうかもう一度先生のご発言の
内容を確認してから(37分ぶん、きっちり見てくださいね)
書き込んでいただいたらいいんじゃないかと・・・思います。

もちろん、せっかくこのようなブログがあるのですからそれぞれが
意見を書き込むのは構わないと思うんですよ、きっと先生も
いろんな人の考えを知りたいと思ってらっしゃるのでは。
だけど、最初から偏見に満ちていたり、 それどころか先生の
おっしゃった内容をきちんと把握していないとか・・・そういうのは
ナシにしませんか。 北風とお日様というイソップ童話、
ありますよね。 北風の主張は他人の心には届かないんです。
なんとかお日様の路線で行きましょう、問題が重要・深刻で
あるときにこそ。 
行政権
2008.11.29.08:52
> 私の一番の心配は本当に改正法で
> 偽装届けが防止できるのかということだ。

憲法に定められた血縁主義が改正案にはなく、認知だけが国籍を与える条件になっている事については、どう考えますか?
今の改正案のままでは、先生のご心配が解消されても国籍取得が認可制になってしまいます。
運転免許のように行政に支配された日本人で、国民主権と言えますか?
河野太郎先生の第一案では、血縁関係を証明するDNA鑑定が要件に入っていました。
田中康夫先生は参議院で、血縁関係を証明するDNA鑑定を要求しておられました。
法律に明るい丸山先生を選んだ有権者が望んでいる事は、現改正案の不備を指摘し、憲法に沿った法案に修正してくださる事ではないでしょうか。
シロウト
2008.11.29.07:59
丸山先生、ご苦労様です。

> 憲法14条1項は「すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分
又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において差別されない。」と定めており,
この規定は,事柄の性質に即応した合理的な根拠に基づくものでない限り,
法的な差別的取扱いを禁止する趣旨であると解すべきことは,当裁判所の判例とするところである

改正の動機となった最高裁判決文の抜粋です。
日本国民の法の下の平等を規定した日本国憲法14条1項から、
どうしてフィリピン人の子供に「法の下の平等」を適用するのか理解できません。
判事がシロウトでも解る明らかな間違いを犯しても従わなければならないのなら、
法治国家ではなく人治国家という事になりませんか?
法律のプロフェッショナルとしての御意見をお願い致します。
sato
2008.11.29.04:42
窓口で偽装がばれた時、「ダメですよ」で帰すのか。
偽装しようとした時点で、刑事訴追すべきではないか―
という趣旨の丸山先生の指摘は、良かったと思います。
そういうことを企むブローカーにも、厳しい罰を下して欲しいです。

しかし、本当に窓口が偽装を見破れるのか。
今のままでは、窓口に全ての責任を押し付ける法になってしまいます。

私も「失望・がっかり」と書きこんだ一人ですが、
先生の人格を中傷しようとしたわけじゃありません。
知名度の高い丸山先生なら、今後の選挙にしばられずに
鋭い指摘をしてくれる・・・と期待したからです。
今日の記事に書かれたことが本心であるならば、
国籍法がザル法案にならないように、力を尽くして下さい。
どうぞお願いします。
まる
2008.11.29.00:15
誹謗中傷がいけないとかさ、そんなことは分かってるんだよ。
でも、みんなそれだけこの問題には必死なんだ。
自分たちの国が崩壊するかどうかの瀬戸際なんだから。
自主的に活動してるたくさんの人が願いを込めて渡した資料、
それを無下にするような答弁を展開した丸山弁護士。
腹が立つに決まってるじゃないか。
本当に国のことを想っているなら、田中康夫議員ぐらいガツンと言ってくれたハズだ。
なのに、長々と時間使ってあんな不甲斐ないところ見せられたら一言言いたくもなるわ。
国民
2008.11.28.23:39
>昨日は法務委員会で党を代表して厳しい指摘を40分にわたり展開した。

中継ではそんな様子は微塵も映っていませんでしたよ。
国民の声を無視して関係ない答弁を繰り返した挙句、二重国籍まで容認するような姿勢だったじゃないですか。
ウソ書かないで下さい。
ゲスト
2008.11.28.22:00
ここでの意見と国会中継での意見がまったく違うように
感じるのですが、どちらが本心ですか?
厳格にやるべきだと思っておられるなら、国会での質問は
もっと違ったものになったはずです。
しっかりしてください。
それと二重国籍反対です。
断固反対します。
憂愁のシュフ
2008.11.28.19:05
先生、コメントありがとうございます。
反応してくださって嬉しく思います。
昨日の法務委員会で先生は本当にあれこれ多岐にわたって
質問なさり、改正法に関しての懸念を示していらっしゃいました。

それにしても、多くの書き込みに対して先生が反応
なさっていない時には早く反応しなさいと要求し、そして
反応なさったら今度はそれに感謝するどころか非難する、
このような方って一体何を考えているのでしょう。
情けない限りです。 日本にとっての危険分子が
国籍を不正に取得しようと試みるかもしれない外国人だけでは
ないことがよくわかります。
埼玉県民
2008.11.28.18:50
国籍法改正案についてのコメントありがとうございます。
一般市民が、直接国会議員とコンタクトを取れる、貴重な場所を作っていただき、大変感謝しております。

国籍法改正に関して、一番私が不満に思うのは、
国籍と言う、国家の根幹に関わるような法案について、
周知が(いまだに)まったくなされてないという点です。
マスコミでは麻生首相叩きばかりを放映し、最近ではもう殆どテレビは見ないようになってしまう位です。

ですので、お願いしたいのは、
もっと国籍法改正案に関して、慎重に議論していただき、
国民も納得できるような法案になるまで、練り上げてから、
可決しても遅くはないのではないでしょうか。

インターネットは、少なくともテレビよりは民意を反映できる媒体だと思っています。誹謗・中傷もありますが、それには負けずに、一般市民の意見を吸い上げて頂きたくお願いいたします。
2008.11.28.18:48
>こんにちわ。
>忙しそうなところに一般庶民がすいませんね。
>私は丸山さんをテレビで見ても、しっかりと政治活動してると思います!!
>だから頑張って下さい
>応援してます。

よし
2008.11.28.18:26
法務委員会の様子を参議院HPより拝見致しました。
先生の発言からは、上記のような思いが全く伝わってきませんでしたが?
田中康夫氏のほうがよっぽど危機感を持っておられました。

先生にはガッカリです。
ふうん
2008.11.28.17:59
単なる火消しにしか見えん
胎児ですら偽装があったのに見抜けるわけねーだろが
この記事のURL

プロフィール

丸山 和也
丸山 和也 Kazuya Maruyama

1946年兵庫県生まれ。69年早稲田大学法学部卒業、上級職試験合格後法務省を経て、70年に司法試験に合格。75年渡米。ワシントン大学ロースクールに入学し卒業(LLM)、その後ロサンゼルスの法律事務所に3年間勤務。80年に帰国後、弁理士登録を経て特許事務をも扱う。企業間の紛争・交渉等を中心とした国際法務を得意とする他、各種特許紛争および個人の問題も幅広く取り組む。07年、参議院選挙に当選。
現在、「丸山国際法律特許事務所」代表。主な著書に、「正義の判決」(小学館)、「行列のできる丸山法律塾」(小学館)、「丸山法律相談所」(二見書房)、「ビジネスマンが行列する法律相談所」(学研)、「蓮の花は泥沼に咲く」(新紀元社)、「臨終デザイン」明治書院、「だまされる人の共通点」主婦の友インフォスがある。
写真:「生活情報誌読売ファミリー」提供

管理人よりお知らせ

丸山はコメント欄を随時確認しておりますが、それに対する個別回答はできかねますので、ご了承ください。


更新情報をRSSリーダーでチェック!