乳幼児の突発性発疹 原因と症状・治療法

乳幼児の突発性発疹とは

生後6カ月頃(生後1カ月〜2歳頃まで)の乳幼児が、39〜40℃の突然の発熱で突然に発症します。39〜40℃という高熱なのに赤ちゃんはおおむね元気で、高熱が3〜4日続いたあと、一気に37度台くらいまでか平熱まで下がります。また、それと同時か翌日くらいに、腹部から始まって、顔などに赤い発疹が出ます。この発疹が半日くらいの瞬く間に全身に広がります。これが、突発性発疹です。また、突発性発疹は、下痢を伴うことが多々ありますが、普通の風邪と違って、咳や鼻水は伴わないという点が特徴です。
実はこの赤ちゃんの突発性発疹は、ほとんどが1才までにかかるのですが、知らない親御さんも少なくなく、慌てられる方が多いようです。赤ちゃんの初めての発熱がこの病気という症例も少なくないのです。全国的におおむね90%程度の赤ちゃんが、1才未満でかかります。また、この突発性発疹に一度かかると再びかかることはほとんどありませんので安心してください。
では、この乳幼児の突発性発疹の原因と症状・治療法を説明していきましょう。
P R