ガンダムダブルオー 25話 刹那

March 30 [Sun], 2008, 4:03
怒涛の展開! 

正直に言おう!

死ぬほど面白かった!!


弟と二人で見てたんですが、初回は一言喋らずにじっくり鑑賞。
そして直後に二回目を見ました。今度はツッコミするために(笑)
二人で色々な場面になんやかんやと突っ込みながら見てましたです。
やー、やっぱり二人で突っ込みしあったり、笑ったりしながら
見ると超絶面白いなダブルオーはw


通常の三倍くらい感想長いので、注意が必要です↓
================================

すっかりラスボ・悪役化したアレハンドロ。
新世界の、とか言ったら確実に負けますよ〜。
どこかでデスノ拾ってた人みたいに(笑)

「エクシア、刹那・F・セイエイ、目標を駆逐する!」
「その程度でアルヴァトーレに対抗しようなど、片腹痛いわ!」
アルヴァトーレにビーム兵器は効かないんですね。
シールドだけでもやっかいなのに。さすがガンダム(?)

GNアームズとドッキングし、アルヴァトーレを倒そうとする二人。
「ファング!」 しかし、なんとアレハンドロまでファングを。
ニュータイプ何人いるんだダブルオーは…と思ってたら、
「狙い撃つ!」刹那がロックオンの決め台詞を言ってます!
さすがのファングも、次々落されていきます。

「刹那・・・俺たちの存在を・・・」
ラッセさんがー!
いやもう、死ぬと思ってたのであまり悲しくはなかったんですけど、
あああ…やっぱり残念だ。刹那とのタッグが良かったのになあ。
ラッセが死に、怒りの刹那がアルヴァトーレを撃破!
攻撃を受けてる時のアレハンドロの顔がヤバイことになっていましたw


機体を大破し、身をひそめるキュリオス。
世界の答え、この戦いの意味を知るまで死ねないと決意するアレルヤ。
「ならあの女に見せつけてやろうぜ。本物の、超兵って奴をな!」
オールバックにしたハレルヤ(アレルヤ)かこええ!
両目見えるのは初めてですね。二人が力を合わせる展開っていいわ☆
トランザム使ってんのかと思うほど強かった。
近接戦闘ならマイスター1かも。ソーマを圧倒してたし。

超兵対決。ソーマは超兵の能力に思考が追いついていないと言うハレルヤ。
「反射と思考の融合。それこそが、超兵のあるべき姿だ!」
トランザム発動〜! 大破していても、大丈夫なんですね。
ソーマを倒しそうになるも、セルゲイさんに阻まれ、
逆にソーマに落されそうになるハレルヤ。

しかし、セルゲイさんを心配したソーマはハレルヤを追わず。
「中佐がいなくなったら、私はひとりになってしまう…」
この親子関係(ぇ)が、なんか好きです。
無理に考えると、ソーマは自分が“一人でなかったとき”を
知っているのかな、とも取れるんですがこの台詞。

そんなソーマを見たアレルヤ。
「マ、マリー・・・何故、何故君が・・・」
マリーって誰? 
超兵養成時代に会ったことがあるのか(世代的に違うような気がしますが)、
それとも、超兵になる以前にどこかで…?
アレルヤとソーマの関係が気になります。


壊れたアルヴァトーレの中から、何やら金色の機体が。
一瞬リボンズかと思いましたが、アレハンドロさんでした。
あっさりやられてたし、死ぬ瞬間映ってなかったのでもしやと思ってましたが…
まさか内蔵されてるなんて思いもよらなかった。
「そうさ、主役はこのアレハンドロ・コーナーだ!」
なにやら色々言ってましたが、結局アレハンドロさんの真意が良く分からんw
恨みがあったとかそういうのでもなさそう。ただの支配欲ですか。
「塵芥と成り果てろ! エクシア!」ビーム砲がエクシアを襲う…。

でも、エクシアはトランザムで回避して助かっていました。
「見つけた…見つけたぞ世界の歪みを!それが!お前がその元凶だ!」
トランザムでも、GNフィールドに傷を負わせることができません。

「刹那、何故エクシアに実体剣が装備されてるかわかるか?
GNフィールドに対抗するためだ。計画の中には対ガンダム戦も入っているのさ。
もしもの時はお前が切り札になる。任せたぜ、刹那」

ここでロックオンの回想が入るなんて反則だっ・゚・(つД`)・゚・
ほんと、ロックオンはいい役回りだなあ。

「分かっている、ロックオン。俺は戦うことしか出来ない破壊者。だから戦う。
争いを生むものを倒すために!この歪みを破壊する!」

俄然やる気が出たのか、力を増し、アルヴァトーレにかかるエクシア。
実体剣でGNシールドを切り破り、
「武力による戦争根絶、それこそが、ソレスタルビーイング!
ガンダムがそれを成す! 俺とともに!そうだ、俺が!」


「俺達が、ガンダムだ!」
とうとうアレハンドロを倒したー!!
この「俺達が」っての、いいなあ! 勝手にみんなガンダムにされてるけど(笑)
でも、この台詞には何か熱いものを感じた(=w=)b

「アレハンドロ・コーナー。あなたはいい道化でしたよ」
やっぱりリボンズが黒幕ですかw
死ぬ間際にわざわざいやみを言いに来るとか、嫌なやつだなww


アレハンドロをようやく倒し、息があがっている刹那。
しかし、そんなエクシアに迫る機体が。
「会いたかった…会いたかったぞ、ガンダム!!」
ハムさんキタ━━━(゚∀゚)━━━━━!!
思わず、心の中で(ぇ)キターとか言ってしまったw
ずっと待ってましたから(笑)

通信が開き、双方お互いの顔を知ることに。
「貴様は!」
「なんと、あの時の少年か!やはり、私と君は、
運命の赤い糸で結ばれていたようだ・・・そうだ、戦う運命にあった!」

赤い糸wwwやはりハム、最終回でも台詞すごい(笑)

「ようやく理解した・・・君の圧倒的な性能に、私は心奪われた。この気持ち・・・」

「まさしく、だ!!」

愛ww笑いすぎててお腹痛くて死ぬかと思ったwww

「あ、愛ぃ!?」
せっちゃん引いてるしw
真剣な戦闘中に「愛」とか、いきなりんなこと言われたら、驚くしかないww

「だが愛を超越すれば、それは憎しみとなる。
行き過ぎた信仰が、内紛を誘発するように」

「くっ。それが分かっていながら、なぜ戦う!」
「軍人に戦いの意味を問うとは、ナンセンスだな!」
お互い、腕や足、頭部までも切り落しあう二人の戦い。
画面の動きに目が覆いつかないほどで、物凄かったです。
あ、でもフラッグが黒くてよく見えなかったかも^_^;

「貴様は歪んでいる!」
「そうしたのは君だ! ガンダムという存在だ!」
自分が歪んでることを否定しないんですか(笑)

「だから私は君を倒す! 世界などどうでもいい。己の意志で!」
「貴様だって、世界の一部だろうに!
「ならばそれは、世界の声だ!」
「違う! 貴様は自分のエゴを押し通しているだけだ!
貴様のその歪み、この俺が断ち切る!」

「良く言ったガンダム!!」
両機、最後の一撃が突き刺さります。相打ちに見えましたが…。

「ハワード・・・ダリル・・・仇は・・・」
グラハムがーーー! いや、やめてぇーー!
グラハムがいないダブルオーなんて。


「これでやっと逝ける・・・あなたの、元へ。ロックオン…」
太陽炉を取り外し、安心するティエリア。
ちょっとこの台詞聞いてるとロックオンのこと本気で
好きだったのかなあ、とか思っちゃいました。
別に腐女子フィルターとかじゃなくて(笑)、本当にそういう風に見えてしまって。
ただ単に、自分を救ってくれた、自分の存在を受け止めてくれたから、
とかじゃなさそうに見えたんだけど…人間として、好きだったてことなのかな。
ロックオンに会って、謝ってお礼をしたかった、とかも考えられるけど。


右目を負傷したアレルヤ。
「先に逝ってるぜ・・・」
「ハレルヤ…そんな、まさか。ハレルヤ」

ハレルヤがー!
いなくなってしまったんでしょうか…大変厄介な人物ではありましたが、
アレルヤにとっては片割れのような存在だったんだろうなあ。
良く考えれば、ハレルヤを嫌っている風な態度は無かったですしね。


そして、刹那。
マリナに手紙を書いていたんですね。
てっきりアナログなものかと思ってましたが…メール?
どうやって送ったのか激しく気になります。

「マリナ・イスマイール。
あなたがこれを読んでいる時、俺はもうこの世には。
武力による戦争の根絶。ソレスタルビーイングが、
戦うことしか出来ない俺に、戦う意味を教えてくれた。

あの時の、ガンダムのように。

俺は知りたかった。
なぜ、世界はこうも歪んでいるのか。
その歪みは、どこから来ているのか。
なぜ、人には無意識の悪意というものがあるのか。
なぜ、その悪意に気づこうとしないのか。
なぜ、人生すら狂わせる存在があるのか。
なぜ、人は支配し、支配されるのか。
なぜ傷つけあうのか。
なのに何故、人はこうも、生きようとするのか。

俺は、求めていた。
あなたに会えば、答えてくれると考えた。
俺と違う道で、同じものを求めるあなたなら。
人と人がわかりあえる道を。その答えを。
俺は、求め続けていたんだ。ガンダムとともに。ガンダムと…共に」


泣いた。
刹那の行動理由や戦う意義、心があらわれていたように思います。
子どもの頃に人を殺す方法を教えられ、
神の支配を受け、神の教義に囚われてきた刹那。
あのガンダムと出会った時に自分のアイデンティティが壊れた刹那にとって、
戦うことの意味を、同じ立場にあるもの以外から教えて欲しかったんでしょうね。
それで答えが必ず得られると思ってはいなかったでしょうが、
それでも、その夢が見たかった。
その夢が実現する世界が見たかったのかな、と。

矛盾する行動をしながら、その矛盾の中でしか生きられない刹那。
行動する自由も与えられず、それでも信じる道をいこうとするマリナ。

対象のような二人が目指すものは、同じ。
マリナが、刹那が夢見る世界は、真実となったのでしょうか…。



4年後。
沙慈は宇宙で働いているようですね。
復讐の道に走らず、姉の代わりに真相を探る道でもなく、
ルイスとの約束を果たしたんだなあ、と思うと嬉しい。
でも、そのルイスとは2年ほど連絡が取れていないらしく…。
「あの光…あの光は、ガンダム?」
沙慈の視線の先には、太陽炉の粒子の輝きが。
ソレスタルビーイングのしるしですね。


国際連合が地球連邦へ移行。
各国の軍隊は解体、平和維持軍へ。
世界唯一の軍隊…これがイオリアの目指した世界?
(ん?でもリボンズの計画も入ってんのかな)

ってか、立ち並ぶ兵士達の中に、コーラが! コーラがいる!!
何気に大佐の後ろに立ってるし! 生きてるじゃんお前ーーーーー!!!!
先週涙した分を返せ(笑)。いやあここまで死なないとは、
本気で不死身キャラ。二期でも期待してる。


シーリンはマリナの元を去ったようです。
マリナの煮え切らない態度に嫌気を差して…
ってわけでもないでしょうが、どうしてなんでしょう。
頭の切れる侍女は邪魔だ、ということで、誰かが左遷させたのですかね。


リボンズは…?
「はじまるよ。イノベイター。人類の未来がさ」
なんか後ろにリボンズっぽい人がいっぱいいるんですが。量産化か( ̄▽ ̄;)
ちょっとソキウス思い出してしまった。


グラハムさんも生きてます。
おかしな仮面をつけてるように見えるんですが…なにあれアフリカ?
あれ見たら、今までの変仮面が全てまともに見えるんですがww


サーシェスも生きてました。ぐあー。
生きてるとは思ってたけど。うーん^_^;
二期でライルさんや刹那と決戦でしょうか。
あ、ティエリアが敵討ちするって線も有りだな。


そして、ティエリアとルイスが一緒にいるんですが。な、何故!
二人がどこにいるのか分からないですが、偶然一緒になっただけ?
それとも、行動を共にしているのでしょうか。
一応、ルイスの腕は義手にしろなんにしろ付いているようですが…
まさかソレスタルビーイングに入ったわけではないだろうし。
※このティエリア、ティエリア本人じゃないみたいですね。
リジェネ・ジェレッタという女性だとか。うーん、クローン?
リボンズもいっぱいいたから、驚くことじゃないのか。
…でもティエリアが女装したとかだったら良かったのに(殴)
いや、一人称を良く変えていたので、性別のない人間なのかなー、
と思ってたんですよね。それならロックオンへの思い(オイ)とか納得できるし。



ネーナは留美と一緒の模様。
すっかり飼いならされてしまっているようですが…
いったい何がどうなったんだろう。
「お嬢様」とか、前のネーナなら絶対言わないだろうし。


Oガンダム、そしてOOガンダムのお目見え。
誰が乗るのでしょうか…新主人公とか?
エクシアが戻ってきているらしいところを見ると、
刹那は生存していると思うのですが。


Mission Incomplete


ぐああああ。面白かった! 面白かったけど、二期がめっさ気になります。
ぶっちゃけ、来週からのギアスより楽しみすぎる。
いや来週になったらなったで、ギアスをきゅんきゅんしながら
楽しみに見るんでしょうけど(笑)

はじめは、単調なミッションが続いて、正直面白くないと思っていたのですが、
こんなに化けるとは思っていませんでした。
戦闘でのMSの動きはもちろん、戦争根絶の是非を真剣に
投げかけている作品だったと思います。
二期が本当に!楽しみです!!
  • URL:https://yaplog.jp/jupiter-happy/archive/715
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
2008年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ジュピ(管理人)
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ジュピ
読者になる
滋賀県に住むオタク。アニメや小説、漫画、海外ドラマスキー。 ブログでは感想の他に、日常の色々を語ってゆきます。
月別アーカイブ