『LAヴァイス』を読んだ

August 19 [Sun], 2012, 23:48
トマス・ピンチョンの『LAヴァイス』を読んだ。

訳者あとがきで、トマス・ピンチョンなのにフツーに読める小説と書かれている作品である。

ほんとだった。

トマス・ピンチョンなのに、ちゃんと理解できるのである。

復刻!東映まんがまつりストア

コーヒーメーカー特集

いま人気のテレビパソコン特集

ホームページビルダーいろいろ

ロシャスを身にまとう

ストーリーが把握できる。

登場人物が何をしているかが把握できる。

これは画期的である。

何しろ、トマス・ピンチョンのほかの小説は超難解で、何が書いてあるのかさっぱりわからないのである。

ピンチョンも年をとって、読者に歩み寄るようになったのだろうか。

いや、そうではあるまい。

それにしても、ピンチョンの世界が身近に感じられた一瞬ではある。

イヴサンローランの世界

ユニークなデザインの腕時計STORM

本格的英会話ソフト、ロゼッタストーン

デジタルカメラストア

本で学ぶアフィリエイト

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:熟年太郎
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/jukunen8888/index1_0.rdf