カール・ベーム オペラ全集(Karl Böhm - The Complete Opera & Vocal )

June 15 [Fri], 2018, 15:44
オペラなのでCDの場合複数枚。長期間録音可能なBDの場合は1枚ですむところがCDの弱点。音はダイナミックレンジと音像が狭く小さめ。まあ、聴きやすい音ではある。超一流の正統的な独墺系音楽が堪能できそう。
フィガロ役のヘルマンプライは適役だが、歌劇の最初と最後で声の感じが随分と変化。名歌手フィッシャー・ディスカウは高速歌唱のところでは不思議と時々もたつく。わたしは彼の鼻声が気になるタイプだが、ベームが重用しているのでやはりデビュー当時から有望バスバリトンだったのだ。私の場合、音楽表現の陰影にはやや欠けるが、若いころの明るく張りのある声のヘルマンプライ好み。

ベームはベルクやリヒアルト・シュトラウスでは作曲者との親密な関係もあり、手腕を発揮するようだが・・・・
ベトのフィデリオはバーンスタインに耳が慣れているとベームの演奏は、創意工夫のあるところもあるが、まことに物足らない。しかし、モーツアルトの「魔笛」の、第二場の「夜の女王のアリア」などは高速歌唱を要求される歌手の呼吸にあった自然な減速演奏で、さすがベーム。この箇所に関して言えばオットークレンペラー指揮、新人時代のルチアポップの方が上手かな。やはりモーツアルトは「レクイエム」と「魔笛」聴いただけだがいづれもすばらしい名演


収録情報】

カール・ベーム(指揮)

Disc1-2
● ベートーヴェン:歌劇『フィデリオ』全曲
マルッティ・タルヴェラ(バス)
テオ・アダム(バス)
ジェイムズ・キング(テノール)
ギネス・ジョーンズ(ソプラノ)
エディト・マティス(ソプラノ)、他
ライプツィヒ放送合唱団
ドレスデン国立歌劇場合唱団
シュターツカペレ・ドレスデン
録音:1969年(ステレオ)

Disc3
● ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス(1955年)
マリア・シュターダー(ソプラノ)
マリアンナ・ラデフ(メゾ・ソプラノ)
アントン・デルモータ(テノール)
ヨーゼフ・グラインドル(バス)
聖ヘトヴィヒ大聖堂聖歌隊
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1955年(モノラル)

Disc4-5
● ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス(1974年)
マーガレット・プライス(ソプラノ)
クリスタ・ルートヴィヒ(コントラルト)
ヴィエスワフ・オフマン(テノール)
マルッティ・タルヴェラ(バス)
ウィーン国立歌劇場合唱団
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1974年(ステレオ)

Disc6-8
1. ベルク:歌劇『ヴォツェック』全曲
2. ベルク:歌劇『ルル』全曲
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)
ヘルムート・メルヒェルト(テノール)(1)
フリッツ・ヴンダーリヒ(テノール)(1)
ゲルハルト・シュトルツェ(テノール)(1)
イヴリン・リアー(ソプラノ)
パトリシア・ジョンソン(アルト)(2)
Alice Oelke(ソプラノ)(2)
ヨーゼフ・グラインドル(バス)(2)
ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団&合唱団
録音:1965年(1)、1968年(2)(ステレオ)

Disc9
● ヘンデル:歌劇『ジュリアス・シーザー』抜粋
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)
イルムガルト・ゼーフリート(ソプラノ)
ベルリン放送交響楽団
録音:1960年(ステレオ)

Disc10-11
● ハイドン:オラトリオ『四季』
グンドゥラ・ヤノヴィッツ(ソプラノ)
ペーター・シュライアー(テノール)
マルッティ・タルヴェラ(バス)
ウィーン楽友協会合唱団
ウィーン交響楽団
録音:1967年(ステレオ)

Disc12
1. マーラー:亡き子をしのぶ歌
2. マーラー:リュッケルト歌曲集
3. ブラームス:アルト・ラプソディ
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)(1,2)
クリスタ・ルートヴィヒ(コントラルト)(3)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(1,2)
ウィーン楽友協会合唱団(3)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(3)
録音:1963年(1,2)、1976年(3)(ステレオ)

「ショルティ&シカゴ交響楽団/デッカ録音全集(108枚組)」(規格品番:4831375)中の不良品交換

May 24 [Thu], 2018, 19:20

DVD-BOX化した製品”Riccardo Chailly in Leipzig”

May 02 [Wed], 2018, 21:11

Messiaen - TURANGALILA SYMPHONIE

February 07 [Wed], 2018, 19:17
Orchestre Philharmonique de Radio France, Myung-Whun Chung, 2008
Messiaen - TURANGALILA SYMPHONIE

廃盤直前に

January 09 [Tue], 2018, 21:58
ラドルプーのシューマン・グリーグのP協奏曲(伴奏指揮:アンドレプレビン)は名演奏で有名。シューベルトとブラームスのPソナタもいい。バ^バラヘンドリックスの歌曲の伴奏だが、ルプーの伴奏はバーバラヘンドリックスを背景化させるようなやや独りよがり。伴奏になっていない感じ。シモンゴールドベルク翁とのVンソナタでもルプーが一人よがりな演奏。ペライヤとかバレンボイムとのピアノニ重奏もあったから昔は注目株だったのだろう。
ヘンドリックスのドイツ度の発音は活舌が悪く上品さがちょっと・・・・かな〜〜〜。
リビングステレオは無くならないうちに買った途端にタワーレコは廃盤。56番CDは1957年ごろNYで録音された有名なシューマン&ベトのP5重奏曲。演奏はなんとフェスティバル・カルテット;バイオリンにシモン・ゴールドベルク(最近知ったのだが最晩年は日本人のピアニストと結婚したとか)を含む往年の名手たち、この音盤一枚を中古LP(RCA RedSeal )で購入すると状態にもよるが¥15000−20000はするらしい。
骨太でごつい音だが、音響的醍醐味は十分味わえる(音質的には大変良い)。演奏は一世を風靡し、いまではすっかり忘れさられた感じの、当然私の知らない名手たちのばかりだ。

あけましておめでとうございます

December 29 [Fri], 2017, 13:15

今更ですが『バルトーク作品全集』

December 08 [Fri], 2017, 19:25
『バルトーク作品全集』(引用

冊子が2冊、一つは普通のCD番号ごとの収録曲目紹介、今一つはオペラ・歌曲など声楽曲の歌詞集だ。
ゾルタン・コチシュのピアノ演奏はやや機械的過ぎて無味乾燥。録音などはデッカレーベルなので問題なし。バルトークの楽曲にいかに馴染んでいくか、これが一番の難題だ。作曲家としてバルトークは新古典派に入るそうだが、パーヴォ・ヤルビ辺りはストラビンスキ同様まったく新しい領域を開拓した大作曲家だと教育(E)テレビでいっていた。
しかし、シューベルト・シューマン・ボッケリーニ・モーツアルトに比べると個人的にはバルト―クの楽曲を聴いてもあまり心が豊かになることはない。

【曲目】
[CD1]交響曲変ホ長調よりスケルツォ〜ジェルジ・レーヘル(指揮)ブダペスト交響楽団(録音:1970年), 交響詩「コシュート」〜イヴァン・フィッシャー(指揮)ブダペスト祝祭管弦楽団(録音:1997年), 2つの映像〜アンタル・ドラティ(指揮)デトロイト交響楽団(録音:1978年), ルーマニア舞曲〜イヴァン・フィッシャー(指揮)ブダペスト祝祭管弦楽団(録音:1996年), 4つの管弦楽曲〜ピエール・ブーレーズ(指揮)シカゴ交響楽団(録音:1992年)
[CD2]組曲第1番〜アンタル・ドラティ(指揮)デトロイト交響楽団(録音:1976年), 組曲第2番〜アンタル・ドラティ(指揮)ミネアポリス交響楽団(録音:1955年)
[CD3]ルーマニア民俗舞曲〜イヴァン・フィッシャー(指揮)ブダペスト祝祭管弦楽団(録音:1996年), 舞踏組曲, 中国の不思議な役人〜ゲオルク・ショルティ(指揮)シカゴ交響楽団(録音:1981年), トランシルヴァニア舞曲〜イヴァン・フィッシャー(指揮)ブダペスト祝祭管弦楽団(録音:1996年), ハンガリーの風景〜ピエール・ブーレーズ(指揮)シカゴ交響楽団(録音:1993年), ハンガリー農民の歌〜イヴァン・フィッシャー(指揮)ブダペスト祝祭管弦楽団(録音:1996年)

[CD4]ディヴェルティメント〜ゲオルク・ショルティ(指揮)シカゴ交響楽団(録音:1990年), 管弦楽のための協奏曲〜イヴァン・フィッシャー(指揮)ブダペスト祝祭管弦楽団(録音:1997年)
[CD5]ヴァイオリン協奏曲第1番イ長調〜チョン・キョンファ(ヴァイオリン)ゲオルク・ショルティ(指揮)シカゴ交響楽団(録音:1983年), 2つの肖像〜クリストフ・フォン・ドホナーニ(指揮)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(録音:1979年), ヴァイオリン協奏曲第2番〜ヴィクトリア・ムローヴァ(ヴァイオリン)エサ=ペッカ・サロネン(指揮)ロサンゼルス・フィルハーモニック(録音:1997年)
[CD6]ラプソディ第1&2番〜ギル・シャハム(ヴァイオリン)ピエール・ブーレーズ(指揮)シカゴ交響楽団(録音:1998年), 弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽〜イヴァン・フィッシャー(指揮)ブダペスト祝祭管弦楽団(録音:1985年), ヴィオラ協奏曲(シェルイ補筆完成版)〜ユーリ・バシュメット(ヴィオラ)ピエール・ブーレーズ(指揮)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(録音:2004年)
[CD7]スケルツォ, ピアノと管弦楽のためのラプソディ〜ゾルターン・コチシュ(ピアノ)イヴァン・フィッシャー(指揮)ブダペスト祝祭管弦楽団(録音:1985, 1986年), 2台のピアノと打楽器のための協奏曲〜マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)ネルソン・フレイレ(ピアノ)ヤン・ラボルダス(パーカッション)ヤン・パストヤンス(パーカッション)デイヴィッド・ジンマン(指揮)ロイヤル・コンセルトへボウ管弦楽団(録音:1985年)
[CD8]ピアノ協奏曲第1番イ長調, ピアノ協奏曲第2番ト長調. ピアノ協奏曲第3番ホ長調〜ゾルターン・コチシュ(ピアノ)イヴァン・フィッシャー(指揮)ブダペスト祝祭管弦楽団(録音:1984〜1987年)
[CD9]歌劇「青ひげ公の城」(全曲)〜ヴァルター・ベリー(バリトン), クリスタ・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ), 他, イシュトヴァン・ケルテス(指揮)ロンドン交響楽団(録音:1965年)
[CD10]バレエ音楽「木製の王子」, 中国の不思議な役人〜イヴァン・フィッシャー(指揮)ブダペスト祝祭管弦楽団(録音:1996年)
[CD11-12]弦楽四重奏曲全曲(全6曲)〜タカーチ弦楽四重奏団(録音:1996年)
[CD13]ピアノ五重奏曲〜スザンヌ・ブラッドバリー, シルヴェストリ弦楽四重奏団(録音:1996年), 2台のピアノと打楽器のためのソナタ〜マルタ・アルゲリッチ(ピアノ), ネルソン・フレイレ(ピアノ), ペーター・ザードロ(パーカッション), エドガー・ガッジーズ(パーカッション)(録音:1993年)
[CD14]アルバムの一葉(アンダンテ), ヴァイオリン・ソナタ ホ短調〜スザンネ・スタンツェライト(ヴァイオリン)グスターフ・フェニェー(ピアノ)(録音:1995年), シク地方の3つの民謡〜カーッライ・ガボール(リコーダ-) エメシェ・ヴィラーグ(ピアノ)(録音:1998年), ラプソディ第1番〜ヤーノシュ・シュタルケル(チェロ)シェベーク・ジェルジ(ピアノ)(録音:1963年), コントラスツ〜アルヴィド・エンゲゴール(ヴァイオリン) エルマー・シュミット(クラリネット) アンドラーシュ・シフ(ピアノ)(録音:1993年)
[CD15]ヴァイオリン・ソナタ第1番〜リーラ・ジョセフォウィッツ(ヴァイオリン)ジョン・ノヴァチェク(ピアノ)(録音:1997年), ヴァイオリン・ソナタ第2番〜アンネ=ゾフィー・ムター(ヴァイオリン)ランバート・オーキス(ピアノ)(録音:1995年), ラプソディ第1&2番〜レオニダス・カヴァコス(ヴァイオリン)ペーテル・ナジ(ピアノ)(録音:2013年)
[CD16]44のヴァイオリン二重奏曲〜 サラ・ネムタヌ(ヴァイオリン) デボラ・ネムタヌ(ヴァイオリン)(録音:2015年), 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ〜ヴィクトリア・ムローヴァ(ヴァイオリン)(録音:1987年)
[CD17]4つの古いハンガリー民謡の編曲, セーケイの歌, 過ぎ去った時より〜ゾルターン・ヴァーシャールヘイ(指揮)ハンガリー軍男声合唱団(録音:1966年), 2声または3声の合唱曲集〜ミクローシュ・サボー(指揮)ジュール少女合唱団(録音:1983, 1966年)
[CD18]夕暮れ〜アンドレアス・トート(指揮)ホンヴェード・アンサンブル男声合唱団(録音:1998年), 2つのルーマニア民謡〜ラーズロー・ドブジャイ(指揮)エトヴェシュ・ロラーンド大学合唱団(録音:2008年), 4つのスロヴァキア民謡〜ミクローシュ・サボー(指揮)スロヴァキア・フィルハーモニー合唱団(録音:1966年), 5つのスロヴァキア民謡(兵士の歌)〜ゾルターン・ヴァーシャールヘイ(指揮)ハンガリー軍男声合唱団(録音:1966年), 田舎の情景〜イヴァン・フィッシャー(指揮)SLUKスロヴァキア民俗アンサンブル合唱団 ブダペスト祝祭管弦楽団(録音:1997年), 4つのハンガリー民謡〜ミクローシュ・サボー(指揮)スロヴァキア・フィルハーモニー合唱団(録音:1966年), カンタータ・プロファーナ「魔法にかけられた鹿」〜ゲオルク・ショルティ(指揮)ハンガリー放送合唱団 ブダペスト祝祭管弦楽団(録音:1977年), 5つのハンガリー民謡〜ユリア・ハマリ(メゾ・ソプラノ)ヤーノシュ・コバーチュ(指揮)ハンガリー国立管弦楽団(録音:1972年),7つの合唱曲〜アンタル・ドラティ(指揮)リスト音楽大学室内合唱団 ブダペスト交響楽団(録音:1970年)
[CD19]10のハンガリー民謡第1集, 8つのハンガリー民謡〜エステル・コヴァーチ(ソプラノ)アーダーム・フェレギ(ピアノ)(録音:1972年), 10のハンガリー民謡第2集〜テレジア・エルツルム(ソプラノ)ローラント・スジュクス(ピアノ)(録音:1974年), 20のハンガリー民謡〜エリカ・シクレイ(ソプラノ)イシュトヴァーン・ラントシュ(ピアノ)(録音:1979年)

Igor Stravinsky - The Complete Columbia Album Collection [56CD+DVD]

November 12 [Sun], 2017, 13:34

バンベルク交響楽団の70年ともそも入手予定だ。


【曲目】※CD1〜18:モノラル録音、CD19〜56:ステレオ録音
[CD1]バレエ『春の祭典』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)ニューヨーク・フィルハーモニック(録音:1940年4月)+ ストラヴィンスキー、「春の祭典」を語る(録音:1959年12月)
[CD2]バレエ組曲『ペトルーシュカ』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)ニューヨーク・フィルハーモニック(録音:1940年4月)『バレエの情景』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)ニューヨーク・フィルハーモニック(録音:1945年2月)バレエ『妖精のくちづけ』〜「ディヴェルティメント」〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)メキシコ交響楽団(録音:1940年8月&1941年7月)
[CD3]バレエ組曲『火の鳥』[1945年版]〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)ニューヨーク・フィルハーモニック(録音:1946年1月)
[CD4]『詩篇交響曲』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)コロンビア放送交響楽団、コロンビア混声合唱団(録音:1946年12月)『3楽章の交響曲』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)ニューヨーク・フィルハーモニック(録音:1946年1月)
[CD5]『2台のピアノのための協奏曲』『ロシア風スケルツォ』〜ヴィトヤ・ヴロンスキー&ヴィクター・バビン(ピアノ)(録音:1947年5月)R=コルサコフ(ヴィクター・バヒン編):『雪娘〜曲芸師の踊り』『サトコ〜ゆりかごの歌』, ヴィクター・バビン:『ロシアの村』, アレンスキー:『組曲第1番Op.15〜ワルツ』,〜ヴィトヤ・ヴロンスキー&ヴィクター・バビン(ピアノ)(録音:1945年5月)『サーカス・ポルカ』『タンゴ』(ヴィクター・バビン編)〜ヴィトヤ・ヴロンスキー&ヴィクター・バビン(ピアノ)(録音:1945年5月)
[CD6]バレエ『オルフェウス』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)RCAビクター交響楽団(録音:1949年2月)『ミサ曲』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)祝福の秘跡教会合唱団、二重木管四重奏団(録音:1949年2月)
[CD7]『デュオ・コンチェルタンテ』〜ヨーゼフ・シゲティ(ヴァイオリン) イーゴル・ストラヴィンスキー(ピアノ)(録音:1945年10月)ブロッホ:『3つのスケッチ「ユダヤの生活から」』〜ヨーゼフ・シゲティ(ヴァイオリン)アンドール・フォルデス(ピアノ)(録音:1940年6月)『パストラール』〜イーゴル・ストラヴィンスキー指揮 ヨーゼフ・シゲティ(ヴァイオリン)、ミッチー・ミラー(オーボエ)他(録音:1946年2月)
[CD8]バレエ『妖精のくちづけ』〜「ディヴェルティメント」, 『ダンス・コンチェルタント』『ロシア風スケルツォ』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)RCAビクター交響楽団(録音:1947年9月)『ピアノと管楽器のための協奏曲』〜スリマ・ストラヴィンスキー(ピアノ)イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)RCAビクター交響楽団(録音:1950年3月)『主の祈り』『アヴェ・マリア』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)祝福の秘跡教会合唱団(録音:1949年2月)


[CD9]『ミューズを率いるアポロ』『弦楽のための協奏曲ニ長調』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)RCAビクター交響楽団(録音:録音:1950年4月)
[CD10]幻想曲『花火』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)ニューヨーク・フィルハーモニック(録音:1946年1月)『頌歌』『サーカス・ポルカ』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)ニューヨーク・フィルハーモニック(録音:1945年2月)『歌劇「マヴラ」より ロシアの娘の歌』『4つのノルウェーの情緒』〜ヨーゼフ・シゲティ(ヴァイオリン) イーゴル・ストラヴィンスキー(ピアノ)(録音:1946年5月)『エボニー協奏曲』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)ウッディ・ハーマン・オーケストラ(録音:1946年8月)
[CD11]オペラ=オラトリオ『エディプス王』〜ピーター・ピアーズ(テノール/エディプス王)、マルタ・メードル(ソプラノ/イヨカステ)、ハインツ・レーフス(バリトン/クレオン、使者)、ジャン・コクトー(語り)他、イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)ケルン放送交響楽団・合唱団(録音:1951年10月、1952年5月)
[CD12&13]歌劇『放蕩者のなりゆき』〜ノーマン・スコット(バス/トゥルーラヴ)、ヒルデ・ギューデン(ソプラノ/アン),ユージン・コンリー(テノール/トム・レイクウェル)、 マック・ハレル(バリトン/ニック・シャドウ),マーサ・リプトン(メッゾ・ソプラノ/マザーグース)、ブランシェ・シーボム(コントラルト/ババ)他、 イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)メトロポリタン歌劇場管弦楽団・合唱団(録音:1953年3月)
[CD14]バレエ『プルチネッラ』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)クリーヴランド管弦楽団、メアリー・シモンズ(ソプラノ)、グネン・シュニットケ(テノール)、フィリップ・マグレガー(バス)(録音:1952年12月)
[CD15]『交響曲 ハ調』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)クリーヴランド管弦楽団(録音:1952年12月)『カンタータ』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)ニューヨーク・コンサート合唱団ニューヨーク・フィルハーモニック室内アンサンブル、ニューヨーク・コンサート合唱団他(録音:1945年12月)
[CD16]『「兵士の物語」組曲』『管楽八重奏曲』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)室内アンサンブル(録音:1954年1月)『管楽器のための交響曲』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)ケルン放送交響楽団(録音:1958年10月)
[CD17]『ディラン・トーマスの思い出に』『シェイクスピアの3つの歌曲』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)、リチャード・ロビンソン(テノール)、グレイス=リン・マーティン(ソプラノ)他(録音:1954年9月)『七重奏曲』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)デイヴィッド・オッペンハウム(クラリネット)、ラルフ・カークパトリック(ピアノ)、アレクサンダー・シュナイダー(ヴァイオリン)他(録音:1954年1月)『4つのロシアの歌』『バーリモントの2つの詩』『日本の3つの抒情詩』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)マーニ・ニクソン(ソプラノ)、マリリン・ホオン(ソプラノ)他(録音:1955年2月)『子供のための3つのお話』『4つのロシア農民の歌』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)(録音:1955年7月)
[CD18]バレエ『妖精の口づけ』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)クリーヴランド管弦楽団(録音:1955年12月)


[CD19]メロドラマ『ペルセフォーヌ』〜リチャード・ロビンソン(テノール/オイモルペ)、ヴェラ・ゾリーナ(語り/ペルセフォーヌ)、イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)ウェストミンスンスター合唱団、ニューヨーク・フィルハーモニック(録音:1957年1月/ステレオ録音による初発売)
[CD20]バレエ『アゴン』, 『カンティクム・サクルム』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)ロサンジェスル祝祭交響楽団&合唱団(録音:1957年6月)
[CD21]『トレニ』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)コロンビア交響楽団、スコラ・カントールム(録音:1959年5月)
[CD22]バレエ『春の祭典』、『ペトルーシュカ』[1947年版]〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)コロンビア交響楽団(録音:1960年1&2月)
[CD23]『イ調のセレナーデ』『ピアノ・ソナタ』/シェーンベルク:『ピアノ小品Op.33a&33b』『組曲Op.25』〜チャールズ・ローゼン(ピアノ)(録音:1960年12月)
[CD24]『ムーヴメンツ』〜チャールズ・ローゼン(ピアノ)〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)コロンビア交響楽団(録音:1961年2月)『ラウール・デュフィ追悼の二重カノン』〜ロバート・クラフト(指揮)イスラエル・ベイカー(ヴァイオリン), オティス・イグルマン(ヴァイオリン), サンフォード・ションバッハ(ヴィオラ), ジョージ・ナイクルグ(チェロ)(録音:1967年1月)『フュルステンベルクのマックス王子の墓碑銘』〜ロバート・クラフト(指揮)アーサー・グレホーン(フルート), カルマン・ブロフ(クラリネット), ドロシー・レムセン(ハープ)(録音:1964年12月)『管楽八重奏曲』『「兵士の物語」組曲』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)デイヴィッド・オッペンハイム(クラリネット)、イスラエル・ネイカー(ヴァイオリン)他(録音:1961年1月)
[CD25]ジェズアルド:マドリガル『Volig, mia Luce』『O dolorosa gioia』『Ardo per te』『Gagliarda』『Quando ridente』『Dolcissima mia vita』『Recessit pastor』『Che fai meco』『Questa crudele』『Ardita Zanzaretta』『Aestimatus sum』『Canzon Francese del principe』/ジェズアルド(ストラヴィンスキー編):7声のための宗教的歌曲『Illumina Nos』〜ロバート・クラフト(指揮)声楽アンサンブル(録音:1961年1月)ストラヴィンスキー:『ジェズアルド・ディ・ヴェノーサ400年祭のための記念碑』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)コロンビア交響楽団(録音:1960年6月)
[CD26]抒情劇『ナイチンゲール』〜レリ・グリスト(ソプラノ/ナイチンゲール)、マリーナ・ピカッシ(ソプラノ/料理人)、ローレン・ドリスコル(テノール/漁師)、ドナルド・グラム(バリトン/中国の皇帝)他、イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)ワシントン・オペラ協会管弦楽団&合唱団(録音:1960年12月)
[CD27]バレエ『火の鳥』[1910年全曲版]〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)コロンビア交響楽団(録音:1961年1月)
[CD28]『ヴァイオリン協奏曲 ニ長調』〜アイザック・スターン(ヴァイオリン), イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)コロンビア交響楽団(録音:1960年6月)『3楽章の交響曲』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)コロンビア交響楽団(録音:1961年2月)
[CD29]『2台のピアノのための協奏曲』『3つの易しい小品』『5つの易しい小品』『2台のピアノのためのソナタ』〜アーサー・ゴールド&ロバート・フィッツデール(ピアノ)(録音:1961年11〜12月)
[CD30]音楽劇『大洪水』〜リチャード・ロビンソン(テノール/悪魔)、ジョン・リアドン、ロバート・オリヴァー(バリトン/神の声、ノアの息子たち)、ローレンス・ハーヴェイ(語り)他ロバート・クラフト(指揮)コロンビア交響楽団・合唱団(録音:1962年3月)『ミサ曲』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)コロンビア交響楽団木管アンサンブル・合唱団(録音:1960年6月)
[CD31]バレエ『結婚』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)、ミルドレット・アレン(ソプラノ)、レジーナ・サ0ファティ(メッソ・ソプラノ)、サミュエル・バーバー、アーロン・コープランド、ルーカス・フォス、ロジャー・セッションズ(ピアノ)、アメリカン・コンサート合唱団他(録音:1959年12月)『きつね』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)コロンビア室内アンサンブル他(録音:1962年1月&5月)『ラグタイム』〜トニ・コーヴス(チンバロン)、イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)コロンビア室内アンサンブル他(録音:1962年1月&5月)
[CD32]オペラ=オラトリオ『エディプス王』〜ジョージ・シャーリー(テノール/オイディプス王)、シャーリー・ヴァーレット(メッゾ・ソプラノ/イヨカステ)、ドナルド・グラム(バリトン/クレオン)、イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)ワシントン・オペラ協会管弦楽団&合唱団(録音:1961年1月)
[CD33]『詩篇交響曲』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)CBC交響楽団, トロント祝祭合唱団(録音:1963年3月)『交響曲 ハ調』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)CBC交響楽団(録音:1962年12月)
[CD34]バレエ『オルフェウス』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)シカゴ交響楽団(録音:1964年7月)『ミューズを率いるアポロ』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)コロンビア交響楽団(録音:1964年1月)
[CD35]『祝賀前奏曲』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)シカゴ交響楽団(録音:1963年12月)『協奏曲 変ホ長調「ダンバートン・オークス」』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)コロンビア交響楽団のメンバー(録音:1964年3月)『15奏者のための8つのミニチュア』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)CBC交響楽団のメンバー(録音:1962年4月)『管弦楽のための4つのエテュード』『サーカス・ポルカ』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)CBC交響楽団(録音:1962年11月)『小管弦楽組曲第1&2番』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)CBC交響楽団のメンバー(録音:1963年3月)
[CD36]バレエ『カルタ遊び』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)クリーヴランド管弦楽団(録音:1964年3月)チャイコフスキー『バレエ「眠れる森の美女」より 青い鳥のパ・ド・ドゥ』(ストラヴィンスキー編)〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)コロンビア交響楽団(録音:1964年12月)『バレエの情景』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)CBC交響楽団(録音:1963年3月)
[CD37]『星の王』『アンセム「鳩は空気を引き裂いて降りる」』カンタータ『バベル』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)CBC交響楽団, トロント祝祭合唱団(録音:1962年11&4月)『バッハの「高き天よりわれは来れり」によるカノン風変奏曲』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)CBC交響楽団, トロント祝祭合唱団(録音:1963年3月)『説教、物語と祈り』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)CBC交響楽団(録音:1962年4月)
[CD38&39歌劇『放蕩者のなりゆき』〜ドン・ガラード(バリトン/トゥルーラヴ)、ジュディス・ラスキン(ソプラノ/アン)、アレクサンダー・ヤング(テノール/トム・レイクウェル)、ジョン・リアドン(バリトン/ニック・シャドウ)、イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、サドラーズ・ウェルズ歌劇場合唱団(録音:1964年6月)
[CD40]バレエ『妖精のくちづけ』〜イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)コロンビア交響楽団(録音:1965年8月)
[CD41]バーンスタイン:『プレリュード、フーガとリフ』〜ベニー・グッドマン(クラリネット) レナード・バーンスタイン(指揮) コロンビア・ジャズ・コンボ(録音:1963年5月)コープランド:『クラリネット、弦楽、ハープ、ピアノのための協奏曲』〜ベニー・グッドマン(クラリネット) レナード・バーンスタイン(指揮) コロンビア交響楽団(録音:1963年月)ストラヴィンスキー:『エボニー協奏曲』〜ベニー・グッドマン(クラリネット) イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮) コロンビア・ジャズ・アンサンブル(録音:196年月)モートン・グールド:『デリヴェーションズ』〜ベニー・グッドマン(クラリネット)モートン・グールド(指揮) コロンビア・ジャズ・コンボ(録音:1963年4月)
[CD42]バレエ『プルチネッラ』〜イレーネ・ジョーダン(ソプラノ)、ジョージ・シャーリー(テノール)、ドナルド・グラム(バス)、イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)コロンビア交響楽団(録音:1965年8月)
[CD43]メロドラマ『ペルセフォーヌ』〜マイケル・モレーセ(テノール/オイモルペ)、ヴェラ・ゾリーナ(語り/ペルセフォーヌ)、イーゴル・ストラヴィンスキー(指揮)コロンビア交響楽団、グレッグ・スミス・シンガーズ、フォートワース・テキサス少年合唱団(録音:1966年5月)

Lucia Popp -26歳”Voices of Spring” - filmed in

November 02 [Thu], 2017, 20:03
Lucia Popp - Frühlingsstimmenwaltzer (Voices of Spring) - filmed in

『カルロ・マリア・ジュリーニ/モーツァルト:ドン・ジョヴァンニ (Legendary Opera)』

November 01 [Wed], 2017, 18:01
これは素晴らしい!『カルロ・マリア・ジュリーニ/モーツァルト:ドン・ジョヴァンニ (Legendary Opera)』

【曲目】
モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』(全曲)

【演奏】
エーベルハルト・ヴェヒター(ドン・ジョヴァンニ)
ジョーン・サザーランド(ドンナ・アンナ)
ジュゼッペ・タッデイ(レポレッロ)
ゴットロープ・フリック(騎士長)
エリーザベト・シュヴァルツコップ(ドンナ・エルヴィラ)
ルイジ・アルヴァ(ドン・オッターヴィオ)
ピエロ・カップッチッリ(マゼット)
グラツィエラ・シュッティ(ツェルリーナ)

フィルハーモニア合唱団
フィルハーモニア管弦楽団
カルロ・マリア・ジュリーニ(指揮)

【録音】
1959年10〜11月, ロンドン、アビイ・ロード第1スタジオ
2018年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
P R
Yapme!一覧