ラシェリール(白金)

October 19 [Fri], 2007, 3:18
久し振りの更新です。
最近、すっかりmixiばかりを更新していまして、、、、。

今回は知人お薦めの白金のLacherirへ。

お店は、白を基調にした、可憐な装いで、席数は少ないです。

最初にAmuseを頂きました。











まずはブータンノワール!林檎と合わせてサッパリ仕上がってます。ブータンの苦手な方でも頂ける感じ。



次はサーモンをズッキーニで巻いてクレソンソースがかかっており、上にケッパーベリーがあしらってあります。こちらはビジュアル的に一番素敵でした










次に頂いたのは、オマール海老とフォアグラのキャベツ包みトリュフソース。オマールとフォアグラはしっかり入ってました。

そして、みる貝のフラン軽いブイヤベースの泡と共に、、、最近はどこでも見かける泡!でも好きです泡
上にのっている穂紫蘇が見た目にも可愛く、味のアクセントになっていました。
次はマルシェから届いた鮮魚を本日のスタイルで、、、今日は黒むつでした。これは、まあ、普通な感じです。

お肉はシャラン産鴨胸肉のロースト エシャロットを加えた赤ワインソース或いは仔鳩のロースト 秋スタイル 2007のチョイスでした。いつもでしたら、鳩を選ぶのですが、今日はその気分になれず鴨を。
味は奇をてらった物ではありませんが、お肉は柔らかかったです 。

その後フロマージュ(選べたらなお嬉しい)
Avant dessertにはカップの中の一番下にコーヒーのムース、その上にココナッツソースとバジルシードの入ったものを頂きました。バジルシードがプチプチしていました。
そしてdessertにフランボワーズのミルフィーユ ヴァニラアイスクリーム添えを。アイスのバニラビーンズの粒粒がイケテました。個人的には、デザートは華やかさがある方が好きです。

そして、最後にコーヒーと小菓子と言う感じでした。

量的には、一般の女性ですと、まさに丁度良い量です。(私は、まあ、腹八分目)

お店も白ですっきりしながらも可憐、料理も小さく、チョコチョコと。AmuseからAvant dessertまで出てきて、、、、1万円以内でそこそこにきちんとした物が出る!女性がかなり好みそうな感じで、リーズナブルだと思いました。

ハーブ&おいしい野菜塾

August 19 [Sun], 2007, 1:18
最近、野菜料理が流行ですよね
一昨年、パリで食べた三ツ星レストランの野菜のフルコースが忘れられません。、、、、、、、、、という事で、先日、代診で行った先で、シッターさんとのお約束まで時間があったのと、その近くという事で、伺ってみたかった野菜レストランの一つに行ってきました。

場所は西台という高島平近くの余り行くことの無い場所で、ちょっと分かりにくいですが、近くに看板があります。

お店は農園を前にしたテラス席は気持ち良さそうで、意外にカジュアルです。ですので、子連れでも行けそう(実際、赤ちゃん連れがお食事されていました)。
その奥、キッチン近くにカウンター風の席もあるので、一人でも入れる感じです。

頼んだのはスペシャルランチです。
野菜塾風オードブル、押し麦とオクラのスープ、夏野菜のドライカレー温玉添え、農園フレッシュサラダ、デザート、コーヒー又はハーブティーで1600円


オードブルは小盛りめで、もうちょっと野菜が欲しかったです。















ドライカレーも美味しいのですが(ピリカラで、大人好みのお味。最近、この様な温玉のせた同様のドライカレー多くみかけますね)、カレーの周りの野菜と言えばオクラ、細切りパプリカ、茄子位の物ですし、サラダもレタスにトマト一切れですから、野菜が食べたーいと思ってこちらに伺った私としては若干消化不良気味

最後は里芋団子というデザートでした。
これは、家でも出来そうですよー。という事で、きっとこんな感じで作っているのかな。以下レシピ。面白いので。
里芋を茹でて(ふかして?)皮を剥いた物を黄な粉の上に転がして、少々泡立てた(2分立て位かな)生クリームと一緒に。

実際には、黄な粉がまぶされた里芋がクリームのスープの上に一つのっかっている感じで出されていました(ビジュアル的に撮るような物でなかったので、撮っていません)。

普通に甘くした里芋、、と思うと、ちょっと警戒しますが、確か中国料理でも里芋のデザートを食べたことあったような、、。

まっ、変わった物を自宅でお客様に出したい時には簡単に出来るデザートですね。

お隣で、温野菜ランチを食べている方がいらして、そちらは、美味しそうでした。
聞く所によると、最近王様のブランチと、もう一つのテレビに出たそうで、その温野菜ランチもテレビに出した物らしいです。

ハーブ&おいしい野菜塾 板橋区西台2-12-12  3932-8124

cuisine francaise JJ(東京ミッドタウン)

August 05 [Sun], 2007, 0:01
今日は月一の友人との会で、友人が、六本木の東京ミッドタウンに引越ししたこともありミッドタウン内のcuisine francaise JJに行ってきました。 以前より、ミッドタウン自体は混みあってなく快適でした(それとも、花火だったから人が少なめだったのか) 料理は写真に撮っていませんが、食べたのは、一口のメロンとハムを始めとし、 フォアグラのアイスの様な物をブリオッシュ:こちらは、フォアグラを夏に食べる食べ方としては良かったです。 とうもろこしの冷たいスープ:夏には冷たいスープがいいですよね 魚は、ラングスティンとホタテをサフランソース:とても黄色が濃くて綺麗でした。 肉はシャラン産の鴨:まあ無難なお味。 そしてデザートはワゴンからのチョイスです。 デザートは私はパリブレスト(シュー生地にプラリネの入ったもの)とチェリーのクラフィティー(なぜか、私の中では、チェリーのクラフティーはフランスっぽいイメージなんですよね)、豆乳プリンをジンジャーソースで(これは、ジンジャーの香りが結構しました。上には沢山のバニラビーンズで、ソースはジンジャーだったのですが私はジンジャー味では無い普通の方が良かったです)、、、とトロピカルソルべを頂きました。 ガトーショコラを友人は頼んでましたが、サクサクした部分が口の中で楽しくて美味しかったです 雰囲気は、意外にカジュアル目。 料理の説明も殆ど無く、1回だけあった位でした。 全体的には美味しかったけれど、あのお値段なら、もう一息何か欲しかったかな、、、という感じです。 でも、新しいビルに入っている所はどこもそんな印象。きっとテナント代がお高いのでしょうね。 一番安いディナーで、1万2千円台〜です。

アンティカ・オステリア・デル・ポンテ(丸ビル)

July 09 [Mon], 2007, 0:42
先日、国際弁護士の友人、内科の友人と女同士でアンティカ・オステリア・デル・ポンテへ。 とても久し振りに行きました。 折角来たのだからと、頼んだのは季節のシェフおすすめコース 期待に反し、全体的にコレ!と言う物もなく、、、、、何だかお店の方の対応も今一つ暗め。 元々、コストパフォーマンスは悪かった印象ですが、今回は最もそれを感じてしまいました 最近、外食もままならない為、ガックリ でもでも、平日の夜なのに、いつの間にか満席になり、、、、そしてふと周りを見回してみれば、女同士は私達だけではないですか。 しかも、周囲はカップル、カップル、カップル、、、記念日らしく、あちらこちらで、ローソクが、、、、。 ラブラブモード 今ひとつだったのは、ひがみ根性からでは無かったと思うのですが、、ネ、、。 アンティカ・オステリア・デルポンテ 東京都千代田区丸の内2-4-1丸ビル 36F                         03-5220-4686 アンティカ・オステリア・デル・ポンテ (イタリア料理 / 東京)
★★☆☆☆ 2.0

京寿々(恵比寿)

May 19 [Sat], 2007, 0:45
いつもの4人衆で、恵比寿(住所は広尾)の京寿々に伺いました。
手ごろなお値段で、女性には嬉しい、少ない量でした(私には少なめ)。
味はまあ、普通。
雰囲気は良く、個室あり。
女性同士が集うのには良いです

脂ニ菜(レイカサイ)(六本木ヒルズ)

February 25 [Sun], 2007, 20:33
先日六本木ヒルズのレイ家菜に行ってきました。西太后の日常の食事を再現しているそうで、文化大革命で燃えた数千のレシピのうち、現在は約100種類程再現されたそうです。部屋は3個室のみで、住居棟の方にあるからか静かで、少々分りにくいです。 料理は、最低限の油の使用だそうで、化学調味料も使用していないとの事で、とても優しい味です。 まずは、前菜15品が皿で次々と出てきて、次に主菜6品とスープが出てきました。ふかひれの尾びれではなく背びれしか使っていない濃厚なスープや、蛙の卵膜を使った料理(そう聞くとゲテモノ料理のように聞こえますが、グロテスクな物ではありません)、そしてデザート2品。割合盛り付けも料理もシンプルで、素材の味がする優しい料理でした脂ニ菜(レイカサイ):港区六本木6-12-2 六本木ヒルズ 六本木けやき坂通り  03-5413-9561 

キュイジーヌ[S]ミッシェル・トロワグロ

December 11 [Mon], 2006, 22:53
とても久しぶりにセンチュリーハイアットホテルに行きました。1階にトロワグロが入った、、、と言う事で、女医会の忘年会をしたのです。 お店の雰囲気はスタイリッシュな感じでありながらも木の温かみが感じられました。 アミューズは木のトレーに。手前のクスクスの周りをあられで覆った物が面白かったです。 中央の半熟の鶉を崩して食べるこちらのお皿も可愛らしくて美味しかったです。 ローリエの風味のお魚はじっくり火が通されているため、とても柔らかかったです。ちりめんキャベツと。 お肉料理は盛り付けが綺麗でした。 第二のデザートです。バジルのケーキなので、サッパリ目に仕上がってます。第一はチョコレートのお菓子でした。チョコッチョコッとしたお皿の中の料理のデザインが可愛らしかったです。 最後にプティフールが最初と同じ木のお皿に出てきました。 伺う前は期待したいような、、、、でも、パートナーシップ契約との事で、名前を貸しただけのものかなーと余り期待していませんでした。 が、実際はお上品でお洒落で可愛らしく、しかも美味しかったです全体的に小盛りですが、、、。 お店の雰囲気も肩肘張るほどではないけれども、すっきりしたスタイリッシュな落ち着いた雰囲気です女性やご年配の方には喜ばれそうな量と味ですがっつりいきたい男性には物足りないかも。 それほど知られていないかと思ったのですが、結構お客さんも入っていました。 キュイジーヌ[s]ミッシェル・トロワグロ;センチュリーハイアット1階 3349-0111(代表) 新宿区西新宿2-7-2

松茸づくし

November 24 [Fri], 2006, 16:40
また今年も松茸コースを友人夫婦と行ってきました。写真は後半に出てくる焼き用の松茸。その前に出てくる松茸だけで味が出ている土瓶蒸しも凄い。一体これだけの物をどうやって御主人が調達してくるのか…。ご主人曰く、『今日国産松茸食べている人は他にいないよ。築地も0だったんだから、、、、』と。隠れた凄い店です!都内からわざわざ郊外に行く価値あり。

安芸路酔心(新宿伊勢丹別館地下1)

November 20 [Mon], 2006, 23:09
先日昼に入ってみました。暗かったので写真も暗いです。1200円位で、おばんざい3種類、茶碗蒸し、ぶり照り、ご飯(の上にじゃこ)、貝の味噌汁、お漬物、食後のコーヒーが出てきました。よく、こう言った物を頼むとはじめの3種がとても申し訳無さそうな料理だったり、量だったりしますが、そうでは無く、中々美味しく頂けました(しかもベビーカー連れで)。和楽という方で頂いたのですが、お店はちょっと明かりがおとしてあり、それぞれが、個室風に区切られており、ビルの中の割には中々風情ある感じです。
安芸路酔心 新宿区新宿3-15-17 伊勢丹会館地下1階
TEL:03-3352-8721 

和幸(懐石:目白)

November 16 [Thu], 2006, 23:16
和幸、、、、というと、トンカツ?なんて言われてしまいますが、懐石のお店です。以前から存在は知っていたのですが、今回初めて伺いました。
場所はかなり分りにくい場所に、忽然と和風の家が。大きなお座敷を広々と使え、やはり目白(雑司が谷)の『寛』をもう少し小奇麗にした感じです。
お料理はこんな感じ。


全体的に際立った物はありませんでしたが、右の写真のしめじが立って盛り付けらているのが可愛らしかったです。味付けも濃くないので、身体にいい感じ。


隠れ家っぽいですし、ゆっくりしたい時には、お薦めのお店です。
和幸:東京都豊島区目白2-16-3  TEL:03(3982)2251 
2007年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像JOY
» 図柄 (2008年08月03日)
アイコン画像fumi
» 図柄 (2008年04月17日)
アイコン画像MY FOBORITE FOODS & THINGS
» アンティカ・オステリア・デル・ポンテ(丸ビル) (2007年11月04日)
アイコン画像MY FOBORITE FOODS & THINGS
» アンティカ・オステリア・デル・ポンテ(丸ビル) (2007年11月01日)
アイコン画像JoyJoi→地獄少女様
» 牛乳が楽しく飲めちゃうストロー (2007年08月01日)
アイコン画像地獄少女
» 牛乳が楽しく飲めちゃうストロー (2007年07月31日)
アイコン画像JoyJoi→:オレンジさま
» かいじゅう屋(目白:パン屋) (2007年06月14日)
アイコン画像オレンジ
» かいじゅう屋(目白:パン屋) (2007年06月13日)
アイコン画像JoyJoi→:オレンジさま
» かいじゅう屋(目白:パン屋) (2007年06月12日)
アイコン画像オレンジ
» かいじゅう屋(目白:パン屋) (2007年06月12日)
Google
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:joy-orth
読者になる
Yapme!一覧
読者になる