プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:johsftpgcutqse
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
NTTPC コミュニケーションズ、WebARENA Symphony「仮想環境構築サービス」を開始 / 2010年07月29日(木)
NTTPC コミュニケーションズ(NTTPC)は2010年7月28日、ハウジングサービス「WebARENA Symphony」に、クラウドコンピューティングとして利用できる「仮想環境構築サービス」を追加、販売を開始した。

サービスの特長は、顧客サーバーの集約とサーバーリソースの有効活用による IT コストの削減。ハードウェア障害時にも停止することなく、サービス復旧可能な可用性を最新仮想化技術で実現する。

また、既存 IT システムとの連携や顧客ごとに異なるシステム要件に細かく対応し、ハウジングサービスの顧客ユーザーは、データセンター内のラック間配線で簡単にシステム拡張できる。

さらに、NTTPC のデータセンター内で顧客専用の仮想サーバーを用意するため、情報資産管理もセキュアに実現できる。

監視、保守は24時間365日対応。

初期費用は最小、基本利用構成で34万2,300円(総額)、月額料金は8万5,050円(総額)。専用仮想サーバーの基本 HDD 容量は 900GBから(最大 1.8TB)、基本メモリ容量は 30GB(最大 108GB)。

NTTPC は、1999年の「WebARENA Suite」での Web・Mail システムの仮想化以来、顧客ごとに専用仮想サーバーを用意、導入コンサルティングから利用環境、監視・保守までワンストップで仮想環境構築サービスを提供している。

WebARENA Symphony「仮想環境構築サービス」では、NTTPC のプロバイダーサービス「InfoSphere」や大手プロバイダへの OEM サービスで実績のある高品質なネットワーク、および、セキュアなブロードバンドモバイル接続が可能な VPN(Virtual Private Network)サービス「Master’sONE」を使用する。

また、1997年のサービス開始以来、ポータルサイトや国内有数のコンテンツホルダーが利用している、実績のあり信頼性の高いデータセンターを使用する。

さらにホスティングサービス WebARENA Suite や ISP サーバーの運用、顧客向け大規模システム構築・運用で豊富な実績とノウハウのある同社の仮想化技術により、顧客の利用目的や必要スペックに応じたコンポーネントをパッケージ化して提供する。

導入時の SE サポート、導入試験環境、設計、構築、監視、運用保守をセットにして一元提供するため、導入や運用に際し、顧客側の負荷の少ないのも特徴だ。

【7月29日9時1分配信 japan.internet.com
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100729-00000001-inet-sci
 
   
Posted at 09:24/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!