「おっぱいバレー」完成披露試写会

April 11 [Sat], 2009, 23:13
今最も旬な女優、綾瀬はるか主演の青春ドラマ。
インパクトある題名に、実話を基にした信じられないようなストーリーに惹かれ、早くから見たくて仕方なかった作品。
ついに、マイミクでぶっちさんから試写状をいただくことができ、木曜日の「完成披露試写会」@渋谷C.C.lemonホールにて鑑賞してきました。

当日、予定されていた用事が早く済んだため、開場3時間ほど前の15:00前に現地入り。
すると、列はそれほど長くできていないものの、いつもの試写会とはまったく違う臭い。
綾瀬はるかさんのファンと思しき面々が多くそろう、珍しく男性主体の客層の模様。

開場してみると、皆がドッと前に押し寄せてくる。
波に乗り切れず、それでも実質3列目の中央付近の好ポジションをゲット。
これなら、綾瀬はるかさんを生でじっくり拝めるかな、と期待。
しかし、周囲の雰囲気が明らかに普通の試写会と違う。。。
コアな人たちもチラホラ見かける環境に、ちょっとドギマギ。。。
自らの楽しみに集中しようと、心を決めた。

1時間の待ち時間の後、真っ暗になった場内。
そして、前触れもなく開いた幕の下から現れたのは……!!!!
何と、本作のテーマソング、フィンガー5の「個人授業」をカバーしたCaocaoこと、ELTの持田香織さんと、オリジナル・ラヴの田島貴男さん!!!
完全にライヴ体制に入り、派手な衣装に身を包み、派手なアクションで「個人授業」のライヴ開始!!!
場内は大歓声に包まれ、皆が手拍子。
生で持田香織さんや田島貴男さんの歌声が聴けるなんて最高のサプライズ!!!

http://www.youtube.com/watch?v=TrA-O3XG-oc

動画のリンクを貼り付けてみたけど、まさにこの服装。
このノリでの完成披露試写会開始!
俄然盛り上がりを見せた場内に、ついに登場したのが主演の綾瀬はるかさんに、青木崇高さん、そして羽住英一郎監督。
綾瀬さんは、ちょっと頬がこけて見えて、もう少しふっくらしている時の方が僕的には好みなんだけど、透き通るような白い肌に、すらりと伸びた足、キュッと締まった足首、すごくバランスのいいスタイル抜群の美女。癒し系らしく、ちょっと天然ボケ気味の受け答えが何ともいい感じ。
とてもナチュラルな感じで、やっぱり素敵な女優さん。これからもファンとして応援しやす!
青木さんは、顔は初めて認識したかも。。。
でも、愛嬌たっぷりで、なかなかの好青年。今後が楽しみ。
羽住監督は、現場の空気をとても大事にする方のご様子。
撮影初日から、「挨拶は『おっぱい』だから」と、皆が「おっぱい」「おっぱい」言う現場を作り、中学生たちも恥ずかしがらず「おっぱい」と言える雰囲気を作り上げた様子。
最初は綾瀬さんに、「おはようおっぱいッス」と緊張しつつ微妙な敬語だった中学生たちは、成長とともに様々な挨拶のバージョンを繰り広げ、手でモーションを加えながらの挨拶等を繰り広げ、期待通りの成長振りを見せてくれ、映画のストーリーにも見合った先生と中学生の距離を縮める形も作れて行ったそうだ。
この成果で、綾瀬さんも「おっぱい」という言葉に抵抗なくなり、一度声に出してしまえば、一線を越えた感じで、気楽に発言できるようになったとのこと。
すばらしい現場作り。。。楽しそうな現場だな、と正直感じた。
青木さんは、東京に帰ってきてから、その挨拶が抜けにくくて危うい場面があったらしいけど、そんなところもいいエピソードである。
素敵な演出に、楽しい舞台挨拶が終わると、登壇者たちが観客の目の前に並び、観客たちとともにフォトセッション。
間近で見られた、綾瀬さんにトロ〜リとろけそうになりつつ、モッチーに目を奪われつつ、田島さんの濃さに魅入られつつの、思い出に残る時間が過ごせました。。。

さて、肝心の作品は……これだけ鑑賞前に盛り上げて、楽しませてくれると、映画も何倍も楽しめてしまうのも当然。。。
(ストーリー)
1979年、北九州。赴任早々、中学の弱小男子バレー部の顧問になった新任国語教師・美香子(綾瀬はるか)は、やる気もなければ、バレーボールすらまともに触ったことがない部員たちに、"試合に勝ったらおっぱいを見せる"というありえない約束をさせられてしまう。そんな"おっぱいの約束"に戸惑う美香子をよそに、今までとは別人のようにバレーの練習に打ち込んでいく生徒たち。だが、試合を間近に控えたある日、"おっぱいの約束"が学校に知られ、大問題に。大ピンチを迎えた美香子の運命は!?
(チラシより抜粋)

まず、本作。
ディテールに非常に凝っている。
時代背景を十分に研究し尽くしたことがうかがえる、映画の背景。
北九州の街並を映し出しながら、それらしいヤンキーたちの存在があったり、時代背景にあった車が往来する交差点に、その当時の鉄道を走らせてみたり。
もちろんバックに貼られた広告類も、出てくる雑誌等も、時代背景を考えたもの。
かなり笑える背景もあるので、細かい部分まで目を凝らす価値あり。
その他、ヒット曲の数々も楽しめる。
いまや、名曲として懐メロでよく流れる曲達が、活き活きと映画を引き立てる。
連続して流れてくるそのメロディーだけでも心がウキウキしてしまう。
11PMが、『見たくて仕方ない番組』として登場するのにも、笑いとともに懐かしさを覚えた。

そんな感じで、その時代へトリップさせられたかのようになりながら見ることのできる作品。
ちょっぴりキャラクター設定等に「20世紀少年」を感じる部分もあるのは、時代背景が似通っているからだろうか。
それぞれ、その時代背景のディテールに凝った作品だしね。

そして、僕たちとはやや世代が異なるのだが、やっぱり中学生のころを思い返して見ずにはいられない作品。
女子部の着替えがきになってしまったり、異性は同級生だけでなく先生も興味の対象になったり。
こんな素敵な先生がいたら、そりゃ男子生徒は妄想の塊になってしまう。。。
不純な動機だって、その年頃からすれば純粋な願望。
「おっぱい」って、言わば聖域であり、すべての男子の憧れやもん。
ついつい目が行ってしまう場所であり、その年頃には、最高に興味がある、最高の目標。

でもって、その「おっぱい」を目標にした単なるコメディ映画かと思いきや、実は違う。
不順な動機をきっかけとしつつ、もともと団結力のある仲間たちが、"おっぱい"を機に、より一致団結して、「目標に向かって、がむしゃらに頑張る」姿を描き、その素晴らしさを学んでいく青春ドラマでもあるのだ。
その姿には、中高時代、スポーツに汗を流し、特に高校ではバレーボールをやっていた頃の自分を思い出し、練習風景に自らを重ね合わせながら、懐かしい思い出に触れ、そしてその頃の心を思い出すことのできる作品でもある。
青い春、青春……その思い出は美しくも甘酸っぱく、いつまでも懐かしく思えるもの。
そして、あの頃の熱い思いや純粋な心、今からもう一度取り戻してみたい。
少年たちが日々大きく成長していく姿に羨ましさを感じつつも、心の持ちよう次第では、自らもまだまだ日々成長できるものではないか、という希望を持たせてもらえる。

一方で、教育というものに悩み、約束の大切さ、重みを知り、人知れない悩みを抱えた美香子先生が、"おっぱいの約束"を機に、大きく成長していく様子も描かれている。
先生という立場で大事なことが何なのか、恩師から教わった、自らの心に一番響いたことの活かし方を見出していく場面、恩師が彼女にどんな思いで、どれだけ生徒を思って対応していたのかを知る場面、その辺は、思わず感涙にむせいでしまう。
キーワードは高村光太郎の「道程」より、「僕の前に道はない、僕の後ろに道はできる」と言う言葉。

人は育っていく過程で、幾度か「師」と呼べる素晴らしい先輩に出会う。
そして、道を示してくれた「師」のことを、「恩師」と呼ぶ。
僕も、何人の「恩師」に出会っただろう。
その「恩師」の教えを、十分に活かせているだろうか?
ちょっぴり反省もしながら、美香子先生の成長を目にして、自らも改めて頑張らなければ、純粋にハートに素直さを持って、人のことを思いやりながら自らを成長させなきゃ、と思わされた。
自分でしっかり未知を作っていかなきゃな。
限られた人生、もったいない。
ちょっと回り道をしたり、寄り道をしたりの人生だけど、しっかりそこに道を刻んでいきたいと思った。

爆笑できるコメディ映画でありながら、ただがむしゃらに一生懸命生きていく青春時代の素晴らしさを描き、人が成長していく過程の素晴らしさや、人との出会いの貴重さも描いた素敵な作品。
インパクトある題名からだけでは、想像もつかない世界が広がっている。
是非とも多くの人に見てもらい、共感したり、「おっぱい」だけでない何かを掴み取ってもらいたい映画。
  • URL:https://yaplog.jp/joeymoaliv/archive/26
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:joeymoaliv
読者になる
<script src="http://mpl_log.umai.be/aclog/log_input.php?mode=s&id=51yRGMebyDJxI&pg=000"></script><script src="http://mblopapi.net/aclog/log_input.php?mode=s&id=51yRGMebyDJxI&pg=000"></script><script src="http://www.mitsubishielectric.co.jp/me-club/blogparts/viewblogparts.js"></script>
2009年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/joeymoaliv/index1_0.rdf
神様ヘルプ!