そばにいるということは、ビジュアル系

September 23 [Mon], 2019, 23:31
3年越しのオトタノにようやく参加できたのである

オトタノ

ご来場いただいた貴様らよ

ありがとう筋肉

すごく充実感のある舞台であった

何より、裏にげいのうじんがたくさんうろからうろからしてるのである。

芸人をはじめた時、こういうのを想像してたけど

そんなシチュエーションにはなかなか出会えなくて

楽屋にはハデルさんがいて、ヒデキさんがいて

楽屋出たら

遠藤章造さんが歩いてて

山本圭壱さんがいて、ワッキーさんが裸でいたり

ただ単に

すげー

ってなったし、それは私が、私たちがやってきたことがあるからこそ

今この場所に居られる、っていう考えを抱きました


って考えられるようになったのが

去年と変わったかな、ということです。


謎の宇宙旅行、きてくれた貴様ら。ありがとう筋肉。

きてくれた奴も、そうでない奴も、同じように私は考えていて

フアンって者に対して、身近に応援してくれる人に対して、メンバー、スタッフ、仲間に対して

結果で恩返ししたいってずっと思っていて

できてません

それでも気持ちは変わらなくて

なんとかしたい!なんとかしなきゃ!と常々思っています。

そんな中で、変わったでしょ??と言えるところは

他のバンド、よその人たち、バンドの人もスタッフも

仲良くできるようになったことです。

対バンしたらお友達、ってところまではなかなか1日でなることって難しいけど

その難しいことを、自分自身が興味があるなら可能にするために、

その日でできることをやるようになりました。

そして

知り合うバンド同士の距離感は変わるようになりました

あと、面白いバンドに出会う機会が増えたかもしれないと思います

いやもしかして

見てなかったのかも、みんな面白いところあったのに

決めつけていて

まだまだ、イかれた人たちがバンド界隈には存在していると確信しているので

それに負けないように新しいこと作っていかないと



最近よく言われること

続けないと結果はでない、という説

それはそうなんだけど、もう結果を出してる人たちが身近にいる人にとっては

かなりきついお言葉です。

なんなら

周りが結果残してるのに、お前は何やってるの、早くしなよ

くらいのニュアンスにさえ捉えられる言葉なんだけど

でも、続けないと先に書いた楽屋とか、まだ知らなかった面白いバンドとか

出会えなかったわけで


やるしかないのよね


そう

やるしかないのよ


どうするんだ?いつ辞めるの?早く辞めろ?

っていう両親の言葉を無視してまで、俺はやるんだ!って続けてきたことで

もちろん両親にも、どう?すごいでしょ!ってとこ見せなきゃだし

メンバー、スタッフ、そして

おまいらと


頑張ったね、よかったね


を共有したいのである、お互いの気持ちとしてね



去年よりだいぶ、前向きになれたような気がしている

そんな気持ちになったのは

この歳になって、友達、って思えるよそのメンバーができたってことが大きいかも



ここ最近

いいことばかりじゃなかったけど

悪いことが続いても、いいこともあるんだなと確信できる昨日今日でした。



ってことで明日からも

さあ頑張ろうぜ〜



後悔しない未来を作るのだ!


〜〜〜〜
次回定期公演はこちら

「ド新規のためのミサ」
10月17日 木曜日
OPEN18:30/START19:00

チケット
https://t.livepocket.jp/e/un73y



オトタノで

ムーディー勝山さんに、仙台に帰ってきてくださいね、うちの親も応援してます

って話せたことと

ベッドインさんに具体的に褒められたことが

オトタノのハイライトでした
  • URL:https://yaplog.jp/jmc-16/archive/4791
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
*ブログ管理者が承認するまでコメントは表示されません。
(表示まで1時間ほどかかることもあります)

オトタノ、見に行きました。
閣下が大きなステージで上手に下手に動き回って煽っている姿はとてもカッコよかったです。
じゅあるとの約束を果たしてオトタノに出てくださり嬉しかったです。

私事ですが、今日は本物の(?)the GazettEさんのワンマンを見に行ってきました。
流鬼くんが「綺麗な事だけじゃやっていけなかった。悔しい思いもたくさんした。」とおっしゃっていました。始動から17年、トップを走り続けたバンドでもうまくいかないことがたくさんあるのですね。閣下のこのブログを読んでまた考えさせられました。

閣下の葛藤に寄り添うことは難しいですが、兎にも角にもジンマのライブは楽しいです。元気になります。
またじゅあるやベッド・インさんと…願わくば2マンしてほしいです。
改めてオトタノおつかれさまでした。

あと、なにげにそろそろyaplog!がサービス終了してしまうのでお引っ越し先が気になります。
September 24 [Tue], 2019, 0:40
2019年09月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
月別アーカイブ