Jリーグの「Ole! アルディージャ」120504 3/4 J1第9節・ヴィッセル神戸戦動画

May 05 [Sat], 2012, 10:43
今日はなんとなくすっきりしない一日です。

「サッカー高校」開校延期 右京・元周山小でNPO計画
京都市教育委員会が運動場整備などを支援し、NPO法人が右京区京北の元周山小で準備していたサッカー... 理事長はJリーグなどで指導経験のある上田滋夢さん(46)。...つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、eoに帰属します。)


このへんで、今日の「Ole! アルディージャ」120504 3/4 J1第9節・ヴィッセル神戸戦という動画です。





「サッカー高校」開校延期 右京・元周山小でNPO計画

 京都市教育委員会が運動場整備などを支援し、NPO法人が右京区京北の元周山小で準備していたサッカー主体の通信制高校が、資金の調達難で今年4月開校の予定を延期したことが、4日までに分かった。法人は「3年以内の開校を目指す」としているが、入学予定だった生徒は進路変更を余儀なくされ、地元からは「計画の見通しが甘かったのでは」との声が出ている。
NPO法人は「ASラランジャ」。サッカークラブとして関西社会人リーグに所属し、小中高生のチームもある。理事長はJリーグなどで指導経験のある上田滋夢さん(46)。3年前に「全国初」として、サッカーを柱とした通信制高校を市教委に提案した。市教委は「地域の活性化につながる」と、京北第一小に統合された元周山小の貸与を決めた。
■京都市教委が2700万円投入も 資金難13人入学できず
 計画では、1学年定員25人で、校舎で寮生活を送る。プロ選手や指導者など、サッカー関連の就職を目指す。教育カリキュラムは、三重県伊賀市のウィッツ青山学園高と提携する予定だった。
 市教委は、グラウンド(約2千平方メートル)の整地やネット設置など、総工費2700万円で元周山小を整備。旧校舎活用で設けていた文化財展示室も市京北合同庁舎に移し、受け入れ準備を整えた。
 しかしラランジャによると、スポンサー獲得に難航。生徒寮にする校舎の耐震性確認などの手続きも遅れた。4月開校を断念し、ウィッツとの提携も解消。入学予定だった生徒13人は、別の進路をあっせんしたという。
 市教委は「延期は残念。できるだけ早く開校してほしい」(教育環境整備室)と3年以内に開校する協定を結び、4月から校舎を無償貸与している。ラランジャはすでに京都市東山区から事務所を元周山小に移転。当面サッカー教室などを行う方針で、上田理事長は「皆さんの尽力にもかかわらず申し訳ない。自然豊かな京北で子どもを育む思いは変わらない」としている。
 経緯を知る地元の男性は「法人も、話に乗って税金を使った市教委も、高校開設を安易に考えていなかったか」と疑問を呈する。
(この記事は京都(京都新聞)から引用させて頂きました)






見える!驚異の視力回復法 by 自動相互リンクサービス
wii 神動画 by 自動相互リンクサービス

Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/jleaguepv/index1_0.rdf