引っ越しました → http://jir.blog53.fc2.com/

«2005年01月 | Main

やってみる人
名前:jir
職業:起業主夫
趣味:つくること
家族:妻1、子2
お暇ならコチラもどうぞ




携帯待受配布中




2004年12月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
FEED METER
RSS feed meter for http://yaplog.jp/jir/
おすすめの品

Apple Store
ipodnano_125-125.gif
3mac_125-125.gif













プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jir
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
>
流れよわが涙、と主夫は言った 
今年は涙の年でした。
たぶんここ十年間で一番泣いたんじゃないかと。
それだけ、体にストレス物質があふれてたってことかもしれません。
どっちかというと、悲しい涙やツライ涙が大半でしたが...。

でも、なにかを体から出したってことは、それだけ何かを入れる余裕ができたんじゃないかと思って、来年はみんなが笑えるコトを詰め込んでいけたらいいかな。
それで、新しい年に流す涙はうれし涙に出来たら最高ですね
とりあえずまだ確認してませんが、最低でも2億円ほど当たってるはずなんで、未来は明るいです

ちなみにタイトルは、P.K.ディックの作品から引用。
「涙」にちなんで、この年末年始読み直してみようかと思います。

それでは、ここを読んでくれてるみなさま。
今年はお世話になりました。
来年もよろしく!

 
   
Posted at 20:25 / 主夫の日常 / この記事のURL
コメント(0)
肉祭り 
仲間の闇ルートから肉塊をゲット。
極上のサーロインに舌鼓をうつ。
もう食べれない〜

で、今日も笑いすぎて、
顔の筋肉が...。
 
   
Posted at 21:38 / ココロの洗濯 / この記事のURL
コメント(4)
笑い納め 
今日は旅仲間と忘年会。
やっぱ気のゆるせる仲間との飲み会はいいもんです。
笑いすぎて顔の筋肉が重たい

その後、仲間が過去10年の旅写真をまとめてDVDを作ってきたので、家に帰ってそれを鑑賞。
基本的にみんなの体重が増量されていることに多少のショックを受けながら、いろんなイベントがあったなぁと感慨にふけってみる。

で、明日も別の仲間と忘年会。
スペシャルな肉が食べられるので、そっちも楽しみ。
 
   
Posted at 23:47 / ココロの洗濯 / この記事のURL
コメント(0)
尻が燃えてきた 
いまごろ年賀状を作ってるんですが、
「アンチ家族写真派」の私としましては、
今年も斜に構えた絵面を目指して鋭意作成中です。

で、最初考えたのが、
「千鳥格子」ならぬ「千格子」柄。
ですが、昨年もベタ塗り系の年賀状だったので却下。
で、カミさん的にはやっぱ子供の写真をという意見もあるので、子供のDVDの販促ハガキ風ということに。

写真を使ってますが、まるで子供の顔は見えてませんし、ぜんぜん年賀状っぽくないんですが、ちょっとニワトリチックな配色でごまかしたりしてるので、ここらへんでカンベンしてもらうことにします。
 
   
Posted at 08:56 / Japan Industrial Revolutions / この記事のURL
コメント(0)
エビちゃんに物申す? 
今日は、録りだめてたNHKスペシャル「イラク・最前線で何が起きていたか」を見て、一人でブルーになっていたわけですが、そこで思ったことをちょっと。

最近のものは特になんですが、報道系の番組でのBGMの使い方がアザとすぎるんじゃないかと。
たとえば、疲れ切った兵士をバックに悲壮感あふれるBGM。
視聴者は、哀愁ただよう曲とあいまって打つし出される映像に心を打たれるわけですが、ここでBGMとして笑点のオープニングテーマが流れてきたらどうでしょう?
こんどは一転、同じ絵でもコントの一場面にでも見えてきませんか?

まぁ、この例では対比があんまりなんでソリャないだろって突っ込まれそうですが、BGMによって映像を見る目にバイアスがかかることは事実ありそうです。
ということで、ノンフィクションなドキュメンタリーや、報道番組に関してはむやみにBGMを使うべきでは無いのではないのかと。

たしかに、場面に応じたBGMを挿入することでドラマチックにはなります。が、それは事実を伝えるということに作為的な色眼鏡をかけてしまっているような気がしてなりません。
NHKですら視聴率ありきの時代ですから、いかに番組として盛り上げるかというコトにとても頭を悩ませているとは思うんですが、そういうやり方はちょっと安直すぎるんじゃないかと。民放の報道系がすべてワイドショー化しちゃって食傷気味な昨今、せっかくまじめに受信料も払ってるんで、NHKさんには頑張ってもらいたいものです

と、なんか今日は新聞の投稿欄のような日記になっちゃったなぁ
 
   
Posted at 20:23 / 主夫の日常 / この記事のURL
コメント(0)
ちょっとトッピング追加 
ブログ界隈でちょっと流行ってる、feed meterなるものを導入してみました。
(右の方の「feed meter」がソレです)

feed meterのサイトで、
http://yaplog.jp/jir/index1_0.rdf
ってな感じで、自分のブログのRSSのURLを入力して「フィードメーターを生成」をクリックすればHTMLが生成されます。
それをコピーしてサイドバーの部品に登録すればOK。
簡単です。

上の星が人気度。
下のメータが更新頻度を表します。

って、星ひとつってのはやっぱり寂しい
 
   
Posted at 10:58 / 主夫の日常 / この記事のURL
コメント(0)
七面鳥ゲットならず 
みなさま、メリークリスマス

今年は
「目指せ七面鳥丸焼き」をスローガンに、
昨日、今日とで約10件ほど
肉関連の店を物色してみたんですが、
結局、未調理の七面鳥には
出会えませんでした
(調理済みはあったけど、
 自分で作りたかったんで却下です)

しょうがないので、
普通のニワトリちゃんでガマン。
で、格闘すること1時間半。結果は写真のとおりです。

ちょっと薄味すぎたけど、なかなかジュースィーに仕上がったのでとりあえず合格ってことで
 
   
Posted at 20:07 / 主夫のマカナイメシ / この記事のURL
コメント(0)
夢の無い話 
あっという間に、こんな時期です。
もともとクリスマスってのはもともと古代ローマで冬至を祝うお祭りだったらしく、キリスト教のお祝いってのは後付けとのこと。キリストの誕生日っていう学術的根拠も無いらしい。
なので、キリスト原理主義的な人はクリスマスを祝っちゃいけないと言うそうな。
そういう意味では、「キリスト教徒じゃないからクリスマス祝っちゃだめ」ってのはおかしくて、むしろ「キリスト教徒じゃなかったら祝ってもOK」ってな感じ。
まぁ、実際は「旨いもの食って何か買ってもらえる日」っていう事実しか無いわけですが

うちの場合、
子供のプレゼントは既に調達済みで、押入れにひっそりと隠してあります。
最近の脅し文句は「悪い子だとサンタさん来ないよ」。

あぁ、七面鳥が食べたくなってきた(食べたことナシ)。
それではみなさま、よいクリスマスを。
 
   
Posted at 08:15 / 主夫の日常 / この記事のURL
コメント(0)
インをデッドに攻める男 
基本的には内向的なのかな?
夏よりも冬が好きだし。
スポーツよりは映画鑑賞。
アップテンポよりもスローバラード。

理由なんですけど、
基本的に体を使ってリアルタイムに何かを表現するのが苦手なんですよ。
電車内漫才とか、なんちゃってバンド活動なんてこともやってましたが、そこらへんはかなり例外的。
人に聞くと特にスポーツはヤバいらしく、走るとロボットみたいだって言われます
普通は無意識に動かせる筋肉に、何かしらリミッターがかかるといいますか、ダイレクトに脳と直結しないんですよね。たぶん人の目を意識しすぎて、タイミングがワンクッション遅れてるんです。
まぁ、この歳になるとコンプレックスってほどでもないですが、昔はちょっと悩んでましたね。やっぱダイナミックに体を動かして表現できるってのは、視覚的にも感覚的にもカッチョいいですもん。

でも元来目立ちがりの性格なせいか、そこらへんを「こんちくしょう」と思って始めたのが絵とか作曲なんですけども、それでも「作ってる途中」を見られるのは非常に苦手。表現しづらいんですが、着替え途中を覗かれてるような感じで内心ソワソワです。

でも、こういうのは内向的って言わないか

ただ、フラストレーションとかムカつくことってのは、インへインへ持っていく方かもしれません。で、そのプレッシャーを原動力に何かを作るってことをしてきた感じです。
言うなれば「こんちくしょう内燃機関」とでも申しましょうか。
で、今回はそれを溜めすぎて自壊しちゃったんですけども

いろいろありますが、そういう性格なんだしショウガナイ。
何であれ一通りわかっちゃえば、あとは何とかなります。
 
   
Posted at 19:32 / 主夫の輪郭 / この記事のURL
コメント(0)
この日光、この雲のない青空があり... 
タイトルとは違って、今日は曇天の空ですが。

その昔、アウシュビッツ強制収容所で、「穴を掘って埋めるのを繰り返す」という拷問があったそうです。
で、現状の我が家もそれに近い作業を繰り返してます。
ウチの場合は「部屋をキレイにして、また汚す」ですけど

日中キレイに掃除しても、夕方に鬼看守(息子)が帰ってくると、すぐにメチャメチャになります。
とりあえず、出したら片づけてるみたいだけど、まだキチンとできるにはホド遠いかなぁ。
カーペットの上は、抹茶アイスのシミとお菓子のカスだらけだし...。

とりあえず、今日も掃除しました。
が、あと数時間で元に戻ります
 
   
Posted at 14:09 / 主夫の日常 / この記事のURL
コメント(0)

| 前へ
 
Global Media Online INC.