引っ越しました → http://jir.blog53.fc2.com/

« 主夫FX、始動 | Main | 昭和家族 »

やってみる人
名前:jir
職業:起業主夫
趣味:つくること
家族:妻1、子2
お暇ならコチラもどうぞ




携帯待受配布中




2006年03月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
FEED METER
RSS feed meter for http://yaplog.jp/jir/
おすすめの品

Apple Store
ipodnano_125-125.gif
3mac_125-125.gif













プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jir
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
>
> www.google.co.jp 
「(質問に対して)ググれと一蹴するのは横暴な気がするのですが」という議題。
どっちかというと私も「ググれ」派。

ここで以前在籍していたIT系会社での話をひとつ。
そこでは私、教育担当っぽいこともしていたんですが、プログラムの効率を上げるため、汎用的な部分を共通部品化し、それに基づいたプログラミング手法を文書化するということをやってまして、そこでフト思ったことがあります。
確かにそのスキームに沿ってプログラムを書き進めるというのは、目的の部品を組み合わせるだけの作業(たとえば、エンジンとボディとタイヤがあって、あとは自動車を組み上げるだけ)なので、仕事の効率自体は上がるのですが、人的リソースの質を高めるという点に関しては、肝心の部品(エンジンやボディの中身や役割)についての考察が疎かになって、結果プログラムの本質を探究することや、諸作業に対して受動的な人間になってしまうんじゃなかろうかと、ひとり変なジレンマに陥っていた事がありました。

今思えば、それはとりこし苦労であって、結局のところ部品化されてようがなかろうが、受動的な人は受動的なままで、能動的な人は部品を一旦壊してでも、中身を知ろうとするんですよね。受動的な人の底上げフォローまでを盛り込むかどうかは、会社としての方針や、プロジェクトの予算などの要素を総合して考えるべきだと思います。というか、今ではそう思えます(笑)。

ということで、今回の「ググれ」に関しても、個人的には「余裕があったら教えるし、なかったらググらせる」ってのが基本的な見解。ただし、「自分でも調べたんだけど、どうしてもわからないんだよね」って場合は、いつでも協力させていただきます。

Posted at 19:37 / 主夫の輪郭 / この記事のURL
コメント(2)
この記事のURL

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

>motquito

春遅し、ですか!(笑)
できれば、桜の時期にそっちへお伺いしたいところですなぁ。
Posted by:jir at 2006年03月16日(木) 19:27

あなた様より教育を受けた一人でございます。
久々に酔っ払いでございます。
HPの件、上にガツンといっときました。
もしかしたら遅い春になるかも知れません...
Posted by:motquito at 2006年03月16日(木) 00:29

   
Global Media Online INC.