NO6  続き♪

2005年01月25日(火) 15時15分
光子    【いくどーッ!光子スーパーショットっ!!】
ミッちゃん 【あーパク男の方向に飛んでいくぅぅぅっ!!】
パク男   【ぞうさん♪ぞうさん♪】
正宗(先生)【なんだあのボールは・・燃えているぞ・・・・・】

光子のスーパーショットが燃えながらパク男に向かった!!!!
バチンッと大きな音がしたっ!次の瞬間っっっ!!!!
パク男の両手が粉砕されいたのだ・・・

ミッちゃん 【キャーっ!パク男ォォォ!!】
光子    【うはははは!うはははははは!!】
パク男   【ミッちゃん・・・オレはもうだ駄目や・・・】
ミッちゃん 【なによっ!まだはじまって1分も経過してないじゃないっ!】
パク男   【最後に光子に伝えてくれ・・・お前のスーパーショット・・・輝いてたで・・・・・】
ミッちゃん 【パッ!!!パク男ォォォ!!!】
正宗(先生)【(うむぅ・・止めた方がいいのか?)】

白チームのパク男がOUTになってしまった。ボールは白チームミッちゃんの前に転がっていた。

ミッちゃん 【光子っ!!覚悟はいいか・・・・】
光子    【COME ON!!!】
ミッちゃん 【ミッちゃんのウルトラマグナム!!!】

もちろんミッちゃんのウルトラマグナムは光子に届くどころか、相手のチームにパスしてましった。

光子    【終わりだ・・・】
ミッちゃん 【正宗ぇ!!なんとかしろーっ!!】
正宗(先生)【お前等っ!ドッチボールで青春だっ!!!】
光子    【光子!!デンジャラスアタークッ!!!!!】

光子のデンジャラスアタックは、ボールというより大砲だった。
赤チーム白チーム正宗(先生)達を月の彼方へ葬り去ったのだ・・・

光子    【ドッチボール最高】

こうして光子ドッチボールは幕を閉じたのだ・・・・

NO6  ドッチボール♪

2005年01月25日(火) 14時31分
光子の友達も2人になりました。だんだんと光子も幼稚園という喜びが分かってきたようです。
そんな中、光子は今日も幼稚園へと足を運ぶのでしたとさ・・・
チャンチャン
って終わらんわーっ!

光子   【いやー昨日は楽しかったなー】
ミッちゃん【そうね♪30斬り達成?】
光子   【わからーん】
パク男  【昨日は痛かった・・・痛かったぞーっ!!】
光子   【あんたも幼稚園まで同じ通路なんだ・・・】
パク男  【そういう事ですよドドリアさん】
ミッちゃん【(今日もフリーザっぽいね。。。)】

パク男君も仲間に加わり幼稚園(さくら組)へと到着したのだ。

正宗(先生)【よーし!昨日は月の見学をしたがー!今日は体育館でドッチボールだー】
光子    【ドッチボール・・・ってかうち等さくら組だったんだ・・・】
ミッちゃん 【(光子と同じチームがいいな♪)】
パク男   【(ドッチボールだと・・・だったらドッチダンペイのキャラか・・・)】

こうして光子達はいざ体育館へ向かったのだっ!

正宗(先生)【よーし!チーム決めだー!くじ引けやー!】
光子    【赤だ】
ミッちゃん 【白だ】
パク男   【白だ】

どうやら光子とミッちゃんは違うチームになったようだ。
パク男はミッちゃんと一緒らしい。

正宗(先生)【あーそうだ!そうだ!この試合に勝ったチームは・・・特に何もねぇ!】
光子    【ウオオオオオオ!!なんだか燃えなくなってきたぜっ!】
ミッちゃん 【さっさと試合しましょー】
パク男   【待てっ!オレはまだ何キャラにするか迷っているんだっ!!】

赤チームと白チームの試合がはじまった。

光子    【うしっ!ジャンプボールは赤チームがGETだぜ】
ミッちゃん 【ってか光子のチームが勝つに決まってる・・・】
パク男   【あーん、ぞうさんぞうさん♪】
ミッちゃん 【なんでクレシンのキャラになってんのよっ!!空気からしてドッチダンペイだろがっ!】
パク男   【えへへ♪そんな照れるなぁ〜♪】
ミッちゃん 【褒めてないっ(あら・・以外に気持ちいいわね♪このツッコミ♪)】
続くっ!

NO5  続き・・・

2005年01月24日(月) 18時50分
光子    【うーん・・・・】
ミッちゃん 【あーあ飛んでったね・・・せっかくだから正宗(先生)も飛ばしちゃえば?】
光子    【うんっっっ】←超元気良く
正宗(先生)【お前はまだ若い・・・やめておけ・・・】
光子    【光子チョーーーープっ!!!!】

正宗(先生)頭蓋骨破裂   この時の光子チョップは見えなかったと答えている・・・

ミッちゃん【じゃー私も逝っとくけ?】
光子   【うんっっっっ】

こうしてミッちゃんも月の島へと旅立ちました。ミッちゃんは2度目ですね。
この光景を見ていた幼稚園の生徒が光子に群がりました。
もちろん、光子はその生徒の期待に答えるため全員を月の旅行に逝かせてあげました。

光子の幼稚園はまだ、はじまったばかりです・・・

NO5  恐怖・・・パク男  

2005年01月24日(月) 18時08分
光子は今日も元気に幼稚園に登校です。ミっちゃんという友達もできました♪

光子   【ミっちゃん!今日はマジ気合入ってるって感じじゃね?】
ミっちゃん【は?何が?誰?私?】
光子   【うんっっっっっ】←かなり元気良く
ミッちゃん【そうね。お洒落よ。男は私の美貌で瞬殺ッス】
光子   【ふーん。あっ!なんだアイツ!!!!】

光子とミっちゃんが二人で歩いている時・・・ひとりの男の子が犬に向かって叫んでいたのです。

光子   【あの・・・なにしてるんですか?】
???  【え?何?は?オレ?】
光子   【てめぇ以外に誰がいんだコラ】
???  【ですよね。いやー、この犬はですね、火星から来たポックルという危険人物なんですわ。】
光子   【なに・・・】
???  【だから火星に帰れって説得しているんです】
ミッちゃん【光子!幼稚園行こうよっ!!先生に怒られちゃうよ】
光子   【んだな。バカが移りそうだし。。。】

こうして光子とミっちゃんは幼稚園へ・・・

正宗(先生)【光子!ミッちゃんっ!遅いやんけー】
光子    【まーに】
ミッちゃん 【堪忍して】
???   【遅ぇぞ!この野郎っ!!!】
光子    【あれ?なんでここにいんのよ?】
正宗(先生)【なに言ってんだ光子!コイツはここの生徒だぎゃー】
光子    【ホーリーシッツッ!!!】
ミッちゃん 【はじめて見た気がする・・・まいっか】
???   【オレはパク男やー宜しく♪】
光子    【パク男・・・】
パク男   【ふふふ・・・そういう事ですよドドリアさん】
光子    【あっ!フリーザだーっ!!】
パク男   【この世に生まれ今日まで3年間っ!パクりにパクったるわーっ】
ミッちゃん 【あそう】

こうして光子の友達はもう一人増えたのであった。
パク男ちゃんです。皆様宜しく♪

光子    【パク男だとコノヤロウっ!オレと勝負しろっっ】
パク男   【望む所ですザーボンさん】
光子    【オレは光子じゃーっ!キーーーーークっ!!!】

もちろん、パク男は飛びました。えーそりゃもう、月まで。
遠く遠く遥か彼方へ・・・

NO4 友達

2005年01月20日(木) 19時25分
光子  【今日は楽しい♪幼稚園初日ィ♪嬉しいな♪嬉しいな♪】
光女(母【コラっ!!はしゃがないのっっ】

光子のキャラ多少違いますが、気にしないでください♪
こうして光子の初日幼稚園がはじまろうとしていたのです♪

光子  【ママ・・・僕たん。。。良い子にしてるね】
光女(母【良い子になろうと思うな・・・良い子と知れ!!!】
光子  【あっ!色々な子がいーーーぱいイルぅぅぅぅぅっ!!!】
光女  【そうよ。あんたみたいな糞餓鬼(可愛い)がウジャウジャいるのよ】
光子  【うはははーい】
?   【私は貴方と・・・友達・・・】
光子  【?】
?   【私、ミッちゃん♪宜しくね♪女の子だよ】
光子  【よ、宜しく・・・】
ミッちゃん【キャっ】
光子  【オイ、光女(母)お前はもう・・・必要ない・・・帰れ・・・】
光女  【あんたまさか!!ミッちゃんをっっ!!!】
光子  【ふふふ】

光子は光女(母)を思いっきり蹴っ飛ばした。光女は(母)星の彼方へ消えていった・・・

ミッちゃん【行こっ】
光子   【ああ】
ミッちゃん【光子君はスキな子いるの?】
光子   【スキな子?なんだそれは・・・?】
ミっちゃん【可愛いわぁ〜テレちゃって♪】
光子   【じゃーかしぃぃわいっ!!!】

光子はミッちゃんを思いっきり蹴っ飛ばした。ミッちゃんは星の彼方へ消えていった・・・

光子はなぜかイライラしていた。なんでイライラしていたかは誰にもわからなかった・・・
そんな光子がついに・・・暴走したっ!!
すべての生徒&母を星の彼方に蹴っ飛ばしたのだ。

こうして光子、幼稚園初日は幕を降ろしたのだった・・・


NO3  幼稚園

2005年01月19日(水) 14時40分
光子  【いやーやっぱ酒は最高だな】
光女(母【んだなーこの糞餓鬼がー】
光男(父【これはやめられねぇ】

なぜか虫の息だった光男も酒を呑んでいた。
もちろん光子は普通の生後3ヶ月とは違っていた・・・
日本語ベラベラの二足歩行可能だった・・・・
それ以外は別に【今の所】変わりはなかった。
父(光男)も光子との間のギクシャクは消え、母(光女)もごく一般家庭と変わりはなかった。

光子が無事家に帰国し、3年の時が過ぎた・・・

光男(父【光子も3歳か・・・思えば色々あったけど、まーOKだな】
光女(母【そうね3歳か、、、幼稚園じゃね?】
光子  【ふふふ、、、オレが幼稚園だと・・・面白い・・・】
光女(母【そうそう♪友達とか色々できるわよー♪】
光男(父【光子はちょっと普通じゃないが、まーOKだな】
光子  【てめぇ等!オレを幼稚園に連れて行け!!今すぐだっ!!!もしくはNOWだ!!】

こうして光子は幼稚園に行く事になったのじゃ・・・
もちろん光子が行く幼稚園です。
ただ事では済みません。
さぁさぁ♪どうなるのでしょ♪

NO2  光子COME BACK!!

2005年01月18日(火) 12時57分
光子がいなくなって3日の時が過ぎた・・・

父(光男)【ひぃぃぃかぁぁぁぁるぅぅこぉぉぉ〜〜!!!】
母(光女)【ひぃぃぃかあぁあぁるぅうこぉぉぉ〜〜!!!】
と言っていたのは2日までだった。

3日目の朝

父(光男)【じゃー光女オレは仕事に行って来るね】
母(光女)【行ってこい】
父(光男)【バカ言っちゃーいけないよ♪いってきますのCHUは?】
母(光女)【キャっ♪貴方ったらぁ〜】

光子の事を忘れいつも通り幸せな家庭に戻っていたのだ。
そして光男(こうだん)が仕事しに家を出た4分後の出来事だった・・・

ピンポ〜ん♪

母(光女)【(あら?新聞の勧誘かしら・・・?)はーいっ】

ガチャ・・・

母(光女)【キャーーーーーーーーーーーっ】

なんとそこには血だらけになった光男の姿だった・・・もう虫の息だ。
後ろに黒い影が見える・・・   そこには・・・光子の姿があったのだ・・・・

母(光女)【ひっっ!光子っっ!!!!しかも立ってるっ!!!!!】
父(光男)【ハァ〜ハァ〜んがんっん】

光子【ふふふふふふふ・・・はははははは!!!うはははははは!!!!!!】

母(光女)【光子が・・・殺ったのか・・・?】
光子   【大丈夫だ・・殺してはいない。】
母(光女)【しゃべったーーーーーっ!!!!
光子   【とりあず酒だ】

光子は家に帰ってきた・・・とてつもなく信じられない進化をとげていた・・・

父(光男)は病院には行かず、家でネル事にした。

母(光女)【一体あの森で何があったの・・・?】
光子   【オレはあんたらに捨てられた、否、鍛えられた・・・のか?】
母(光女)【とりあえずだな】

こんなこんなで無事、3人家族に戻る事ができたのだ。
これから先・・・いったいどうなるのでしょう・・・・?

NO1  光子誕生

2005年01月18日(火) 12時10分
西暦200X年   世界が何事もなく平和な時代に・・・光子が誕生したのである!
父(光男)【ついに生まれたぞ・・・】
母(光女)【ついに生まれましたね・・・】
父(光男)【ついに生まれたともっ】
母(光女)【ついに馬連単っっ】
父(光男)【よし、名前は光のような子に育つよう!光子(ひかるこ)じゃ!文句あるかっ!?】
母(光女)【ねぇっ!】

光子はスクスク育った。世界は何事もなく平和で気づけば光子は・・・・生後3ヶ月まで大きくなっていた。
そんな生後3ヶ月の時に事件は起こったのだ・・・

父(光男)【光子も生後3ヶ月か・・・そろそろだな・・・】
母(光女)【あんた!まさかっ!光子にはまだ早すぎますわっ!!】
父(光男)【あまったれてんじゃねぇっ!!このメス豚がっ!!】
母(光女)【はい】

父と母は光子をダンボールに入れて山に・・・

父(光男)【よし!光子!!お前は今日からここで修行するんだっ!ここで修行をし、一人で生き、親の大切さに気づくんだ・・・】
母(光女)【ひぃぃ〜かぁぁぁ〜るぅぅぅこぉぉぉぉ〜〜】

光子【・・・・】

父と母はダンボールに入れた光子を置いて家に帰ってきた・・・

父(光男)【なぁ・・・光女(こうにょ)・・・オレは間違ってたか・・・?】
母(光女)【いいえ。間違ってませんわ。だってあれはどうみても・・・・・捨て子ですもの・・・】
父(光男)【バカ言ってんじゃねぇ!このメス豚がっ!!】
母(光女)【あんた光子捨てたやないかーっ涙】
父(光男)【光女泣くな!!!オレが間違ってた・・・行こう光子のもとへ・・・】
母(光女)【あい】


父と母は光子を探しにもう一度山へ・・・しかし光子の姿はなかったのだ・・・

これが光子のすべてのはじまりじゃった・・・
この光子が今後とんでもないスーパーBOYになる事はまだ誰も・・・知らない・・・   
2005年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像ひろあさ
» 漫画だぴょーん♪ (2005年01月19日)
アイコン画像sunny♪
» 映画ギュンギュンギュンの説明 (2005年01月18日)
アイコン画像ひろあさ
» 映画ギュンギュンギュンの説明 (2005年01月17日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jimmysunny
読者になる
Yapme!一覧
読者になる