天使になって13歳

May 26 [Sat], 2018, 20:52
昨日は娘の命日でした。
13年前も、昨日と同じ、澄み渡るような青空の一日でした。

いつも命日の日は、一日中、娘の事を思いながら過ごしていました。
1人で心の中を弓華一色にして過ごす日です。
賑やかな空間と人が大好きだった娘。
今年の命日は、それにふさわしい日を過ごすことが出来ました。
この日に合わせてくださったように、昨日は講演会だったのです。
命日に娘の話を聴いていただけるなんて
きっと最高の日になるだろうと思いながら、滋賀県へ出発しました。

長浜市内の会場に着きました。
「みどりの愛護」の集いのためにご訪問されている皇太子ご夫妻が、同じ会場にいらっしゃいました。

胸がいっぱいになり、しばらく放心状態。
雅子さまのお美しいこと!

やっぱり最高の日になったやん。
もしかして、ゆみちゃん引き寄せた?と思わずつぶやき(^^)

講演は、滋賀人権啓発企業連絡会湖北ブロック総会の設立30周年記念講演です。


講演後、今回ご縁を頂戴した主催者様からのビッグサプライズ。
なんとーーー!
みなさまで、黙とうをしてくださいました。
命日の弓華のために。

講演では泣いたことがない私が、講演後にもう・・・。
ウルウル状態になってしまいました
感激と感動と感謝が一気に押し寄せてきたよう






皇太子ご夫妻のお元気なお姿を拝見し、講演をし、参加してくださった皆さんで黙とうをしていただけた。
多くの方が書籍に興味を持ってくださり、懇親会はとっても楽しく、時間を忘れての談笑。

ねえ、ゆみちゃん。
あなたの命日にこんな素晴らしいことがあったんだよ。
ママは幸せです。
ずっとママに幸せをくれるゆみちゃん、いつもありがとね

P R
2018年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:道志真弓
  • 誕生日:1965年6月21日
  • 血液型:B型
  • 現住所:大阪府
読者になる
講演内容
どんな重い障がいを持っていても「我が子」というものは、愛おしく、私にとってはかけがえのない宝物。自慢の子です。
会話はできなくても「あなたが愛しくてたまらない」と伝えたい。娘と共に歩いた8年間。きらきら輝く宝石のような、でも何気ない当たり前の日々のおはなしです。
障がい児との生活が楽しかった?どう考えたら楽しく出来るのだろう?そんな風に想像を膨らませてもらえたら・・・。
命の重さ、生命の神秘、感謝の心。私と弓華と家族の8年間のものがたりが、お聴きいただくみなさまの、あたたかなお心に届けば嬉しいです。