心の教育

February 24 [Sat], 2018, 11:50
今年度もあとわずか。
全国各地、様々な学校で講演をいたしました。



礼儀正しくしっかり挨拶ができる子どもが多いです。
校長先生をはじめ多くの先生に導かれ、良き環境の中で過ごすことが出来ていると実感します。

ひと昔前は、子どもに小さいうちからしっかりと勉強をさせ、進学校へ、そしてエリートの道を歩ませることが幸せにつながると信じていた親が多かったように思います。
点数や偏差値で成果を感じさせる方法が、愛情の注ぎ方と思っていたのかもしれません。
今は「それだけじゃないよ」と言う形に変わってきています。
勉強だけでなく、豊かな心が持てるような教育がこれからは必要ではないでしょうか。
抱きしめる、共に笑う、一緒に何かをする。
小さい頃から、ファミリーで笑顔いっぱいの生活をしてほしい。
昔は、地域で育てていた子どもの心。
これからは、学校と家族で「心の教育」をしていけたらと思います(^^)






P R
2018年02月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:道志真弓
  • 誕生日:1965年6月21日
  • 血液型:B型
  • 現住所:大阪府
  • 職業:その他
読者になる
講演内容
どんな重い障がいを持っていても「我が子」というものは、愛おしく、私にとってはかけがえのない宝物。自慢の子です。
会話はできなくても「あなたが愛しくてたまらない」と伝えたい。娘と共に歩いた8年間。きらきら輝く宝石のような、でも何気ない当たり前の日々のおはなしです。
障がい児との生活が楽しかった?どう考えたら楽しく出来るのだろう?そんな風に想像を膨らませてもらえたら・・・。
命の重さ、生命の神秘、感謝の心。私と弓華と家族の8年間のものがたりが、お聴きいただくみなさまの、あたたかなお心に届けば嬉しいです。