三田市人権を考える会研修会のアンケート

February 14 [Wed], 2018, 9:22
こんにちは、道志です。
年度末になると、たくさんの感想文が届きます。
嬉しいですね〜(^^)

先日いただいたアンケート結果から感想を抜粋して掲載します!
実は嬉しい感想文のオンパレードで、選ぶのが難しかった・・・。

手書きのほうが伝わると思いますので、画像も添付いたします。

☆最後に出てきた「あなたの使命はなんですか」の言葉がとても大きく響きました。
大切なことをしっかりと見据えて考えていきたいと思います。
良い機会をいただき、ありがとうございました。



☆命があること、今日笑っていられることの大切さやありがたさを理解しているつもりでも、日々の保育の中で忘れがちになっていたように思います。
子どもたちが元気に笑って幼稚園にきてくれることがあたりまえじゃないということ、それから子どもたち自身にもその大切さを少しずつ伝えていけるような保育者でありたいと感じました。


☆道志さんの弓華ちゃんと過ごした8年8か月のお話の中で「毎日笑顔で過ごそう」とされてきたことに、
自分の生活を重ねて、自分の子どもと向き合う中で、腹を立てたり悩んだりすることも多いですが、この子が生きている事への感謝、あたりまえでなく尊い命であることを忘れてしまっていないかなと自問しました。
自分の命も周りの命も大切にできる生き方を目指したいなと思いました。



今回は兵庫県三田市内の保育士さんが対象でした。
保育士さんは、若い女性も多くいらっしゃいます。
我が子を授かった時、無償の愛で包み込んで差し上げてくださいね。
自分が忙しくイライラしている時でも子どもの顔を見たとたん笑顔になる、そんなお母さんになってもらえますように。

P R
2018年02月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:道志真弓
  • 誕生日:1965年6月21日
  • 血液型:B型
  • 現住所:大阪府
  • 職業:その他
読者になる
講演内容
どんな重い障がいを持っていても「我が子」というものは、愛おしく、私にとってはかけがえのない宝物。自慢の子です。
会話はできなくても「あなたが愛しくてたまらない」と伝えたい。娘と共に歩いた8年間。きらきら輝く宝石のような、でも何気ない当たり前の日々のおはなしです。
障がい児との生活が楽しかった?どう考えたら楽しく出来るのだろう?そんな風に想像を膨らませてもらえたら・・・。
命の重さ、生命の神秘、感謝の心。私と弓華と家族の8年間のものがたりが、お聴きいただくみなさまの、あたたかなお心に届けば嬉しいです。