四万十川というお酒

July 22 [Sun], 2012, 20:46
今日はギンザでお仕事させていただきました。



久しぶりのギンザなので、夕飯も食べて帰ることに。

ギンザハンズの近くには、私が好きな地方の物産館がいろいろあります。


その中でも、お気に入りは高知県の物産館の2階にある、おきゃく。


日本酒も、様々な味を楽しめ、ワタシの好物のカツオ、清水サバ、赤牛の炭火焼きなど、食材もすばらしいけど、調理もまあまあいい感じ、

そして一人で行っても、すごく自然に溶け込ませていただける雰囲気なので嬉しい。


ギンザに用があると、ほぼいつもごはんをするお店。

本日の日本酒は、四万十川、
菊花の雫を飲み、不老長寿を得た、という故事にちなんで命名された菊水酒造の酒。江戸時代の創業から、淡麗芳醇な土佐酒独特の香味で、親しまれ続けているらしい。

ちなみに1杯目は、もちろん土佐の、亀泉。
明治創業で、どんな干ばつの時も涸れることのなかった湧水を使用したことから、万年の水=亀泉と命名されたそう。

キレも香りもよいお酒


ご馳走さまでした





  • URL:https://yaplog.jp/jdkaya/archive/601
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/jdkaya/index1_0.rdf