良かったさがし

June 11 [Tue], 2019, 10:47
夫の仕事の都合で、
子供二人を連れ家族全員で渡仏することになったとき、

日本語を忘れてしまわないように、と
子供用の物語全集を一式買って、パリまでもっていきました。


上の子にまず読み書きを教えれば
下の子にきっと上の子が教えてくれることになるだろう、と予測し、

せっせと、その物語全集を読ませ始めました。


そのころは、まだカセットテープの時代で、
その読んでいる声を録音し、日本で孫に会いたいとおもっている両親に送ったことでした。


上の子がお気に入りの物語があり、
それが、
「ポリアンナ物語」。


その中に、
ポリアンナの「よかった探し」というのがあり、子供が何度も何度も気にいって読むので、
ワタシも何度も何度も聞かされておりました。(-_-;)




どんな嫌なことがあっても、
よかった、よかったと、よかったことを探すお話で、
そのおかげ様か、子供たちも、割と比較的ポジティブ傾向に育ったように思います。


ところで、
弊社の東京以外のスタッフさんたちとはしょっちゅう会えないのですが、
メールで時々やりとりをしています。

先日も、
そういったメールのやりとりがあり、

うれしいなぁ、と思ったこと。

それは、
販売を担当してくれているスタッフさんたちが
とてもよい「ポジティブ志向」であり、
そして物事に感謝する気持ちを常に持つことを心掛けている様子や、
他を思いやる優しさが
メールの文章中に垣間見られ、


そういう、心の持ち方を常に良い方向にと心がけ努力されているスタッフさんたちが
弊社にかかわってくれていること、

ほんと〜〜〜に、有難いなぁ〜〜〜〜、恵まれてるなぁ〜〜〜って
感謝です。(^-^)m(__)m


いつも、そう、
そのスタッフさんたちのように、よかったことを探し、よかったことを見つめる、ってとても大切。

ポリアンナ物語の、よかった探しを思い出しました。





  • URL:https://yaplog.jp/jdkaya/archive/1726
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/jdkaya/index1_0.rdf