ちょっとした不安や、パニックの時

April 24 [Wed], 2019, 18:00
いきなりの薬だと、
結構強いので、

体が受け入れられない、とご相談にいらっしゃる方もおいでです。


そうなんですよね、
ちょっとした体調不良で、心の不安をかかえてしまうことってあります。


ワタシなんて、
あ〜〜〜、こんなこと、やりたくない!!なぁなんて、たまにそんなことがあるわけですが、
とたんに、体が痛くなったりし始めるんですよね、体って正直です。



まぁ、ワタシの例などはどうでもいいわけですが、、、


その相談例で多いのが
パキシル出されて、担当医からは、しっかりと1週間飲めば体が慣れてくるっていわれたけど、
自分の体がふわ〜〜〜ってして始末に負えない感じなって、ドキドキするし、
自分でもう抱えきれない、感じになってしまって、
こわくて、
というもの。



そういう症状、ちょとしたパニック障害や、不安を抑えきれないとき、
っていうのは、
元々は体の別の部分の不調が起きたりして、それがささっと治らなかったりすると、
どうしていいかわからなくなって、どんどん悪くなるし、
不安はつのるばかりで、なんていうことになり、、、ということ。



そもそも、
その前段階には、よくあるのが、血液の流れが滞って、これが自律神経の不具合から出る場合もあったりするわけですが、

その体の血液流動性や、自律神経の調整がうまくできないのが、しばらく続くことで
一層不快な症状になっていき、困ってしまう、ということになるので、


そんなときは、
元々の、そういった血液流動性を調整し、自律神経を調整してくれる漢方の生薬の粉タイプが
意外にも効果を発揮します。



心療内科の薬をいきなり服用するよりも、
心も体も安心です。!(^^)!
  • URL:https://yaplog.jp/jdkaya/archive/1698
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/jdkaya/index1_0.rdf