クレアチニンの値を下げるのは、漢方の得意技

April 18 [Thu], 2019, 14:14
だからこそ、透析のリスクがあるとか、
腎臓内科にかかっていても、
ただひたすら腎機能低下、クレアチニン値が悪化するのを手をこまねいているしかなかった状況が、
一気に逆転する。


これってねぇ、
ほぼ知られてないけど、
漢方って凄い!と思う、漢方の効能の1つ。


ワタシだってねぇ、
昔、昔、まだ若いときには、実感し得なかったワザ。


保険調剤の薬では、
なかなか良い状態にならないのは、実際保険調剤の仕事に関わって痛感しているわけで。。。


腎機能は、
さらに
抗酸化能を高めるアイテムを加えると、
さらに、短期間で良い結果となる。


しかし、
一方では、
漢方クリニックや、漢方薬局にかかっていたのに、
腎機能低下を引き起こしてしまった人達もいるようで、
現実、弊薬局にそういったことでご相談にいらっしゃる方々は、少なくありません。


漢方って、適正に取り入れると、良い結果を得られるのに、残念ですね。。。


  • URL:https://yaplog.jp/jdkaya/archive/1695
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/jdkaya/index1_0.rdf