化学物質過敏症特集番組

March 03 [Sun], 2019, 18:19
花粉症罹患数ほど、
まだまだ、多くはないからこそ、
理解してもらえない、というご苦労がリアルに伝えられていました。


誰だって、いつかはその発症リスクを持っているんですけど。


石川県の友禅染を生業としていたかたが、
突然発症。

友禅染は、全て、化学物質だけで染めているそうで、
体のなかに、その化学物質がいっぱいになってしまい
それ以上のキャパがなくなってしまったとしか思えない発症です。


悲しいのは、
発症した方のお嬢さんが、
柔軟剤使用をやめることなく、
柔軟剤使用の衣類を身につけて、その発症したお母さんと話をするんですが、
しばらくすると、その柔軟剤の化学物質が、空気伝達してしまい
お母さんは、苦しく症状が出て、

一方、娘さんは、柔軟剤の使用をやめることが、まずはお母さんと、ゆっくり話せるのだということが理解できず、
不毛なやりとりを繰り返している、という状態。


元々、自然界に存在しなかった、化学合成物質は、本来人間は処理するのが難しいんです。



ありえない、合成のいい匂いなんて、
体は正直だから、体にウソをついて体で処理していても、いつかは破綻が来る。



とりあえずは、
お母さんのために、
自分の衣類には合成洗剤や柔軟剤、やめて
レシヴドゥリュクスで、水洗濯してあげたらいいのに、、、
と思うワタシでした。



遠いね〜〜〜〜、
啓発、、、。






  • URL:https://yaplog.jp/jdkaya/archive/1663
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/jdkaya/index1_0.rdf