他人の胆石・・・・から考えなければならないこと。

February 12 [Tue], 2019, 15:58
ずいぶん前から
疫学的な勘、でしかないのですが、

思ってたんです。


もちろん高コレステロール食の人たちに胆石が多いわけですが、


意外にも、
なぜ、私が???という、胆石例が多いということ。

様々なケースを見ていると、

極端な低脂肪食、
積極的なダイエット、食制限、
良質な蛋白質摂取を無視したダイエット、
食を楽しんでいない、毎日の食事傾向の人、

そういった人たちに、
胆石や胆のうがん発症が多い、ということ。



やっぱりねぇ、

人間の身体って、昔から、食物連鎖の頂点に立ちながら、
命をいたいだきながら、体を機能させ、身体を養ってきたわけですから、

そのもともとの人間の機能を、しっかりと活用しながら、というのが非常に重要だと思うわけですが、

偏ったり、
極端な食事法は、
ともすると体の機能を無視した状況を作ってしまいがちで、
身体の機能が十分に機能しなくなってくるわけです。


胆石は
胆汁という体の中から分泌される物質を、活用するように食を摂っていないと、
いいかえれば、
胆汁の役割の脂肪の分解、蛋白の分解、という役割を果たせるような供給をしないと、
胆汁は供給できないままに胆嚢のなかにたまってしまいがちになり、胆嚢の中のコレステロールと石を作ってしまったり、カルシウム分と石をつくってしまったり、ということになるわけです。



そして胆石が出てこようとすると、胆管でごつごつするから痛みを感じて胆石はやっかいばらいしなくちゃいけないと認識され、すっきりと片付きますが、
へたに胆嚢の中で大きくなっていくことで胆嚢を傷つけるということも起きるわけです。



だから、
単に、体重を落とすとか、スマートになりたいとか、
ある栄養物質だけを重視する方法や、動物性蛋白を一切摂取しない食事法などは、
基本、カロリーと、ビタミンがある程度補給されたら良しとしているため、

胆嚢の機能を正常に動かすことを考慮されたものではないので、
結果リスキーになってしまう、ということになります。





  • URL:https://yaplog.jp/jdkaya/archive/1650
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/jdkaya/index1_0.rdf