色素沈着が消失していった例

February 08 [Fri], 2019, 10:08
皮膚の広範囲に発疹を起こしたり、
アトピーだったりして、
治癒したあとに色素沈着が残るのですが、


そういったケースの方々で
弊薬局で得ている体験情報。


やっぱり水素バス、水素水、色素沈着消失が速いですね。


長年のものでかなりやっかいなもの、
無理じゃないか、ぐらいのものも
その場合は、さすがに半年以上1年以上かかりますが、きれいになっています。




ある方も、
多くの方々と同様で、
酸化した油のものを摂るとすぐに発疹があるのですが、

その方のお話によると、京都のほうに有名なパン屋さんがあってイートインもあるらしいのですが、
私は聞いたことはない店でしたが、そのパンを久しぶりに食べたところ、その後発疹があったとのこと、

その話をお聞きして、やっぱり、、、



その方は茅沼順子薬局に、健康のヒントを得にいらしてくださっており、
漢方やハーブを上手にとりいれていらっしゃいます。


今回の発疹については、

すでに、弊薬局で、水素水生成器だけでなく、水素風呂もご購入くださっていたので、
大事にいたらなかったとのこと、

そして、以前の発疹が酸化油脂によるものだとまだはっきりしなかったときの発疹の色素沈着も
きれいになってきていて、良かった、」良かった、です。(^.^)



ちなみに、
アレルギー反応の際は
好酸球というのが沢山発生するんですが、好酸球は活性酸素を発生させるために、
さらにそれによる望ましくない症状が出てくるんです。

その活性酸素を消失するのが
水素イオンなんです。


なので、
白血球の代表のような好中球は、感染症にかかったときに戦おうとして
やはり活性酸素を発生させますが、
そんなときに、水素を不用意に取り入れると、好中球がせっかく活性酸素をだして感染しないようにしているのをダメにするので、かえって感染が悪化する、ということにもなるんです。












  • URL:https://yaplog.jp/jdkaya/archive/1646
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/jdkaya/index1_0.rdf