素晴らしい感性をお持ちのお客様たち

February 01 [Fri], 2019, 9:16
弊社の製品で、
肌に触れる衣類を、優しく洗い上げ、
皮膚に接触性皮膚炎を起こすリスクがないように、と開発した
レシヴドゥリュクス、というものがあります。


たとえ、石鹸洗剤でも、やし油から作られたものは、洗濯後にラウリン酸が繊維に残留し、それが皮膚が敏感なかたには、接触性皮膚炎を起こす原因となり、

また、醤油を取ったあとの油から、それを生かして作られたという洗剤も、
エチル系化合物が混合しているために、それが繊維に残留し、
接触性皮膚炎を引き起こす、など


ただひとくくりに石鹸洗剤だから、安心とはいえません。

そういった問題意識から生まれた、
肌に触れても優しいオレイン酸から作られた洗濯洗剤が、レシヴドゥリュクスです。



その製品を発売して以来、
ポツポツと、レシヴドゥリュクスをシャンプーとして使用するということを、弊社のスタッフがご紹介し、
なぜかというと、
今迄、合成シャンプーやコンディショナーで、髪のダメージが激しいひとは、いきなり石鹸シャンプーや
弊社のサヴォンドゥパルフェで洗髪するのは、かなり厳しい感触になるためめげやすいのですが、

レシヴドゥリュクスを使い、
加えてコアフェファシナンでリンスまたは、コンディショナーとすると、
かなり、感触がソフトになり、めげずにすむんです。

弊社のスタッフが、その裏ワザをご紹介しはじめてから、
すぐに、その良さに納得してくださるお客様たちがでてきて、
レシヴドゥリュクスは、カドゥーのお客様にとって、
肌着用洗剤だけではなく、シャンプー剤、にもなっています。



先日、たまたま出張先で、自分の持参したサヴォンドゥパルフェを実演のサンプルとして使い果たしてしまい洗濯用に持参していたレシヴドゥリュクスで、仕方なく、洗髪。



おおっ!素晴らしい指通りになるじゃありませんか?
ずいぶん前、発売直後にシャンプーとして使ってみたことはありましたが、

今更ながら、
レシヴドゥリュクスをシャンプーとしてイチオシしている
弊社スタッフと、
レシヴドゥリュクスをシャンプーとしてリピート購入してくださってるお客様たちの

感性の素晴らしさに、心から感動した次第です。
ホント、有難いことです。m(__)m


自分が、開発しておきながら、
手前味噌ですが、今更ながらに、レシヴドゥリュクスの奥深い素晴らしさを実感しました。









  • URL:https://yaplog.jp/jdkaya/archive/1641
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/jdkaya/index1_0.rdf