髭剃りでのかぶれって盲点

September 25 [Tue], 2018, 16:17
弊社の製品を使っていただいているのに、
どうもなかなかよくならない、という例があり、
スタッフから相談がありました。


ラインでお使いいただいているんですが、
どうもおかしい、、、、と
スタッフの接客報告を受け、いろいろと考察。


もともとは、ニキビからだったようなんですが、

盲点だったのは、その方が男性のお客様であり、髭剃りをしていらっしゃるとのこと、
おさらく毎日?なのでしょうか??


肌が弱い人が、無防備に強い人並みの髭剃りをしてしまうと、結構厄介なことになります。
もしかしたら、ニキビ、とおっしゃっていたのも、
実は髭剃りによる肌荒れもしくは吹き出物あるいは、髭剃り行為での肌損傷などのことかもしれないと
考えました。




もちろん、
弊社製品のユーザーさん方は、おそらくサヴォンドゥパルフェで泡を作り、その泡を髭剃り前に塗って、
髭剃り用のカミソリを用いて髭剃りをおこなっていらっしゃると思います。

そして、髭剃り後には、オリーブスクワランか、
もしくは肌の状態が悪い場合は(剃刀の傷が出来ていたり、吹き出物が出来ていたりしているときは、オリーブスクワランをすぐには塗布せず)、ウングエントオッフィキーナを髭剃り後に塗っていただくのがおススメです。

また、髭剃り後には、髭剃り前のサヴォンドゥパルフェの泡塗布によって、ひげが生えていた部分の皮膚は柔らかくなっているので、オリーブスクワランを塗ったあとには、水を何度も塗布する必要はありませんし、

ひげが生えていた部分が良い状態ではない場合で、ウングエントオッフィキーナを塗布した時も、水を何度も塗布する必要はありません。


男性の髭剃りという行為を考慮すると、
その部分への特別な説明を必要とすると、実感した次第です。


ちなみに、ウチの家族(夫)はずいぶん肌が弱いタイプだったらしく、
昔は、悪いことを知らずに市販のムース状の髭剃りを塗ってから、カミソリでひげをそっていて、
いつも、髭剃り部分の頬には、ニキビのような吹き出物が常に消えることなく、存在していたわけですが、、、



ワタシがこういう仕事をし始めて、
髭剃り用のシェービングブラシをフランスから買って帰り渡したあと、
そのブラシで泡を作り、髭剃りをするように変わりました。

そして、少し経ったころ、気づくと、なんと今までのような、吹き出物は一切出なくなり、
髭剃り部分の肌は、まったく問題がなくなりました。


髭剃りムースを使っていた時は、このスプレーででるムースがお気に入りなんだと言って聞かなかったのですが、
フランスの薬局で買ってきたシェービングブラシ(日本の薬局って、こういうの置いてないですよね?実は茅沼順子薬局もまだ取り扱っていないです(;'∀'))を手に入れてからは、
ホクホクしながら、サヴォンドゥで泡を作り顔に塗り励むようになりました。


こういう体験を自分の家族にさせたこともすっかり忘れていたことをふと思い出し、

男性の弊社製品リピーターさんたち、
大丈夫かなぁ、、、、
髭剃り、ってどうしてるのかなぁ、、、、と思った次第です。









  • URL:https://yaplog.jp/jdkaya/archive/1542
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/jdkaya/index1_0.rdf