休日ごはん:カレーと豚ヒレカツ

August 13 [Mon], 2018, 10:38
自分が美味しいと思うカツは、おウチごはんが一番ですよね。


数日前に大量に作ったカレーは、
翌日カレー弁当になり、
その後、豚ヒレカツの付け合わせになりました。

弊薬局と広島shopで販売している、
ギリシャ・イリニのオリーブ油で豚ヒレカツを揚げるときに、同時にブロッコリーも素揚げにし、
カツには、日本的にカツ用ソースも、
そして残りもののカレーとごはん。

ちなみに、
カレー作りは市販のルーを使わないんです。使うのは、基本、赤い缶入り、エスビーのカレー粉。

なぜなら、たとえ外国製のペースト状のルーのもとでも、ルーになっているのは、すでに油を加えて作っていて日数もかなり経ってますし、その中の油はあまり良い状態とは思えないし、
ペーストやルーを使ったからって、手間が省けるわけでもないし、
ただし、なんとかのバーモントカレ!!の味が好きっていうかたのお口には合わないのですが(-_-;)。。。






やっぱりねぇ、
いい油を使って作ると美味しいだけじゃなく、
身体にいいですよね。



食べた後も、
胃が重くなることもありません。


天ぷらや、フライの油って、
ついつい、もったいない、と思って日にちが経った油や
あまりよくないかも、と思われるような油を使いがちですが、

揚げ物に使う油も、栄養だと考えると、
自分の体の中に入って消化され、栄養と取り入れられるわけですから、
その品質は、とても重要です。


昔、カネミ油事件てありましたよね。
油って、ただ食材の質感を変えるためのものではなく、
身体に入って、
そのあと、良いものなら身体を健康にしてくれる栄養となるものですから、

そのものが悪いものなら、体のなかにはいって、毒ともなりかねないわけです。

酸化した油をやたらと使っている場合は、
みなさん、あまり気づいていないかもしれないんですが、
コレステロールとか、その他の疾患だけなく、
意外にも、皮膚疾患が多いんです。


おウチごはんだからこそ、
気を付けられる部分、改善できること、ですよね。





  • URL:https://yaplog.jp/jdkaya/archive/1513
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/jdkaya/index1_0.rdf