夏風邪がなかなか治らないとき

August 09 [Thu], 2018, 11:04
夏風邪で、
咳が少し若干残って不快な症状で
おなかの調子も今ひとつ、
身体は冷えているのに、いわゆる平熱なのに、
身体の中の熱がすっきりと外に出ず、発汗と体温をうまく調整できずいるとき
そして
身体のだるさや、なんだか意識がぼおっとするときなどは

その名も清暑益気湯というのがおススメなんです。

中に入っている
ゴミシという生薬を含み、日本ではなじみはないのですが、中国や韓国では昔から夏に身体によいからと取り入れられるものなんですが、
そういった生薬にとても特徴があるからこその
夏にその処方力を発揮する薬効です。


このゴミシは、
漢方は効果がなければ意味がない、という考え方だった
吉益東堂も、身体の倦怠感を取るのに優れた作用があると認めていたものです。



もちろん
この処方は
煎じこそがきちんとした効き目を発揮します。


子供から大人まで
夏ならではの倦怠感を感じてしまっている症状にお勧めです。


  • URL:https://yaplog.jp/jdkaya/archive/1509
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/jdkaya/index1_0.rdf