石鹸VS合成界面活性剤入り洗浄剤

July 13 [Fri], 2018, 18:59
これってねぇ、
話しはすごく長いんですよ。

石鹸は弱アルカリなのですが、単純にアルカリだからいけない、という科学の中途半端な話をする人もいます。

アルカリといっても、弱アルカリと強アルカリは異なりますし、
また単純に石鹸といっても、皮膚に残留するものがほとんどですし、
残留による悪影響もあり、

しかし、一方植物性界面活性剤を使用して、アルカリじゃないからいい!!という論理もかなりしたたかで、
よ〜〜〜く深い話が分からないと、
わけわからなくなってしまいます。

このワタシが
思わず、
わ〜〜〜すごい、マイルド!!植物由来の合成界面活性剤入り、香りもいいし〜〜〜、
なんだか洗った感じになってないけど、いい香りが残って、いいわ〜〜〜、なんて
言ってしまいそうな、
素晴らしいテクスチャーの製品が多種でていますよね。



そんな製品を使い続けて、まさか肌がいつかは大変なことになったり、
身体全体の健康がおびやかされたり、
河川や海がひどい状態になったり、

等々、
深い知識と精確な情報なしには、
理解は程遠い難しさ。


ウチの上質石鹸、サヴォンドゥパルフェも、
例えば、一般の化粧品や、ステロイド、皮膚外用剤、あるいは、栄養失調による皮膚代謝異常が起きているときなどなどで皮膚の損傷を引き起こしているとき、
使用できません。

また、いくらサヴォンドゥパルフェがいいといってくださっても、
皮脂分泌が少なすぎる状態の肌、赤ちゃんの時期の皮脂分泌が少ない場合なども
同様で、ぬるま湯洗いがベストの時もあるんです。


洗浄のこと、
きちんと理解してくださいね、と言っても
なかなか難しく、

あとは、聡明な方々が理解してくださるのだろうと、期待するしかない、、、
みたいな感じです。。。







  • URL:https://yaplog.jp/jdkaya/archive/1493
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/jdkaya/index1_0.rdf