眼の不調にビタCーMAX

July 07 [Sat], 2018, 10:00
眼は、体内のなかで最もアスコルビン酸濃度が高い部位だとされています。

紫外線の影響も受けやすいので、
フェリチンというたんぱく質で眼を保護するようになっています。
いわゆる透明のメラニンのようなもので、眼の組織を保護しているんです。


眼の不調にもいろいろありますが、
例えば、最近多いのは

紫外線のあるところで、
眼が痛くなったりする症状があります。
眼が開けられないほど痛みがある場合は、

現代の眼科治療では、原因不明とされ、治療方法もないとされていて、
対応策として、紫外線をカットする特別なメガネを処方されるわけですが。



こういった症状の人たちが
そのお悩みがなくなってしまって、驚かれるのが、
ビタC-MAXです。


そして、加えて行うと良いのが、
漢方や漢方サプリでの補助です。


漢方では、元々、肝臓と目は密接なかかわりがあるとされていますが、
眼の保護をする、先にも書いた、フェリチンは肝臓で作られるんです。

なので、肝臓組織に何か問題がある場合は、眼の不調を訴えることになるわけです。



しかし、
こういうアプローチをする、セルフメディケーションをサポートしている薬局は
ウチだけらしく、

治ったんだけど???と目をまるくして、報告にいらっしゃるお客様が
日々お越しになるいう状況。。。。









  • URL:https://yaplog.jp/jdkaya/archive/1488
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/jdkaya/index1_0.rdf