TPPメモ

February 15 [Tue], 2011, 14:30
他サイトのブログから転載。自分用メモ兼ねる。でも、分かりやすいので、できれば読んでほしいです。以下転載にいてですが、大体こんな3文字英字に誤摩化されてはいけません。なんの略かもよくわからず、、と言ってますね。カンチョクトに至ってはなどと間違って国会で答弁しています。とんでもないアホですちゃんと説明ツイッターすると国民が大反対するので誤摩化すためにこんな名前をけているのです。が英語名で環太平洋戦略的経済連携協定が日本語訳です。何の事かと言うと、参加国は関税かけずに自由に貿易しようよ、と言う意味です。一見、良さげな感じがしますがとんでもないまりは仕事がなくなった米国が優良な日本市場を食い散らかすだけの協定です。参加参加予定国の割合は以下のとおりアメリカ日本オーストラリアその他か国日米によるシェアがとなり、は実質日米の貿易協定なのです。関税を撤廃する訳ですから安いものが来たら日本の会社はたちうちできません。デフレでモが余っていますから安いものが更に来たら、ますますモがあふれて更にデフレが進み、みなさんの給料はどんどん安くなります。そしては農業だけが大きく取り上げられていますが実際は全ての業界で自由にやろうと言うことになります。範囲は金融、医療、家電、広告、マスメディアなど広範囲に渡ります。インフレのときはを実施して製品が足りない国へモを供給するなど良い事はあるのですが、デフレでモがあふれている時に自由にさせれば、バッタ売りでさらにデフレが強くなります。こんな時代に実施すべきではありません。今は日本は産業を保護して関税を高くし国内の製造業を守るべきなのです。でなければ中小企業は更に業績が悪化して衰退の一途をたどり、二度と日本の技術系製造業は立ち上がれなくなります。財界が賛成しているのは目の前の利益のためであって将来の日本のあるべき姿を描いていません。を締結すれば間違いなく外資に日本市場は食い荒らされるでしょう。まぁ、確かにその逆もあるでしょう。しかし待ってください。米国は中国から安いものをたくさん仕入れています。日本の高付加価値の製品は負けますね。まり売れません。アメリカは金融立国を目指し、リーマンショックで惨敗しました。今や米国の製造業はめちゃくちゃです。それをで立て直そうとしているのです。日本はその餌食になるだけです。農業だけではなく、すべての分野で米国に食い荒らされ病院まで米国の大きな病院チェーンが入ってきて、日本人の命は米国病院チェーンに委ねられる恐れがあります。もっと重大なのは日本の軍事産業が米国の軍事産業に取って代わられてしまいます。今でも四苦八苦している日本の軍事産業は息の根を止められますそうすると日本の自衛隊は米国製の武器を持たざるを得ません。これはとても恐ろしい事です。まり中国が侵攻してきた時に米国に武器を売ってくれと言ってもを突きけられたら日本を守る事も出来ないのです。今よりもっと自国を自分で守れない状態になります。日本は日清日露戦争から大東亜戦争まで独自に武器を開発して戦ってきました。それができなくなり米国の軍事産業と米国政府のいいなりになると言う最悪のシナリオが待っています。そんなものに参加しなくとも日本は世界に取り残されるはずがありません世界で孤立するぞと脅かして締結させるなど言語道断日本は年、年、年先のビジョンを立案し、その目標に向かって何をし、何をしないのか決断して行くべきなのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:不可視のレシピ
読者になる
2011年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/jddensvrxp/index1_0.rdf