今日もお絵描き修行中。りー のブログ。
ハピネスチャージな特撮感想や妄想/邪推を中心に
お送りしています。よろしくお願いします。

2014年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メールフォーム
タイトル

内容
« 第20話 世界のおわり はじまる侵略 | Main | ブレイブファイナル だいばくはつ!さよならキョウリュウジャー »
烈車戦隊トッキュウジャー 1~3話感想 / 2014/03/05(水)

【かわいいよこの2人】
トッキュウ5号かわいいよトッキュウ5号。あとはワゴンさん素敵です
※ここから先はあらすじ・ネタバレありの感想となりますので、未見の方はご了承くださいませ。※この記事はワタシの偏った感想・妄想から成り立っておりますのでいろいろ許せる心をお持ちの方のみ読み進めることを推奨いたします。

始まりましたね。烈車戦隊TQG。夢見る力→イマジネーション(光の力)を駆使して、闇の力(イマジネーションを失った)と戦う新ヒーロー、出発進行です!1〜3話、まとめて感想です。そして、レインボーラインが予想以上にデンライナーだったこと。ヒカリ(トッキュウ4号)が予想以上に二郎じゃなくイケメンだったこと。設定が予想以上にアキバレンジャーだったこと。

放送前画バレでそのスーツのシンプルさ故かカッコ悪いと揶揄されてましたが、ワタシもそう思います(え)。でも昔、シンケンジャーを見た時以上の衝撃では無いです。シンケンジャーを初めて見た時は「来期の戦隊をワタシは愛せない!」と戸惑いましたが最期は名作認定せざるを得なかった過去から、ワタシ外見では判断しないようにしてます。でも、トッキュウオーはないわー 超カッコわるいわー 愛せないわー

1〜3で出てきた内容をまとめてみると、

@ライト→イマジネーションが飛び抜け。→超かわいい
Aトカッチ→イマジネーション型不明→また青がコメディ要員か!
Bミオ→イマジネーション型不明→学級委員?この人が頭脳担当?
Cヒカリ→根拠の無いイマジネーションは出来ないよ。→二郎イケメンだよ二郎
Dカグラ→なりきり系思い込みが激しい。→ツインテ要員ならもっとロリ顔にしてほしかったなー
ワゴンさん→はげしくエロス。


TQG第1話で一番印象的な台詞は「死んでるも同然」。愉快で明るい感じで始まったTQGの1話ラストででてきたこれまでの30分間をちゃぶ台返す「死んでる」の単語。ライトたちが記憶も無く「死んでるも同然」なのは闇に飲まれたどこかの街の住人だったからではないか?とヒカリが予想したものの、車掌によればきっかけは分からないが5人は自身が持つイマジネーションの力で闇から弾き出されてレインボーラインに飛び込んできたのでしょう、とのこと。そうするとライトだけシャドーラインで覚醒した、というのが終盤どう効いてくるのか期待といったところでしょうか。3話を見てみるとTQGをやってシャドーラインを倒していくと自分たちの記憶が少し戻ってきて自分たちの事が分かるという事らしいです。まさに「自分探しの旅」。

巷ではライト達が記憶が無い理由を「実は本体は子供のままだから」等の推測が出たりしていますが、3話でライトがトッキュウオーを勃○させて棺を破壊したイマジネーションから本体子供では無いのではないかと(オイ)。

白線の内側で待たされる変身とか、「撃ちまーす!ご注意くださーい!」とか無意味な乗り換えとか面白要素満載で、見てて楽しいです。テーマもイマジネーション→夢見る力は不可能を可能にする無限の力とか素晴らしいです。ま、乗り換えは後々の伏線ぽいことが劇中で言われてましたが。てか、3話巨大戦でトッキュウオーがチェーンシャドーの鎖に絡めとられた時にトカッチが「イマジネーションエネルギーが吸い取られてる!」とか叫んでましたけど、いつイマジネーションをエネルギー化してるっつー言及があったしかもエネルギー尽きるんかいその手のエネルギーは無限だろうよてかイメージ通り動くって車掌言ってたじゃん!ワタシはどうもトッキュウオーが絡むとシャドーラインに呑み込まれるらしい。おのれトッキュウオー…

今期の怪人さんのキャラデザのテーマは「ゴシック」ということではげしく好みでーす。グリッタ嬢は必ずクレイドール化する、俺の占いは当たる。

主題歌いいですねー!主題歌!燃える!最終決戦でこの歌と共にTQGが走ってくると思うと胸熱です。あと、こける担当が毎回地味に変わってるのが笑えます。そして別にメイン回と連動してる訳じゃなくて素敵。

こんかいトッキュウ1号のキメポーズでちょっと胸を反る?感じになるとこがかわいくて好きです。すごくライトっぽい。前作のダイゴの野生児ぽいしぐさからすぐにライトのかわいい感じに演じ分けられるなんておっしー凄い!そして3話で見せた竹内先生のブランコジャンプ、危ない。良い子は真似しないでね!

なんかねーどうなんでしょ?小林さんのイメージとしてもっとハードな世界観の方が書きやすいのではないでしょうか?ゴーバスで戦隊を敢えて分散させて戦わせるアプローチとか、巨大戦を有機的にお話に組み込もうとしていた方がイキイキしていた感があるんですよねー。キョウリュウジャーで玩具のギミック・特徴をお話に入れ込むと売れると三条さんが実証してみせたお陰で、恐らくはギミック描写を入れる方向性があるんでしょうがいまのとこ不発ですよね。2話の分裂で銃弾を避けるとか別にカッコ良くはないんですよね…3話のアレもホント…残念無念な…トッキュウオーはカッコ良く無いので(キッパリ)初期は合体シークエンスの演出だけで魅せておけばいいのになぁ。てゆーかレッドレッシャーが喋れば良かったのに。アレですか?戦隊予算は前々作の売り上げによるという噂なのでなんかレッシャに声優つけるのに予算不足だったんですかね?列車が喋ったらトー○スみたいで気持ち悪かったのに!

個人的に真面目なハードなやつが好きなので(ゴーバス好きでした!)戦隊がお笑い系ならライダーはバナナかぶったりしないでシリアスなデザインでやってほしかったなー。最初はお笑い系で「こわくないよー」とチビッ子を引き入れて最後はちょっとシリアス入れて燃え展開、って勝ちパターンなんでしょうけどそればかりでは飽きますー。最近ライダーでも心撃ち抜かれるデザインが無いです。はげしく飢えています。
Posted at 12:13 / 烈車戦隊トッキュウジャー / この記事のURL
コメント(1) / トラックバック(0)

この記事のURL
https://yaplog.jp/jatei-lee/archive/477

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
https://yaplog.jp/jatei-lee/tb_ping/477

コメントする
名前:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

コメント

今日はタンゴレッスンのため早起きしたので
初めてトッキュウジャー見てみましたよ

それはさておきのタンゴレッスン
95パーセント常連さんの中に混ざって
頑張ってきました!
学さんも参加の皆さんもフレンドリーで助かりました
が、初めてだからって最前列(学さんの真後ろ)に立たせないで〜(@_@)
(笑)
足も痛まず良いリハビリになりましたので
りーさんも次回は是非是非(^_^)v
Posted by:淳子 at 2014年03月09日(日) 15:55
yaplog!PR
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りー
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
今日もお絵描き修行中『りー』です。よろしくお願いします。
Yapme!一覧
読者になる