北方の息吹(八十七)

July 02 [Wed], 2008, 20:09
 北海道で洞爺湖サミットが開かれる。今回、首相はサ
ミットの場で北方領土問題を話題にしない旨が新聞で報
道されていた。サミットのような場でこそ、北方領土問
題の話題にも触れ、等身大の姿として世界に認知しても
らうべきだと考えていた私は記事を見て意外な思いがし
た。他にも議題があるとはいえ、懸念事項を避けていれ
ば、相手には又は国際的には日本が不条理な状況を是と
したと、つまり懸念事項は黙認したと認識されかねない
と感じるのは間違いだろうか。

 ある会社員の方が
「北方領土問題は歴史的に見ても理不尽ですよね。」
と私に言った。何故、理不尽な状況が今も尚まかり通っ
ているのか。私は残雪を掻き分けるように交渉の堆積を
辿っていきたい。事実が存在して、交渉の履歴が蓄積し
、幾つかの時代の風潮があり、現在に活きている交渉が
ある。いつの段階で何が変わったのか。いつの段階で何
かがあったのか。そういう視点で交渉を回顧してみたい。
 以下、引用する。

   ?フルシチョフ首相宛・池田総理の返書(抜粋)?
      一九六四年二月七日

 (略)この意味で私は日ソ間に存在する最も重要な懸案
 である領土問題について、この際一言いたしたいと思い
 ます。この問題に関するわが方の見解はすでにたびたび
 明らかにされたとおりでありますが、国後、択捉両島は
 歴史上、未だかつて帝政ロシアないしソ連またはいかな
 る他の第三国の領土であったこともなく日本国民はすべ
 てこれらの日本固有の領土の返還を心から望んでおりま
 す。このわが国の主張は貴簡に述べられている「復しゅ
 う主義分子の要求」とか「正当な戦後の領土処理を再検
 討する計画」などは縁もゆかりもないものであります。
 一時的な力関係によって生じた事実上の状態を恒久化し
 ようとして日ソ間の領土問題はすでに解決ずみであるか
 のように一方的に主張し、日本国民の公正な主張に目を
 ふさぐことは、国際問題の平和的解決を推進しようとす
 る態度とは決して申せません。
 私はこのような未解決の日ソ領土問題が平和的話し合い
 によって公正かつ速やかに解決され両国間の長期にわた
 る友好関係の基礎が樹立されることを心から希望します。
               (以上、引用を終える)
 
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:元・東大阪市議会議員きむら・まさはる(45歳)
読者になる
2008年07月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
築地博士
» 日本政府の韓国への輸出規制について (2019年07月11日)
うぼで
» 諸事実に何を見るか (2019年07月02日)
うぼで
» 各野党の見解について (2019年06月16日)
うぼで
» 愛子さまを次の天皇にとの議論について (2019年05月26日)
和歌川のサギ
» 令和元年明けましておめでとうございます (2019年05月01日)
うぼで
» 安倍政権が企む皇統断絶 (2019年04月27日)
星のブランコ
» 統一自治体選挙と地域の四方山話 (2019年04月15日)
うぼで
» 今上陛下は譲位されるのであり退位ではない (2019年03月23日)
アフリカの星
» 今上陛下は譲位されるのであり退位ではない (2019年03月16日)
Yapme!一覧
読者になる
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/japanbland/index1_0.rdf