都市圏時間と地方圏時間

January 16 [Tue], 2018, 0:07
 お盆や年末年始を故郷で過ごすことで現在の生活地と故郷と
の二つの時間空間を過ごすことになる。
 大学進学と共に故郷から単身で関西へ出て以降、26年間が
経過したが、若い頃は都市圏へ出ることが喜びであり希望であり
心躍る時間でしか無かったが、年を重ねるに連れて皮膚感覚が
変わっていくのだろうか、故郷も含めた地方圏と関西や関東という
都市圏との二つの皮膚感覚を殊更に感じるようになった。
 都市圏時間と地方圏時間という全く異なる二つの時間空間が
存在する。
 都市圏時間は快適なのだが、その快適さも刹那でありそれを
繰り返す日々の連続の中で歳月が過ぎていく。まるで竜宮城の
ようである。
 また地方圏時間は場所によっては時間や空気が完全に止まって
おり十年で一日が如き時間空間が淀んだ状態で寂寥感と共に存在
している。勿論、地方圏にも美しい海辺や山間地など良き空間もあ
るが都市圏時間とは全く異なる時空が流れている。

 お盆や年末年始で都市圏と故郷とを往復することを重ねるうちに
都市圏時間と地方圏時間とを自覚するようになり、どちらが良いと
言えないのだがその全く異なる時間空間が存在するという事実を
自覚しないではいられなくなった。
 人口減で山間地の集落が消滅していく地域も全国で存在する。
 産業構造の都市圏への集中で地方圏で生まれた若者が都市圏
に流出して、以降は都市圏で定住し地方に戻らない時代が続いた
ことで過疎化が全国的に進んだ。
 少子化による人口減少と過疎化は相互に関連し同時進行している。
 識者の中には過疎地へ定住者を呼び戻すことを諦めて集落から撤退
する視野も必要だと述べている事例もあったが、消滅する集落が続出
するようになれば即ちそれは国土の荒廃を意味することになり私は同意
する気にはなれない。
 津々浦々に日本人の息吹があってこその健全な国土ではなかろうか。

 国土を人間の身体に置き換えれば、関西や関東の都市圏は人間の
頭脳や心肺機能に相当し各地方や集落は人間の末梢神経や毛細血管
に相当すると感じている。
 地方やそれぞれの集落が廃れていくことは人間の身体で言うならば
毛細血管が詰まったり傷んだり、末梢神経が麻痺していく事に相当し
総じて人間の身体が弱っていくようにそれぞれの地方が廃れ過疎地が
更に過疎化し消滅する集落が出てくることは国土が衰えていくことに至る
ことは自ずと明らかである。
 人間の身体でも毛細血管や末梢神経が重要なように国土においても
各地方やそこにある山間地や海辺の集落、津々浦々の生活圏や営み
は大切なものである。
 地域によっては都市圏の自治体よりも進んだ取り組みや独自性の輝き
を放っている事例もあるように、都市圏の充実と同時にいかに各地方圏
も充実させていくかという視野がより必要になると言える。

 いつも帰省する時には車や列車が西に向かう中でクールダウンしていき
故郷モードの私に変わっていく。そして現在の都市圏での居住地に戻る際に
は車や列車が東に向かう中でラジオの周波数が変わっていくように現在の
モードの私に戻っていく。
 また帰省に限らず都市圏からどこかの地方圏に行く際には周波数や波動
が変わっていくように、ご当地の周波数のチャンネルに会わせた視野と皮膚
感覚に転じていく。
 そのような周波数の変化やモードの転換を重ねる中でふと都市圏時間と
地方圏時間という全く異なる時間空間を感じ、そのいずれもの大切さを感じ
ないではいられないのである。
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

時間が気になるなら、故郷と現住み処との中間位の場に出掛けられたら丁度いい感じの空気が感じられるのでは…。

by 友去りて January 17 [Wed], 2018, 8:36
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:元・東大阪市議会議員きむら・まさはる(45歳)
読者になる
2018年01月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
築地博士
» 日本政府の韓国への輸出規制について (2019年07月11日)
うぼで
» 諸事実に何を見るか (2019年07月02日)
うぼで
» 各野党の見解について (2019年06月16日)
うぼで
» 愛子さまを次の天皇にとの議論について (2019年05月26日)
和歌川のサギ
» 令和元年明けましておめでとうございます (2019年05月01日)
うぼで
» 安倍政権が企む皇統断絶 (2019年04月27日)
星のブランコ
» 統一自治体選挙と地域の四方山話 (2019年04月15日)
うぼで
» 今上陛下は譲位されるのであり退位ではない (2019年03月23日)
アフリカの星
» 今上陛下は譲位されるのであり退位ではない (2019年03月16日)
Yapme!一覧
読者になる
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/japanbland/index1_0.rdf