フェイスブックからのハニートラップ

October 29 [Mon], 2012, 17:16
 予想通りの展開が生じた。
 フェイスブックを始めてまだ1ヶ月と少々だが私のほう
から「友達」のリクエストをしたり逆に「友達」のリクエ
ストが来たりする中で交流する人数が増えて行き、いわば
集団交換日記のような状態を楽しんでいる。
 「友達」登録していない人も私のフェイスブックを見る
事も多々あり、そういう中で画像の上での見かけが可愛ら
しい女性から「友達」申請があった。

 基本的にフェイスブックは面識の無い男女や一定の信用
のある根拠を感じない相手は「友達」承認しないようにし
ているが、私も男であり、つい気が緩んだ。
 画像の可愛らしさとフェイスブック登録上の故郷が同じ
であった為に警戒心が緩み「友達」承認をしたのである。
 それから数日が経過して、その女性からフェイスブック
にメッセージが届いた。今後はメールでやりとりしたいと
いう。と同時にフェイスブックを退会するともいう。理由
は知らない人から沢山変なメールが届くようになったから
という。この女性はフェイスブックを開始して僅か1週間
でフェイスブックを退会したことになる。

 私は相手に余程の嫌悪感を感じない限りは頂いたメール
に返事を送っている。今回もその女性のメールアドレスに
季節の挨拶程度の返事を送った。
 基本的に緊急の用件や重要なメールは携帯メールに受け
る事にしておりパソコンのメールは毎日1回程度確認する
くらいである。私が1日外出している間にその女性からの
メールが数通溜まっていた。是非共、私と気楽にメールで
話ができる仲になりたいという。支障のない範囲でならメ
ールでの意見交換等は構わないと返事を送ると、27歳と
いうその女性は夫への不満を感じさせる内容を書き私と食
事がしたい、飲みにいきたいと言ってきた。
 同時に自分のブログを見て欲しいと添付されていたアド
レスをクリックすると、携帯でしか見る事ができないシス
テムのサイトであった。私は本能が警戒のベルを鳴らしあ
る種の怪しさを感じたので「何故、普通に見る事のできる
ブログではないのか」と違和感を感じている旨を述べ、又
「夫がいるあなたと食事をしたり飲みに行くのは誤解を招
くから二人きりでは行けません」と釘を刺しておいた。

 ちなみにフェイスブック上での名前は仮の名前で本名は
全く違う別の名前である。送信されてきた添付画像を見る
と容姿だけは爽やかな印象を受ける若い女性なのだが本能
的に危険性を感じたので、念のためにその女性の名前で検
索してみた。すると今問題になっている出会い系サイトで
は有名な女優というのか女性であった事が分かった。
 基本的に出会い系サイトに出入りする男女は俗に言えば
ろくな者がいないので私はそのようなサイトには一切アク
セスした事がないから当然、その世界で有名な女優の事も
知る筈がなかった。
 出会い系サイトの運営には周知の通り、色々と複雑な団
体が絡んでいる場合が多い。私の危険を察知した直感は正
しかった。少しでもこの女性に深入りすると後でトラブル
に巻き込まれる危険性があった。
 この27歳の女性はどこで私の事を知ったのか計画的に
私と先ずはフェイスブック上で「友達」になる事を狙い、
フェイスブックに加入し、それが上手く行った途端にフェ
イスブックを退会し、私と直接メールでやりとりする方向
に持っていこうとした。しかも夫が冷たいし遊びに連れて
行ってくれないから私と会いたいと切り出し、警戒心の緩
い男ならここで一度や二度は会う者もいただろう。
 しかしこの女性は知る人ぞ知る、出会い系サイトでは有
名な女優であったのだ。もし私に警戒心が無く気楽な気持
ちで会っていたら後日、トラブルに巻き込まれている可能
性すらあった。

 私は直感で、これもハニ−トラップの一種だなと感じた。
 この女性の背後には色々な人達が絡んでいる可能性が高い。
 私がもし警戒心が低く、その美しい女性と食事でもしたり
飲みに行くなり二人で会ったなら、予め打ち合わせしていた
仲間が夫だと称して「夫婦の仲を裂いてどうしてくれるのか」
「俺の妻に何をするのか」と絡んでくるだろう。
 この若い女性は夫との不仲を匂わせる事をメールで述べて
いたが、果たして本当かどうか分からない。また果たして本
当に結婚しているのかさへ分からない。数名の計画的な男女
のグループで情事のもつれに引き込み、後日、言いがかりを
つけて来てトラブルに巻き込む。これも立派なハニートラッ
プではなかろうか。
 私は厳しい文面でこの出会い系サイト上の有名女優に断り
のメールを送ったのは政治活動で養った警戒心が機能したも
のだと感じている。

 政治家も多くがハニートラップにやられてきた。
 ある時は政治生命を断つ為に、またある時はその政治家の
弱みを握り以降を言いなりにさせる為に仕掛けられる色仕掛
け、情事の仕掛けである。
 誰でも怪しいと感じる女性に嵌まる事は無いが、ハニート
ラップの特徴は全く警戒感すら抱かせないような場面で全く
疑いすら抱かない相手から、美しい女性を紹介されたり或い
は容姿端麗な女性が傍に侍っていたりする普通の仕事風景の
中や宴席の後の接待の中で仕掛けられてしまう事である。
 多くの政治家、経営者、マスコミ関係者がこれに嵌められ
てきた。その事が時に国益すら失いかねない事にもなる。
 米国や中国もよくこのハニートラップを用いる。
 今日、我が国が不自然に何かの被害を生じている背景には
我が国の政治家や官僚、マスコミ関係者の多くがこのハニー
トラップの仕掛けに陥り完全に弱みを握られているからでも
ある。ハニートラップで弱みを握られた政治家、官僚、マス
コミ関係者は以降、その仕掛け人の言いなりにならざるを得
なくなる。
 国家の危機や身の危険はこのような角度から生じる事もあ
るのである。
 形は違うが、私もまさかフェイスブックを利用して私に接
近して不倫の情事に持ち込みトラブルに巻き込もうとするハ
ニートラップを仕掛けられるとは思わなかった。本能が警戒
しこの罠に陥らなかったのだが、政治家はハニートラップに
は充分に警戒しなければならない。
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

木村先生。
 
 それは、古典的な美人局かもしれませんが、現代的な「メール詐欺」かもしれません。
つまり、メールに依る頻繁な「交信」に相手を誘い込み、多くは外国のサイト経由で、法外な料金が請求されるものです。 相手は、第三国経由で通信するように誘うのです。 多くは、携帯電話での詐欺です。 「日経」に以前掲載されていました。 政府系のネットに依る犯罪の啓蒙サイトでも読んだことがあります。 
 兎も角、そうそう甘い話がある筈もありませんよね。 日本人は、外国旅行等でも、相当な頻度でこの種の犯罪、乃至、陰謀に嵌られているようです。 外国の警察当局でも「囮捜査」は認められている例が多いので、例えば、米国で、妖艶な女性に、酒場等で、口説かれて客になるように云われるままに自室へ連れて行き、拳銃を突きつけられて逮捕された、等とはよく聞かれる話です。 「買春」です。 まだ、逮捕で済めば良い方で、相手が犯罪者ならば、身ぐるみ剝がれます。
撃たれて死ぬこともあるでしょう。 おおー怖わ。 

by とら猫 October 29 [Mon], 2012, 21:13
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:元・東大阪市議会議員きむら・まさはる(45歳)
読者になる
2012年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
築地博士
» 日本政府の韓国への輸出規制について (2019年07月11日)
うぼで
» 諸事実に何を見るか (2019年07月02日)
うぼで
» 各野党の見解について (2019年06月16日)
うぼで
» 愛子さまを次の天皇にとの議論について (2019年05月26日)
和歌川のサギ
» 令和元年明けましておめでとうございます (2019年05月01日)
うぼで
» 安倍政権が企む皇統断絶 (2019年04月27日)
星のブランコ
» 統一自治体選挙と地域の四方山話 (2019年04月15日)
うぼで
» 今上陛下は譲位されるのであり退位ではない (2019年03月23日)
アフリカの星
» 今上陛下は譲位されるのであり退位ではない (2019年03月16日)
Yapme!一覧
読者になる
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/japanbland/index1_0.rdf