チョウチョウウオ始めました

January 14 [Mon], 2019, 23:02
10年以上続けてきたサンゴ飼育を引退しました。

ミドリイシ達は昨年末に全て里子へ。

新年になり、ガラーンとなった水槽に新しく迎えたのは




チョウチョウウオです。

サンゴを飼育していた時から気になっていた魚。
サンゴ飼育の王道がミドリイシなら、
海水魚飼育の王道こそがチョウチョウウオなんじゃないでしょうか。

まずは、チョウチョウウオ初心者に最も飼いやすいとされる
アケボノチョウを購入してみました。

餌付けが難しいと言われるチョウチョウウオ。
(注:私の海水魚に関する知識は数年前で停まっているので、現在ではそうでもないのかも)
冷凍餌を使ったり、アサリを使ったりして長期戦となる事を覚悟して挑んだのですが、
意外にも購入したその日から人工餌爆食いでしたw



しかし、ここで予想外の問題が・・・





先住のニシキヤッコが
めっちゃ威嚇してくるのです。


追い回され、突きまわされるアケボノチョウ。
慌てて餌付け用の隔離ケースへと逆戻り。

ヤッコとは全くの別種なので、ニシキがここまで攻撃してくるとは思いもしませんでした。

レイアウトの岩組を変えて縄張り意識を解除させてリトライするも駄目。
このままではアケボノチョウを隔離ケースから出せません。

・・・さて・・・・・・どうするか・・・・・・。


そこで私が採った作戦がこちら。







もういっちょチョウチョウウオをぶっ込む。

ニシキよりも大きく、それでいて性格的にきつくない魚を入れて
ニシキの意識を分散させ、かつ圧力をかけるという雑な作戦。

買ってきたのは、ニシキヤッコより一回り大きいコーラレバタフライフィッシュ。
コラリスの愛称で呼ばれる通好みなチョウチョウウオです。

アケボノチョウを隔離ケースから放し、
水合わせをしたコラリスを隔離ケースへ。


これが大成功。

ニシキがまたアケボノチョウを追い払おうと近付いてきますが、
隔離ケースにいる自分よりデカい『何か』が気になって強く出れない。

逆に、勢いが弱まった相手に対してアケボノチョウは背鰭を広げて応戦。
一方的な追い回しではなく、新しい魚を入れた時によく見られる普通の「大きさ比べ」に。

その結果、数十分後にはニシキが優位性を持ちつつも落ち着いた関係になったようです。
餌をあげても普通に一緒に食べていました。


ニシキとアケボノチョウはこれにて一件落着。

・・・・・・がしかし、今度はコラリスの飼育というミッションが。

コラリスは「チョウチョウウオ初心者は避けるべし」と言われ
特に餌付けが難しいポリプ食性のチョウチョウウオ。

なぜチョウチョウウオ初心者がそんな無謀なミッションに挑んでしまったのか・・・。

ショップで一目見た時、すごく状態が良いように思えたのです。
なんかいけるんじゃないか・・・と。
店員さんに聞くと、人工餌は食べないけど冷凍ブラインなら食べるとの事。
実際に店員さんが撒いてくれた冷凍ブラインを爆食いしていました。

実はここ数年、「餌付けがやや難しい」とされる魚の餌付けでは失敗した事がない私。
これなら冷凍ブラインにフレークフードを混ぜて漂わせれば、そのうち食ってくるんじゃ・・・
なんて思って購入してしまいました。


そして、この日からポリプ食性チョウチョウウオの
餌付けと格闘する事になったのでした・・・。






・・・・・・・とおもっていたら、


コラリス、買ったその日から
フレークフード爆食い





なんじゃこりゃ?
とんでもない当たり個体を引きまくっているのか、
はたまた、私の「魚の難易度」についての知識が時代に取り残されているのか・・・。





隔離ケースから放したばかりの二回り小さいアケボノチョウとコラリスを
いきなり一緒にするのも危ないかもしれないので、
アケボノチョウが水槽内に落ち着くまでコラリスは数日間隔離ケースにいてもらいます。


ここから始まるミドリイシ飼育の時には無かった魚乱舞の水槽へ。
どうなっていくかは私にもわかりませんw




にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村?
ランキングに参加しているので、お一つポチッとしてくれたらありがたし

  • URL:https://yaplog.jp/jaeger/archive/1752
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
>TAKATOさん

魚専用水槽なら今でもベアタンクが適していると思いますよ。
この水槽も随分古くなってきていますんで、買い替えた時にはそうしようかと思っています。
January 18 [Fri], 2019, 0:30
TAKATO
昔はチョウチョウウオ飼うならベアタンクでってな時代もありましたもんねぇ。
チョウチョウウオの乱舞は憧れるなぁ。
January 17 [Thu], 2019, 3:27
2019年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:イェーガー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1978年
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 趣味:
    ・ペット-海水魚&サンゴ水槽と愛犬のキャバリア「モカ」
    ・釣り-主に渓流でのトラウトアングラー
    ・カヤック-セビラー ハドソン
読者になる
脅威の小遣い額で海水魚水槽を維持し、渓流ルアーやバイクにまで手を染めてしまったへっぽこアクアリスト。愛犬「モカ」も仲間入り!



<愛犬>
名前: モカ (♀)
犬種: キャバリア・K・C・スパニエル
誕生日: 2008.8.8
性格: 超あまったれ&極小サイズ



モカさん1周年記念スライド


<水槽のタンクデータ>
こちらをクリック


<タンクメイト>



フレームエンゼル
名前: アズナブル君
こんがり日焼けした三代目フレーム。 弱きを挫き、強きに媚びる カリスマ性ゼロの赤い彗星。



イナズマヤッコ
名前: 殿下
まだまだ大人の階段登り途中。 ロリっ気の残るチビイナズマ。 今日もビビリと好奇心の狭間で揺れ動く。 目指せボスの座。


カクレクマノミ
名前: にもじい
我が水槽最強にして最年長。 飼育8年を超える長老クマノミ。 イソギンの代わりにコエダナガレハナサンゴに庵をかまえ、 害なす物には容赦しない火玉じじい。 掃除で手を突っ込む度に噛みついてくる。結構イタイ。


キンギョハナダイ
名前: 未亡人
元の名前は「嫁」。 妻を追い払ったりするDV気味の「旦那」と暮らしていたが、 そんな旦那にも先立たれ、女一人身気楽に過ごす。


イトヒキテンジクダイ
名前: しゃくれ1号〜6号
口の中で卵を育てるマウスブリーダー。 それゆえか、年に何回かすっごいしゃくれる。 もちろん、どれが何号とかわかりゃしない。


サンゴたち
物は言わぬが、 文句がある時は溶けて主張。(泣)





1.023worldReef Ring
List Rank
<5 < > 5>


コーラルフィッシュVol.19で紹介されました

参加中のランキング


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ



メールフォーム
タイトル

内容
P R
月別アーカイブ