(`・ω・´)家具編+サイト 5

September 22 [Mon], 2014, 22:38
よーし、本日は何について書こうかな…。やっぱり家具とかかな…。

栗材1枚天板の平机

1枚板が天板に使用された、昭和30年代頃の平机です。材は栗だと思います。天板には染み等ありますが、木目がかなりはっきりと出た良い質感。このような平机で1枚板が使用されている物はなかなか珍しいと思います。幅915、奥行き600、高さ ¥23,500お取り扱い中

(続きを読む)




軸流ファンについて。羽根の回転によって、空気が軸方向に流れるファンの総称のことを言います。軸流ファンは、静圧は小さいが、風量は大きいと言う特徴があります。

木の種類、ホンジュラスローズウッドについて。耐久性については非常に高く、経年による劣化もほとんど見られないため、キャビネットなどの洋風の高級家具の材料として古くから愛されてきました。また、内装材、ビリヤードのテーブル、彫刻の材料として使われます。その他にも鍵盤、ピアノの本体、木琴のバーなどの楽器の材料としても用いられている。乾燥には時間がかかり、ゆっくりと乾燥させなければ、干割れや表面割れなどを起こしやすい木材。乾燥すれば寸度安定性が高くて変形のない木材となる。強度については全体的に高く、特にホンジュラスローズウッドは高密度である事で知られている。また、蒸し曲げに対する適正は高いのですが、弾力性はやや低いよう。ホンジュラスローズウッドの加工性については加工自体の難しさはなく、切削との相性も良いため、素晴らしい仕上がりを得る事ができますが、道具の刃先を鈍らせるという性質が見られるので、加工の際には定期的に刃先のチェック行うべきだと言える。

あ〜、宅急便が来たみたい、終わり〜、ワイドチェスト
  • URL:https://yaplog.jp/j5euh372538/archive/43
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/j5euh372538/index1_0.rdf