スーパーCO中毒 カツオは無関係 東京・江戸川(産経新聞)

May 22 [Sat], 2010, 1:42
 東京都江戸川区のスーパー「マルエツ松江店」で女性従業員2人が一酸化炭素中毒(CO)になった事故で、カツオから検出されたCOは微量で中毒になるほどではなかったことが19日、江戸川保健所への取材で分かった。

 同保健所によると、検出されたCOは1ppm未満だった。中毒症状が起きるのは一般に200ppm以上という。このためカツオ以外に中毒の原因があるとして、保健所や警視庁で詳しく調べている。

【関連記事】
新日鉄君津で塗装作業の男性が一酸化炭素中毒死
中国製ギョーザ中毒 千葉の袋にも穴が見つかる
「ヒロ君の死、無駄じゃなかった」 パロマ元社長有罪で両親会見
毛髪の水銀濃度4倍以上 鯨類を食べる機会が多い和歌山県太地町
【今、何が問題なのか】1歳で薬物中毒
中国が優等生路線に?

京都点滴混入裁判 検察側が懲役15年を求刑(産経新聞)
元上司、交際相手の遺体を重機で隠す(読売新聞)
理解得られる解決策探る=和解協議入りでコメント―長妻厚労相(時事通信)
"体制維持こそ重要” 崩れつつある米の対中戦略(産経新聞)
小沢氏、不起訴の公算 大久保・池田元秘書を再聴取(産経新聞)
  • URL:https://yaplog.jp/j59qzeip/archive/55
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。