<1票の格差>札幌高裁は「合憲」 判断、最高裁へ(毎日新聞)

April 28 [Wed], 2010, 3:34
 議員1人当たりの有権者数を選挙区間で比較した「1票の格差」が全国で最大2.30倍に達した昨年8月の衆院選が、法の下の平等を定めた憲法に違反するかどうか争われた訴訟で、札幌高裁(井上哲男裁判長)は1票の格差を合憲と判断し、選挙やり直しを求めた有権者側の請求は棄却した。

 一連の訴訟は全国の高裁(支部含む)に9件起こされており、札幌高裁で判決が出そろった。今後、原告側の上告を最高裁が大法廷に回付し、憲法判断を示すとみられる。国政選挙の無効確認訴訟の1審は、高裁で行われる。

 訴状によると、有権者数全国最少の高知3区の選挙権の価値を1票とすると、北海道1区では0.45票しかない。原告の有権者側は、96年に導入された小選挙区比例代表並立制で、人口分布に比例した配分とは別に都道府県に定数を1ずつ割り振った「1人別枠方式」が、格差の原因だと主張。被告の北海道選管側は「選挙制度は国の裁量に委ねられている」として請求棄却を求めていた。

 衆院選の1票の格差は、03年選挙時の定数「5増5減」で2.15倍まで縮んだが、以降は見直されず、その後の2回の選挙で格差が徐々に広がっている。【久野華代】

【関連ニュース】
1票の格差:衆院小選挙区は「違憲状態」 高松高裁判決
参院改革協:来年中に具体案作成へ…今夏1票格差是正断念
発信箱:1票と基地=三森輝久(西部報道部)
1票の格差
1票の格差:昨年衆院選訴訟、高松は「違憲状態」−−高裁判決

死刑判決を破棄、差し戻し=元義父の刑務官−大阪母子殺害・最高裁(時事通信)
河村市長と議会、給与800万円で応酬(読売新聞)
露骨すぎる?“橋下徹”と書かれた異例の規約(産経新聞)
「部下なし係長」2万6600人=国交省が最多−政府答弁書(時事通信)
免許ない乗組員が操船=沖縄の3人死亡事故−運輸安全委(時事通信)

<天窓事故>小学校長と教諭に罰金命令…東京簡裁(毎日新聞)

April 24 [Sat], 2010, 11:52
 東京都杉並区立杉並第十小学校で08年6月、6年生の中村京誠君(当時12歳)が校舎屋上の天窓を突き破って転落死した事故で、東京簡裁は、業務上過失致死罪で略式起訴された宮山延敬校長(56)と、授業を担当していた塩田弥生教諭(51)にそれぞれ罰金20万円の略式命令を出した。命令は9日付。杉並区教委によると、2人は罰金を納付する意向だという。

【関連ニュース】
文科省:天窓の安全管理の徹底求める通達 鹿児島の事故で
天窓転落:校長ら略式起訴 杉並の小学校
鹿児島・霧島の男児天窓転落:文科省、安全管理の徹底求める通達
東京・杉並の小6転落死:校長ら2人を略式起訴
霧島の男児天窓転落:市、天窓に保護柵設置へ 事故受け、7校25カ所に /鹿児島

41年ぶり、都心で最も遅い降雪=低気圧と強い寒気が影響(時事通信)
峠の捨て犬救え!作家らが捕獲、飼い主探しへ(読売新聞)
松本清張賞に村木嵐さん(時事通信)
エア・ドゥ機が羽田引き返し=異常表示で右エンジン停止(時事通信)
中国人から「中国の恥だ」 上海万博PR曲に盗作疑惑(J-CASTニュース)

イチゴ畑でミツバチ盗難続発=不足で価格上昇、転売目的? −頭抱える農家・静岡など(時事通信)

April 23 [Fri], 2010, 1:26
 静岡県など各地のイチゴ農家で、ミツバチの盗難が相次いでいる。受粉に欠かせないミツバチは供給不足で価格が上昇。頭を抱える農家からは「転売目的で盗んだのでは」との声も出ている。
 静岡特産のイチゴ「紅ほっぺ」の産地・同県伊豆の国市では3月31日夜から1日朝にかけ、6軒の農家からミツバチの巣箱10個(計6万匹)が盗まれた。「とちおとめ」で知られる栃木県でも6日から7日にかけ、那須烏山市で約1万匹が盗まれた。栃木県警によると、今年はほかに5件の盗難被害があった。京都府でも今年に入り、綾部市や亀岡市などで盗難が続いた。
 イチゴの栽培では、受粉させるため花粉を運ぶミツバチが不可欠。伊豆の国市でミツバチを盗まれたイチゴ農家の60代男性は「ミツバチがないと形が悪くなり、売り物にならない」と嘆く。別の農家の女性(83)は「58年農業をやっているが、ミツバチを盗まれたのは初めて」と驚きを隠さない。
 農水省によると、ミツバチは感染病のため2007年に輸入が停止され価格が上昇。輸入は昨年再開されたが、冷夏や長雨などの影響で繁殖量は伸び悩んでいる。 

【関連ニュース】
【特集】昆虫記者のなるほど探訪
〔写真特集〕ミクロの世界
花粉症根治薬、8年後にも実用化=鳥居薬品と共同研究開始
花びらが多いシクラメン=遺伝子操作で開発
花粉、例年並みか少なめ=日照不足や低温影響

首相動静(4月15日)(時事通信)
夫、刺され重傷「別れ話で…」 妻は車に飛び込み重体(産経新聞)
【from Editor】子ども手当に学割精神を(産経新聞)
<牛丼チェーン>松屋フーズのバイトが労組結成(毎日新聞)
火山噴火 全日空、日航が一部便を欠航(毎日新聞)

公約修正を提案=「政治主導」に疑問−21世紀臨調(時事通信)

April 21 [Wed], 2010, 11:08
 「新しい日本をつくる国民会議(21世紀臨調)」は16日、政権選択時代の政治改革課題に関する提言を公表した。同日午後、鳩山由紀夫首相にも手渡す。提言は、衆院選の民主党マニフェスト(政権公約)に関し「政権を掌握して初めて明らかになる事実もある。想定外の難題も発生する」と指摘。夏の参院選に向けて「見直しが必要であれば修正すべきだ」と提案した。
 同時に「政権発足と同時に総点検に着手し、結果を踏まえて実現すべき公約を再確定し、首相自身で国民に説明すべきだった」と、公約点検作業の遅れに苦言を呈した。
 鳩山政権については「首相の指導力が国民から疑問視され始めているのは看過できない」と強調。「政治家が発言し、議論していることをもって『政治主導』とみなす雰囲気がある。政務三役が何でも抱えようとする姿は、『政治主導』とは似て非なる『政治家主導』だ」と批判している。 

<東北新幹線>八戸−新青森駅間で走行試験(毎日新聞)
「立ち上がれ…」略称「日本」、新党日本と重複?(読売新聞)
「暴行、脅迫ない」郵便不正公判で副検事証言(読売新聞)
仕分け対象の独法決定=47法人、151事業−刷新会議(時事通信)
相鉄車掌キセル、駅員5人も不正認識か(読売新聞)

<長妻厚生労働相>子ども手当の「バラマキ」批判にピリピリ(毎日新聞)

April 20 [Tue], 2010, 6:48
 母国に子どもを残す外国人にも子ども手当が支給されることへの批判に、長妻昭厚生労働相がピリピリしている。参院選を控え、目玉政策に対する予想外の世論の反応に焦りを深めているようだ。

 「100人を養子縁組した外国人への支給は年間1560万円」。2日に民放番組がそう紹介して以降、同省には「バラマキだ」との苦情が殺到し、ネット上には真偽取り交ぜた情報があふれ始めた。長妻氏は急きょ職員に命じ、「50人と縁組しても支給されない」との説明を省のホームページに公開させるなど火消しに躍起だ。

 それでも今度は、ネット上に「49人ならOK!」との書き込みが現れる始末。「50人もの子どもの面倒を見るのは無理」との常識論で「50人」を否定しただけで、人数に明快な基準はないためだ。

 11年度からの満額支給を巡っては、「全額現金」を求める長妻氏に一部閣僚が異を唱えている。波乱は続く気配で、長妻氏の気も当分休まりそうにない。【鈴木直】

【関連ニュース】
子ども手当:「全額現金支給」厚労相が見解
未成年後見人:「分析したい」長妻厚労相
B型肝炎訴訟:原告が抗議行動…厚労相面談拒否で
労政審:「意見の尊重を」 厚労相に意見書、政治主導に注文
未成年後見人:長妻厚労相「分析を」

深夜に「1Q84」発売=春樹ファンの期待に応え一部書店で(時事通信)
<石原都知事>新党の発起人に 手詰まりの都政に嫌気?(毎日新聞)
橋下新党に戦々恐々「黒船が来た」と政令市議(産経新聞)
「自作短歌を掲載」で独居高齢者の被害急増(医療介護CBニュース)
沖縄の負担、国民が分担を=普天間問題で鳩山首相(時事通信)

堺の男児虐待死、同居23歳男「発熱、泣きやまず腹を押した」(産経新聞)

April 16 [Fri], 2010, 21:19
 堺市堺区の自宅マンションで1歳6カ月の男児が意識不明の重体になり、搬送先の病院で死亡が確認された事件で、大阪府警捜査1課と堺署は15日、傷害の疑いで、母親(21)の交際相手で、同居していた無職、古田島昂志(こたじま・たかし)容疑者(23)を逮捕した。府警によると、古田島容疑者は「子供をあやしたのに泣き止まず、腹が立った」と容疑を認めている。「母親も手を出していた」とも供述しており、府警は母親からも引き続き事情を聴く。

 逮捕容疑は13日午後6時〜14日午前5時ごろ、堺市堺区中向陽町のマンションで、母親の長男の岩本隆雅(りゅうが)ちゃんの腹を力を込めて押さえつけるなど暴行。消化管に穴が開く「消化管穿孔(せんこう)」と臓器などが傷つけられて腹部に血がたまる「腹腔内出血」の傷害を負わせたとしている。

 府警によると、古田島容疑者は母親が飲食店で夜間に働いている間、隆雅ちゃんを世話していた。事件が起きた13〜14日も2人で留守番をしていたが、熱を出した隆雅ちゃんに食後のかぜ薬を飲ませようとしたところ、食べ物を吐き戻し、泣き始めた。

 あやしても泣き止まなかったため、古田島容疑者は「だんだん腹が立ち、隆雅の腹を力いっぱい両手で体重をかけながら3〜4回押し込んだ」という。しばらくすると隆雅ちゃんは泣き止み、古田島容疑者は隆雅ちゃんの吐き戻した口の周りをふいて寝たと説明しているという。

【関連記事】
近所住民「まさか…」 堺の1歳児死亡、また虐待か
1歳男児が虐待死か 堺で頭に内出血・腸管破裂の症状
6カ月長男虐待の父「ベッドから落ちた」 妻らに言い訳
母、自身のブログに「綾音はお空へ帰っていきました」
泣き叫ぶ姿「面白い」 子供で遊ぶ「ペット虐待」親たち

注目を集める布ナプキン 子宮疾患啓発から体と心見つめ直す(産経新聞)
民主執行部は体制刷新を=事実上の小沢氏辞任要求−岐阜県連(時事通信)
亀井氏、郵政法案は20日までに国会提出(産経新聞)
<村本さん死亡>遺体が帰国(毎日新聞)
<あっち向いてホイ>視床の関与を解明…北大医学部(毎日新聞)

威力業務妨害 運動場に無断でミカン植える…容疑の男逮捕(毎日新聞)

April 13 [Tue], 2010, 1:10
 宮崎県日向市の市立幸脇(さいわき)小学校(島田尚人校長、16人)の運動場に、土地の所有権を主張する男が無断でミカンの苗木を植えた問題で、県警日向署は6日、同市幸脇、無職、福田究(きわむ)容疑者(59)を威力業務妨害の疑いで逮捕した。容疑を認めているが「自分の土地だから植えた」と主張しているという。

 逮捕容疑は3月19日午後5時半ごろ〜同22日午後7時ごろにかけて、同小運動場に重機で穴を掘ってミカンの苗木130本を植え、運動場(約400平方メートル)の半分を使用不能にし、業務を妨害したとしている。福田容疑者が雇った3人の作業員についても容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 同市教委などによると、苗木は3月27日に市職員らが撤去し、はがされた芝も既に修復している。土地は1925(大正14)年に市が地主らから買収したとされるが、不動産登記に記録の一部しか残っておらず、所有権を巡って20年ほど前から福田容疑者と市側で話し合いが続いていたという。市は近く土地の所有権を明確にするため民事訴訟を起こす意向だが、一方で福田容疑者に土地の固定資産税を支払わせていたことも分かっており、市側の落ち度も指摘されている。【川上珠実】

【関連ニュース】
威力業務妨害容疑:私立中に爆破予告メール 21歳男逮捕
懲戒処分:成人式妨害の自衛官を停職 依願退職へ /長崎
佐世保市成人式妨害:「大人は責任が伴う」 告訴で市長が見解 /長崎
弘前の百貨店爆破予告:被告に有罪判決--地裁支部 /青森
京大病院爆発騒ぎ:元患者の男逮捕へ−−府警

関西プレスクラブが例会 京都吉兆社長が講演 大阪(産経新聞)
張十段 3連勝で防衛 囲碁十段戦(産経新聞)
飲酒運転 取り消し処分者の講習強化 自覚日記4週間(毎日新聞)
<平城宮跡>第1次大極殿ライトアップ 古都の夜空照らす(毎日新聞)
<児童虐待>施設の保育士や指導員 大阪 (毎日新聞)

花見シーズン「桜に取りつかれる日本人」 外電報じる (産経新聞)

April 07 [Wed], 2010, 13:11
 東京ではこの2、3日、温度が上昇し、上野公園や代々木公園などの桜の名所では、花見客が陣取って、早くも酒盛りが始まっているが、AP通信やロイター通信は花見客でごった返す様子を写真付きで配信している。

 ロイター通信は「春がきて、日本人の桜好きに拍車がかかっている」と報じて、毎年、春になると、肌寒いうちからブルーシートを敷き陣取りをして、たくさんの人々がコートを着て、酒盛りをするというおなじみの風景がいたるところでみられると伝え、「桜に取りつかれた日本人」と面白おかしく皮肉っている。

 また、中国の英字紙「チャイナデーリー」(電子版)も花見の記事を掲載し、「桜は短かい期間に咲いて、すぐに散る。これはドラマチックで、日本人の気質に合っている。私もこの期間、酒を飲んで桜を愛でるのが好きだ」との65歳の男性の話を引用して、“日本人気質”を紹介している。

【関連記事】
思わぬ春の寒波、恵みの雪にスキー場再開検討 桜の名所は困惑
京都で季節外れの雪 桜との共演を堪能
“花見商戦”異状あり 「室内型」「アレンジ型」増加?
花見シーズン到来…でも、桜の下でドンチャン騒ぎはもう古い!? 
“カクテルの街”宇都宮 春にはこんなカクテルはいかが
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<森林面積>消失率初めて減少 中国、インドで大規模植林(毎日新聞)
<受動喫煙防止条例>神奈川県で施行 民間施設でも喫煙規制(毎日新聞)
被疑者不詳で書類送検=作業員2人死亡、業過容疑−東京・赤坂のゴンドラ落下(時事通信)
医療・介護を「リーディングインダストリーに」―産業競争力部会(医療介護CBニュース)
<事後強盗>容疑でJR東車掌逮捕 花見客の財布盗む 上野(毎日新聞)

元公設秘書「パーティー収入水増しによる虚偽記入を指示」 検察側冒陳要旨(下)(産経新聞)

April 05 [Mon], 2010, 17:33
【鳩山首相元公設秘書初公判】検察側冒陳要旨(下)

 【北海道友愛政経懇話会収支報告書での虚偽記載の経緯】

 北海道友愛政経懇話会は、平成16年以降、安子さんと鳩山議員の実姉から、毎年各150万円の寄付を受けていたが、安子さんと実姉は、友愛政経懇話会などに対しても、それぞれ毎年各150万円の寄付をしており、16年分の寄付については、友愛政経懇話会及び北海道友愛政経懇話会とも収支報告書に記載していた。官報などの公表を受け、地元新聞の記者から「政党と政治資金団体以外の同一の者に対する個人献金の上限額を年間150万円と定めている政治資金規正法の趣旨に反するのではないか」などの指摘を受けた。

 そこで、勝場(啓二)被告は17年11月、鳩山議員の事務所として「このような疑念を招くことがないよう、適正な政治資金の取り扱いに取り組んでいきます」というコメントを地元新聞に出した。しかし、安子さんと実姉から受けていた各150万円の寄付を返還し、今後寄付を受けないことにすると、資金繰りが苦しくなると考え、Sに対し、寄付の返還や今後の辞退を指示しなかった。

 一方で、安子さんと実姉からの寄付を収支報告書に記載すれば、地元新聞から批判を受け、鳩山議員に政治的な悪影響がでかねないと判断し、18年から21年までの間、毎年2月下旬か3月上旬ごろ、Sに対し、同会の17年分以降の収支報告書に、各寄付を記載しないよう指示した。Sは指示を受けて、17年から20年までの間も、毎年、北海道政経懇話会が安子さんと実姉から各150万円の寄付を受けていたにもかかわらず、収支報告書に記載しなかった。

 北海道友愛政経懇話会では、寄付収入および政治資金パーティー収入だけでは支出をまかなえず、勝場被告から送金されてくる年間1億円弱の資金の中から不足分を補填(ほてん)しており、補填分については収支報告書に、友愛政経懇話会からの寄付収入として記載していた。

 しかし、それに伴い友愛政経懇話会の収支報告書に支出として記載する寄付金額が増加し、虚偽記入しなければならない額も手間も増えることから、勝場被告はできる限り同会から北海道友愛政経懇話会への寄付として記載する金額を低く抑えたいと考えた。

 勝場被告は、その分をパーティー収入水増しで対処することとして、平成19年から21年までの間、毎年2月下旬か3月上旬ごろに、Sに対し、18年ないし20年分の各収支報告書に、政治資金パーティー収入を1千万円程度水増しして、虚偽の記入をするよう指示した。

 Sは指示通り、北海道友愛政経懇話会の18年ないし20年の各収支報告書に、「特定パーティーの対価に係る収入の合計金額」を、1千万円程度水増しして虚偽記入した。

 Sは、安子さんと実姉からの各寄付を記載せず、政治資金パーティー収入の金額について虚偽記入した北海道友愛政経懇話会の収支報告書、17年から20年分を北海道選挙管理委員会に提出した。

【関連記事】
(上)「毎月1500万円を自由に使える金として…」 首相元公設秘書初公判・検察側冒陳要旨
官房長官、首相元秘書初公判で「コメントする立場にない」
鳩山首相元秘書初公判 勝場被告に禁固2年求刑 
鳩山首相秘書の初公判 政治とカネ…くすぶる火種
鳩山首相秘書の初公判 勝場被告、起訴内容認める

マニフェスト大幅修正を=税収減で「相当無理」と指摘−岡田外相(時事通信)
車内で火遊び?全焼、幼い姉妹煙吸う(読売新聞)
首都高 渋谷−新宿を直結…中央環状線が区間開通(毎日新聞)
<服飾>「日本ファッション・ウィーク」閉幕…東京(毎日新聞)
落語 桂米朝さんに玄孫弟子誕生 月亭天使さん(毎日新聞)

「どこで吸えば…」灰皿求め“漂流”する神奈川の喫煙者(産経新聞)

April 01 [Thu], 2010, 21:46
 全国初の受動喫煙防止条例施行を4月1日に控えた神奈川県では、オフィス街で屋外の灰皿設置場所を探す喫煙者の姿が目立っている。複数の飲食店チェーンが前倒しで県内全席禁煙を実施する一方、条例の対象外の職場でも禁煙化が進んだとの指摘もある。受動喫煙対策の意識の高まりを背景に喫煙場所が減り、灰皿を求めて漂流する喫煙者たちの姿を追った。(寺田理恵、黒田悠希)

 横浜市中区のオフィス街、関内地区。昼下がりのドラッグストアの人だかりは店舗前に置かれた灰皿目当ての喫煙者だ。男性会社員(36)は「会社も禁煙、昼食場所も禁煙。灰皿を見ると、ほっとして吸いたくなる」と話す。

 神奈川県では受動喫煙防止条例の施行で、官公庁や百貨店、銀行など公共性の高い施設が禁煙となる。飲食店も小規模店を除き禁煙か分煙を選択する。県内では「マクドナルド」「ロイヤルホスト」といったチェーン店が前倒しで全席禁煙とし、昼食時に喫煙できる場所は減っている。

 コンビニエンスストア、たばこ販売店…。昼時ともなれば、店先の灰皿には止まり木のように喫煙者が集まってくる。

 20代前半の女性はマクドナルドが全面禁煙となったニュースを知ってがくぜんとした。「コーヒーを飲みながら吸うのが良かったのに…。来月からどこで吸えばいいのか」とこぼす。男性会社員(49)が頼りにするのは「分煙になっている喫茶店」という。

 チェーン店の全席禁煙化が先行する一方、空間を仕切って喫煙席も設ける「分煙」は煙たがられている。県が昨年11月に実施した調査でも、条例への対応を実施済みか実施予定の飲食店のうち約66%が禁煙を選択し、設備投資が必要な分煙は約19%にとどまる。

 条例を逆手に喫煙者対象サービスを検討する業者もいる。都内の店舗設計者は「風営法対象のパチンコ店などは規制が努力義務だが、3年後の条例見直しで適用されるかもしれない。それを見越し、有料の喫煙所開設を考え始めた経営者もいる。会員制なら規制の対象外だから」と明かす。

 条例施行後も喫煙可能な店は残る。飲食店では条例への対策を「検討中」「検討していない」とした店が計約66%。小規模飲食店は規制が努力義務の上、規制対象の店も過料が科されるのは1年後のためだ。

 様子見の店も多いとみられていたが、施行間際になり、県たばこ対策室には条例に関する問い合わせや相談が殺到。厚生労働省が先月25日、公共的な施設を原則として全面禁煙とするよう求める通知を都道府県などに送ったのがきっかけだった。「通知と有名チェーンの全面禁煙が後押しし、様子見だった店も動き始めた」(県たばこ対策室)。

 屋外喫煙が目立つのは「条例の対象ではないオフィスでも禁煙が進んだのではないか」(同)との見方もある。

 禁煙スペースが着実に増える中、喫煙者の居場所は残るのか。全国初の取り組みに注目が集まる。

 【神奈川県受動喫煙防止条例】受動喫煙による健康への悪影響を防止するため、公共性の高い施設を原則禁煙とする条例。学校や病院、映画館、官公庁などを第1種施設として禁煙を、飲食店やホテルなどを第2種施設として禁煙または分煙を義務づけている。強制力のない国の通知に対し、県条例には違反した喫煙者や施設管理者に過料を科す罰則規定がある。

【関連記事】
7府県で受動喫煙防止条例検討
厚労省が「全面禁煙」通知も…「実効性に疑問」「禁煙は世界の流れ」 
マックとロイホ、全席禁煙で儲かる!?
神奈川のマック全面禁煙に
神奈川の海水浴場、禁煙条例が可決
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<シエスパ爆発>大成やユニマットの2人を起訴 東京地検(毎日新聞)
<東京スカイツリー>東京タワー抜く 高さ338メートルに(毎日新聞)
歯科医院でガス爆発、4人搬送 大阪・茨木市(産経新聞)
インスリン事件「3日続けて計3回」と供述(読売新聞)
元役員らに懲役4年=イー社未公開株詐欺−神戸地裁(時事通信)