県内移設反対で大規模集会=初の超党派開催、一丸で「ノー」−普天間問題・沖縄(時事通信)

April 30 [Fri], 2010, 2:59
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設に反対し、県外・国外移設を求める大規模な県民大会が25日午後、同県読谷村の運動広場で開かれた。移設問題をめぐる大会では初の超党派による開催で、現行移設案を条件付きで容認していた仲井真弘多知事のほか、代理を含め県内全41市町村長が出席した。
 政府はキャンプ・シュワブ(同県名護市)と鹿児島・徳之島への分散移転を検討しているが、地元が一丸となって反対を表明したことで、鳩山由紀夫首相が目指す5月末までの問題決着は、絶望的な状況がさらに強まった。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜普天間問題の背後にあるもの〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

日米非公式会談、記録残さず=岡田外相認める、自民は批判(時事通信)
テレビ朝日に銃弾? 届く=脅迫容疑で捜査−警視庁(時事通信)
家族ら弁護士に相談図る=父のカード取り上げ、借金膨らむ−逮捕の長男・5人殺傷(時事通信)
鳩山首相に「不起訴相当」議決(スポーツ報知)
舛添氏、他の5人は“発射台”?(産経新聞)