いろんな人との出会い その2

2004年07月28日(水) 22時37分
さあ、今晩はどんな話をしようかな。

じゃあとんでもない自称45歳のおばさんの話をしましょう。

まず彼女が言うところのプロフから。
主婦で、旦那はなんとエジプトに出張中。(すごい設定)
週に三回、料理教室を開いており、それ以外で会いたいとの事。

最初はいつ会えるかどうか、気持ちの確認などののらりくらりした会話。
しかし、年齢的にバイ○を使いたいのだが、いいでしょうか?などと、
ときどきこちらをくすぐる質問を浴びせかけてくる。

で、そのうち20歳のピチピチ女子大生の娘がいると告白。
いまから思うと、伏線だったんだね。この告白。

猿芝居の始まりー(大爆笑)

まずおばさんが悩み事があるから聞いて欲しいと言ってきた。
何かと聞けば、娘がなんと18歳も年上の男と付き合っていて、
今晩その男が家に挨拶にやって来るんだと。どうしたらいいでしょう?、だって。
そんなこと聞かれてもねぇ。好きなようにしたらいいじゃん。
旦那はこんなとき頼りにならないっていわれても、相談する相手が違うでしょうに。
  ↓
するとメールアドレスを至急教えてくれとの連絡が。
出会い系用アドレスを教えてみると・・・
  ↓
じゃじゃーん、娘が登場。
メールアドレスを知ったからには、あなたは逃げられないわよーー。って、登場してきた。
アホでしょうか、この娘は。
で、私たちは真剣だから、母親を説得してくれ。だってさ。
陳腐な芝居だねぇ。
で、当然のことながら無視していると、ごめんなさい。って謝ってきた。
今回あなたにお願いしたことは忘れてくれ。母親をよろしく。ってね。
  ↓
で、翌日母親からメールが届く。
その18年上の男をビンタしたんだって。(笑)
でも本人が真剣だから、認めることにしたって。

ここで猿芝居終わり。

すごい脚本でしょ。びっくりしました。
ここまで来ると、話を信用する以前の問題だと思うのですが、どうでしょうか。
ひねりすぎですよ。

あとは、旦那がエジプトから帰ってきました。で終わりです。

おもしろい話で退屈しないやり取りでした。
  • URL:https://yaplog.jp/iroirojinsei/archive/4
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2004年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:iroirojinsei
読者になる
Yapme!一覧
読者になる