トウネンだけど鳴海

April 12 [Thu], 2018, 12:07
どうにも入れ歯がしっくりこない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも選択肢としてインプラント治療があります。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつけるため、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。
義歯でも、見た目や使用感を重視する方には最適です。
「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
まず、差し歯というのは、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、差し歯は利用しようがないということです。
対して、インプラントは差し歯と異なり、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。
自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。
ご存じの通り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。
確定申告の一項目として、医療費控除は税金の還付を申告します。
確定申告をするときの注意点として歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が必ず要求されるのでなくしたら再発行はできないと考え、保管しておくことをすすめます。
検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。
保険がきかない理由ははっきりしています。
この人工歯治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。
インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、時間に見合った医療費がかかります。
全面的に保険がきくことにしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。
年々進化を続けるインプラントの技術。
近頃では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。
義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。
これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに原因があると言ってよいでしょう。
なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。
いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすれば海外に渡ってでも治療を受けるということも考えていきましょう。
インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界中の歯科医が研修を受けています。
長期間快適に使える歯を手に入れるため、可能性を追求して、できる限りの情報を手に入れることに努めましょう。
虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくなってしまいました。
このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、このような場合、インプラントにもできますと説明され最終的にインプラントを選びました。
自費診療なので、かなりの額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
インプラントで噛むようになり、しばらくして自分の歯と同じように噛めたのでインプラントが正解だったと思います。
現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用を払いきれるかどうか心配になる方もまだまだ多いのです。
そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローン商品を使える歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。
費用全てを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療の開始はあきらめなくて良くなりました。
歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根が自分のものであるかどうかです。
差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部を支えとして残すことができれば上からすっぽりとクラウン治療が可能になります。
抜歯した場合の選択は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。
手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。
手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどです。
ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、異変を感じた場合は速やかに歯科医の診断を受けることを忘れないでください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:美咲
読者になる
2018年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる